純ちゃんの応援歌第71話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」12週目第71話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月23日(金)放送
第12週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第71話のネタバレあらすじ

ここからは、12月23日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第71話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌71話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

ここまでが、12月23日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第71話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第72話のあらすじを知りたい方は、第72話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第71話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第71話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

先週、田中さんがモモンの話を聞いたときには「えっ? と思いましたが、今日はもうお知り合いになっていました 朝ドラ「おかえりモネ」では、こんなシーンがたくさんあります。

シーンを飛ばして先に進むタイプのドラマのようですが、最初の出会いがどうだったのか知りたかった。

そして、そのシーンがカットされた後に、盗撮!?あんなに露骨に撮るのはおかしいですよ。と思っていたのですが、その理由がわかりました。

私はこれを見て、何を考えているのかわからなくなりました。

まあ、20歳にもなっていない小娘に言われても、「山のことは山の人に任せろ!」と思っているのかもしれない。でも、彼女も「山のことは山の人に任せておけ!」と思っているのでしょう。

ちょっと大げさかもしれませんが、モネさんなりに従業員の安全を気遣っての行動であり、熊もそれを理解してくれたようです。

まあ、あのお菓子攻撃は大阪のおばちゃんの専売特許ですが、資格を持っているのは自慢ですね その後、みんなが自分の資格をアピールしていましたが、その中に天気に関係するものはありましたか?今の流れだと、久間さんが気象予報士の資格を持っていたら音沙汰なしだったけど、出てきた資格は全部山関係。

決して悪いことではないのですが、なぜ資格ばかりをアピールしているのかと思ったら、気象予報士の資格を取る人の流れを作るためだったんですね。ちょっと強引だなと思いましたが、最後には理解できました。結局、最後に理解したのですが、まさか朝ドラ「あまちゃん」につながっているとは思いませんでした。

起きてすぐに海に行ったのですが、朝ごはんは食べずにそのまま帰ってきました。

ところで、私たちは服を着たままでしたか?確認しておけばよかった・・・。牡蠣の養殖の講義牡蠣の養殖の講義は、今日初めて詳しく説明しました。

温水で処理するには手間がかかるようで、赤ちゃんを買ってきて養殖しているとのことでした~ おばあちゃんが食べるような美味しい牡蠣ができるとのことでした。今日は牡蠣(おばあちゃん)による牡蠣養殖のレクチャーでしたw自宅の実験室 今週はみっちゃんの自由研究のお話のようですが、自宅の実験室はとても本格的でした。

設備には相当なお金がかかっているはず。家はボロボロだけど、浩二さんは銀行員だから給料はいいのかな?今日、スクリーン越しにキャストの中に浅岡の名前を見たとき、「また来てくれるかな?と思っていたら、画面に現れたのは浅岡さんでした!「また来るのかな?最後に電話をかけるのかなと思ったのですが、今日は登場しませんでしたね。見どころでしたね。菅波先生の立場が完全に逆転しましたね。

今回、菅波先生が鯖を読み始めたのですが、やはりこの二人は相性がいいのでしょうね。

そして、外野は相変わらず盗み見をしています。

松陽さんは盗撮までしていますが、これは犯罪ですよね?録音はまずい。

一線を越えてますよねー。クリスマスなのに、やることないの?

真面目にやってるんだろうけど、プレゼントのセンスが絶望的すぎて萎えるわー。しかも、1日3分という課題付きで! さすがに頭のネジが1本緩んでいるモネも驚くだろうと思っていましたが、やっぱり似た者同士なんですね。

成人式の翌日は試験の日なので、モネは参加しません。

コウジが着て欲しいと言っていたような気がしたが、あまり興味のない人にはそういうものなのだろう。

特別な日だからといって、結婚式のように高額すぎる!?自分の振袖を買おうとすると、高すぎて手が出ないのです ミチは顕微鏡が欲しいと言っていたので、それをプレゼントしたいと思っていました。

モネは時計から帰ってきて勉強に励んでいる。

その隣では幼なじみがゲームをしている。

これって無理じゃないですか?私がちゃんと勉強しているかどうか、見張りに来ているのなら、静かにしてください そう言っているのだ。

しかも、三成は金髪で卒業しているのに、誰もそのことに触れていない。青海が東京に行ったり、綾子が不倫したりする話をするシーンなのはわかりますが、合格させるのであれば、本気度を見せるべきだったと思います。と思ってしまいます。

先日気づいたのですが、能楽堂は住宅街にありました。

山の中にあると思っていたのですが、ちょっとした偏見だったことに気づきました。

陰陽道の能楽は、陰陽道と深いつながりがあることがわかったのです! 沙也加さんが陰陽師だったとは知りませんでした。”舞う “ということは、能では陰陽を整えること。

気象予報士の方はどうなのかな。

まさに、雨が降って地面が固まることを意味しています 旗?すっかり忘れていましたが、最初の頃に毎日唱えていた家訓のようなものが今ここに登場しています。!!!!最初から旗だったのか?

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第12週目第71話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。