純ちゃんの応援歌第76話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」13週目第76話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月4日(水)放送
第13週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第76話のネタバレあらすじ

ここからは、1月4日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第76話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌76話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月4日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第76話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第77話のあらすじを知りたい方は、第77話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第76話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第76話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

今日は、DJ山ちゃんからスタートです やまちゃんが本領を発揮する時ですが、まさにその通りです。百音と違って、楽しそうにラジオをしていました。きっとこれは「村八分」ではないのだろう。

私だけではなく、子供たちもそうなのかなと思います。

言葉を噛んだりしていましたが、「子役として頑張れ!」と励ましました。しかし、子どもたちの演技を見て、朝ドラ「お蝶庵」で千代役を演じた厚野舞多さんの演技はすごいと思いました。

やはり、子役といえども、選ばれた役者の演技はまったく違う。

百人一首の子役が悪いわけではありませんが、やはり才能のある人が選ばれる世界なのだと改めて実感しました。

まあ、中にはあえてふりがなを振らず、スラスラと演技をする子役もいましたが、それはそれで子供らしい演技でした。

むしろ、子供たち全員が同じ状況に陥っていることが不自然だったと思います。日曜日の雨の日はお祭りの日で、雲行きが少しおかしくなってきました。

昨日は晴れていたはずなのに、急に雨の予報になってしまった。

予報が真逆になることってあるの?Momoneは地元の人ですが、周りの人からはよそ者扱いされています。

彼女は地元の人ですが、周りの人からはアウトサイダー扱いされています。周りの人たちは、外部の人間がかき回してはいけないと思っているのでしょうが、やはり彼女はすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎるのでは?

まず最初に行ったのは自己紹介。

内田さんは相変わらずのオタクキャラ、というか風フェチというポジションです。

なぜ「フェチ」という言葉をつけるだけでエロくなるのかわかりませんが、紙飛行機を大量に飛ばしっぱなしにして管理人さんに怒られたからでしょうか。飛ばしてしまったものは、きちんと回収しないといけません。と言われてしまいましたが、それはそれでいいと思います。菅波先生とクレジットされていれば、きっと明日も会えるはず!?いや、ここで宣言しちゃいます。

と、いうのも、私の場合は、雨が降っているときには、雨が降っていないときに比べて 桃音がいた場所と翔陽がいた場所では、雨の量が全然違う。それって現実的?リアルなのか?それともセットで水位を間違えたのか?場所によって天気が変わるようで、少し離れた場所でも違うのかどうかわかりません。

役に立つ話が多いのですが、どこまでがリアルなのか、ちょっとわかりませんね。木の下は危険!?リアルな話が多いのですが、どこまでがリアルなのか、ちょっと困ってしまいます。さやかちゃんの危機管理能力がハンパない!(笑)。何もしないのがお姫様のイメージだとは思いますが、彼女の危機対応能力はとても高いです。

救急車を手配してくれたり、学校や親御さんに連絡してくれたり。

皆が無事であることを喜んでくれると思います。アバンなしここ数日、アバンがほとんどない状態で始まりました。

それだけ、情報が多いということでしょうか。基本的にアバンがないのは、深刻な状況や大気が重いときによく見られる光景ですが、今日はまた災害の話なので、そのせいでアバンがないのかもしれません。

リードタイム久しぶりにリードタイムを見ました。

これは朝岡さんが登米に来たときに話していた言葉ですが、今回のポイントはこの時間を使ってどうコミュニケーションをとるかということでした。

確かに台風の日は、本当に雨が降るのではないかと感じることが多いですね。

朝出るときには、寝ている間に何事もなかったかのように通り過ぎてしまうほどの大雨が降ることもありますから、大雨で動けなくなると言われても、そう簡単には避難しようとは思わないものです。

特に私の住んでいる地域では、洪水の心配はほとんどないので、「本人が気をつけていれば大丈夫」と思って、家にいることが多いですね。

人によって危険の感じ方が違うので、ニュースをどのように伝えればいいのか、本当に難しいと思います。

連続!?今日はアバンなしでスタートしました。

アバンが続かない~ 内容が多いからでしょうか?それとももうすぐ最終回だからでしょうか?朝市の時からハラハラドキドキしています! 内容が多いからなのか、最終回が近いからなのか、よくわかりません。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも心が痛みます。

毎年このような映像を見ているような気がしますが、異常気象の話題ばかりで、それが当たり前のようになってしまっています。

しかし、備えをしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、オリンピックと今来ている台風との関連性が強い。

放送された時期もあって

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週目第76話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。