純ちゃんの応援歌第53話のネタバレあらすじ!寺内商店のピンチ再び

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」9週目第53話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第52話「北川の逮捕」では、北川の機転で救われた寺内商店だが、北川は逮捕されてしまうストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第53話「寺内商店のピンチ再び」では、ぬひと揉めた卸問屋の中根商店に、純子が頭を下げに行くストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月2日(金)放送
第9週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第53話のネタバレあらすじ

ここからは、12月2日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第53話のあらすじをまとめたネタバレです。

北川のおかげで寺内商店は守られたが、北川と相手のボス・神永は逮捕されてしまう。
面会に訪れた純子に、いずれ捕まる身であったし、これですっきりしたと話すジョージ北川(細川俊之)
だが、今度は卸問屋の社長・中根がやって来て、寺内商店に商品を卸さないと言う。
中根にとって大切な取引先だった神永が逮捕されたことに怒り心頭なのだ。
寺内ぬひ(西岡慶子)も腹を立て、他の卸問屋に頼むが、中根商店が手を回し商売ができない。
小野純子(山口智子)は、頑固はぬひに代わって中根に頭を下げに行くが、断られる。
だが、中根の息子が、純子は正太夫の婚約者だと言い出し、取引再開となる。
この息子は芝居をしており、ひょんなことで最近京都撮影所に出入りする正太夫と知り合った。
そして、撮影の最中に起きた事故で、正太夫に助けられたのだという。
中根は、息子の命を救ってくれた正太夫の婚約者である純子にも感謝する。
しかし純子は、正太夫の婚約者だというのは間違いだと告げる。
中根は、純子の正直さを気に入り、取引を再開すると言った。

 

ここまでが、12月2日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第53話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第54話のあらすじを知りたい方は、第54話『父の四十九日』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第53話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第53話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週目第53話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。