純ちゃんの応援歌第75話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」13週目第75話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月28日(水)放送
第13週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第75話のネタバレあらすじ

ここからは、12月28日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第75話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌75話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、12月28日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第75話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第76話のあらすじを知りたい方は、第76話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第75話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第75話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

次の機会に! 次だ!早くないですか?個人的には、次のエピソードが起こらなくてイライラしているモネの姿を期待していたのですが、あまりにも早く次のエピソードが起こってしまったのでがっかりしました。しかし、講演の内容は義務教育レベルの内容でしたよね。

しかし、話の内容は義務教育のレベルです。その程度のこともわからないようでは、高校入試に失敗しても仕方がない……。でも、菅沼さんは主張もしっかりしている。大きな乾燥室を見て、火葬場の釜だと思ったのは私だけでしょうか。でも、水分を取らないと割れてしまうなんて聞いたことがありません。

水分を取らないと火葬場の釜になるというのは聞いたことがありません。10日から2週間、木材を乾燥させるのは大変な作業です。林業だけでなく、農業もそうですが、自然相手の仕事は大変だなとつくづく思いました。

いよいよ、試作品の製作に入りました。

あっという間に完成しました。みんなで喜んでいると、熊が「重くない?」と言ってきました。私もそう思いました。見た瞬間、子供たちが持てるかなと思ったら、案の定持てました。

私は製品を作ることに集中し、エンドユーザーのことを考えていませんでした。エンドユーザーのことを考えて商品を開発するのは常識ですよね。

そして、納期についても言われました。

それは、入札の前にあらかじめわかっていることではないでしょうか。もし、納期を知らされずに落札していたらどうなっていただろう。

森林組合の人たちって、ちょっと天然すぎませんか?誕生日プレゼント、サプライズですね。感動しました。

そんなことをされると、どうしてもドキドキしてしまいます。久しぶりに振り返らない1日を過ごしました! 1週間か2週間ぶりですね。今日は出演者がかなり多く、盛りだくさんだったからだと思いますが、内容が詰まっている方が盛り上がりますよね。

私は、この番組を見たことがありませんが、この番組を見たことがあります。

このように、私の場合は、自分の中では、「自分のことは自分でやる」と思っています。

それでも無事に乗り切れた感があり、おじいちゃんはモネに感謝していた。

また、コウジはシンジにボートを動かすのを手伝ってほしいと言っていたが、シンジがいなくてもできたのではないかと、少し戸惑った。

台風が来ることはわかっていたので、真司がいなくてもみんなで計画を立ててやっていくことができたのかなと思いました。

DJやまちゃんで一日が始まりました。やまちゃんが本領を発揮する時ですが、まさにその通りですね。百音とは違い、楽しそうにラジオに出演していました。きっとこれは「村八分」ではないのだろう。

私だけではなく、他の子供たちもそうだと思いますが。

言葉を噛み砕きながらも、「子役として頑張れ!」と励ましていました。しかし、子どもたちの演技を見て、朝ドラ「お蝶庵」で千代役を演じた厚野舞多さんの演技はすごいと思いました。

やはり、子役といえども、選ばれた役者の演技はまったく違う。

百人一首の子役が悪いわけではありませんが、やはり才能のある人が選ばれる世界なのだと改めて実感しました。

まあ、中にはあえてふりがなを振らず、スラスラと演技をする子役もいましたが、それはそれで子供らしい演技でした。

むしろ、子供たち全員が同じ状況に陥っていることが不自然だったと思います。日曜日の雨の日はお祭りの日で、雲行きが少しおかしくなってきました。

昨日は晴れていたはずなのに、急に雨の予報になってしまった。

予報が真逆になることってあるの?Momoneは地元の人ですが、周りの人からはよそ者扱いされています。

彼女は地元の人ですが、周りの人からはアウトサイダー扱いされています。周りの人たちは、外部の人間がかき回してはいけないと思っているのでしょうが、やはり彼女はすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎるのでは? 百音は懲りずに今日も営業に出た。

水産業界で天気予報を活用したいという彼は、信念を持って一言こう言った。「あのね、悪いことばかり予測する人は嫌いなの。

アプローチが逆なのだ。

基本的に人はポジティブな提案でないと受け入れてくれないので、回避だけでなく魚が釣れるような天気予報でないとポジティブな提案はしにくい。

以前、会社のリスクマネジメントの講座に行ったことがありますが、海外ではテロも含めて企業が対策を考えていて、それにはかなりのお金がかかります。

予算を抑えるのは簡単ではありませんが、百音という一人の人間がそれを乗り越えるにはどうすればいいのでしょうか。

DJ Mitsuo:今日は久しぶりにDJ Mitsuoさんに来ていただきました。久しぶりにラジオに登場したDJ Mitsuoさん!

モネのカレシツアーの提案は、まったくうまくいかず、i

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週目第75話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。