純ちゃんの応援歌第47話のネタバレあらすじ!小野雄太

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」8週目第47話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第46話「一芝居」では、一芝居うって、北川を追ってから逃すストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第47話「小野雄太」では、養子の申請は無事にとおり、雄太は「小野雄太」となったストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月25日(金)放送
第8週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第47話のネタバレあらすじ

ここからは、11月25日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第47話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

雄太を養子にするための裁判所の審査日がやってきた。
前日、清原に養子ととる事の覚悟を問い詰められたが、あきに迷いはなかった。
雑賀の付き添いのもと、雄太を連れて小野あき(伊藤榮子)は裁判所に向かう。
興園寺では、北川を連れて一緒に村を出たままの興園寺正太夫(笑福亭鶴瓶)から電話がかかる。
北川と共に無事であり名古屋にいると聞き、興園寺つや(白川由美)は胸をなでおろす。
夜になって、裁判所からあきと雄太が帰ってきた。
養子の申請は無事にとおり、雄太は「小野雄太」となった。
喜ぶ純子たちにあきは、雄太が家族になったこの機会に大阪に行こうと告げる。
母の心境の変化に驚く小野純子(山口智子)だったが、家族みなが賛成する。

 

ここまでが、11月25日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第47話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第48話のあらすじを知りたい方は、第48話『美山村に別れ』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第47話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第47話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

風のフェティッシュ。今日は本当の意味での初出勤です、モモン。

まずは自己紹介から始まりましたね。

内田さんは相変わらずのオタクキャラというか、風フェチというポジションですね。

なぜ「フェチ」という言葉をつけるだけでエロくなるのかわかりませんが、紙飛行機を大量に飛ばしっぱなしにして管理人さんに怒られたからではないでしょうか。飛ばしてしまったものは、きちんと回収しないといけません。と言われてしまいましたが、それはそれでいいと思います。菅波先生とクレジットされていれば、きっと明日も会えるはず!?いや、ここで宣言しちゃいます。

私の場合は、このようにして、自分の好きなように行動することができます。

街に出れば二人がぶつかり合うのは当たり前のことですからね。それに対して、私はなかなか返事ができませんでした。りょーちんが私のものだと出てきたら、ドキッとしましたが、そうは出てきませんでした。

また、ここで気象関係の仕事を探していることを伝えると、すぐに「そんなものはない」と返ってきた。モモンはみーちゃんの許可を得ようとしていますが、みーちゃんは内心、りょうちんのことでモモンに連れ去られるのではないかと思っているのではないでしょうか。東京の次の日、モモンはもう東京に戻っていました。

気仙沼に来てから半日も経っていないような気がしますが、寒波先生はどれだけ待っていたのでしょうか。念のために言っておくと、今日は桃音の誕生日ですよね。

まさか宮田さんがホルンを吹いている時にプロポーズはしないでしょうけどね。

3000円って結構な出費ですよね。

社会人になったばかりのモネにとってはかなり大きな出費ですが、お金を使わないと本気になれませんからね。

また、レジ袋が無料の時代でしたが、もし有料だったら、彼女はレジ袋をバッグに入れていたかもしれませんね。今日は初めてのロングバージョンだと思いますが、いかがですか?オープニングのロングバージョン!?まだ1番の歌詞も覚えていないのに、2番の歌詞が出てきて、ちょっと戸惑いました。

一般常識編の方がわかりやすいかなと思って買ったのですが、一般常識編ということは、もう1冊本があるということでした。

しかもその資格は、一般常識と書かれていて、一般常識ではないのです。

何を基準にしていいのかわからない。つまり、今までお金をもらわずに住み込みで働いていたということです。

これは、今までお金を受け取らずに住み込みで働いていたことを意味しています。そして、最初の給料をもらった日に、食費と家賃をいくら払えばいいのか?まず、最初の給料をもらった日に、食費と家賃をいくらにするかを決めなければなりません。そのためには、まず最初に、食費と家賃をいくらにするかを決めなければなりません。

父親がスクーターで通り過ぎるのを隠れて見ていましたが、この時期のお坊さんはとても忙しく、息子のことを心配している暇はないような気がします。

こういったものにはお金がかかるものだと思いますが、彼女の給料はいくらだったのでしょうか?と思っていたのですが、これは私だけではなかったようです。かっこいい言葉なんだけど、満男さんが言うと笑ってしまうのはご愛嬌。

それは、私がそうだったからです。

高校の学費は親が出してくれましたが、私は学校で遊んでばかりいました。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

人食い人種のコウジは、三成のためにバーベキューを企画した。

そして、おばあさんに忘れないようにと牡蠣を差し出したのですが、おばあさんは「それって共食いじゃない?おばあちゃんは牡蠣の生まれ変わりだから、その牡蠣を食べたらカニバリズムだと思うのは私だけでしょうか……」。こんなバカなことを考えていたら、SNSで同じことをつぶやいている人がいました。

私は「あの牡蠣を食べたら共食いになるんじゃないか?

なんで昨日のシーンを流すんだろう」と思いました。一人暮らしではなく、下宿をするというのは朝ドラではよくある話ですが、個人的には下宿で展開される人間ドラマが好きですね 昨日の感想に書き忘れたのですが、下宿には何も持っていかずにお世話になりました。

でも、昨日の感想文に、下宿に何も持っていかなかったことを書き忘れていました。

マリアンナは、朝岡が用意した原稿を読みたくないと主張し始めた。

プライドの高いお嬢さんのようだが、性格が悪いわけではなさそうである。

ドラマに気の強い女性が登場すると、性格が悪いと言われることが多いが、今回の朝ドラ「お帰りなさいませモネ」の特徴は、そのようなキャラクターが全くいないことである。

猿渡のようなチャラ男キャラが初めて出てきたのは新鮮でしたが、個人的には朝ドラ「お蝶庵」のような父親が出てくる方が好きですね。

 

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第8週目第47話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。