純ちゃんの応援歌第25週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週(121話~125話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月27日(月)~4月1日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第25週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第25週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第25週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第25週『』一覧
放送回放送日
第145話「」3月25日(土)
第146話「」3月27日(月)
第147話「」3月28日(火)
第148話「」3月29日(水)
第149話「」3月30日(木)
第150話「」3月31日(金)

純子の心を開いたのは、清原(浜村純)の言葉であった。

「本当のあなたは月のような女性だ。太陽のように自分で輝くんでなく、他からの光で輝くような……」
純子の迷いは解けた。

秀平のことも、旅館の仕事も、世話好きな性分がもとなのである。

それが楽しいからやってきたのだ。

太陽でなく月のように。
それが自分の人生なのだ…。

雄太(唐沢寿明)と幼なじみの小百合(野崎佳積)の結婚が決まった。

雄太は今や工業高校の野球部の監督である。

甲子園大会ではいつも予選で負けるチームだが、亡き陽一郎の夢をかなえようと一生懸命である。

二人の結婚を祝って、美山村の少年野球チームの面々が集まった。
懐かしいあの顔、この顔……かつて少年だった大人たちが、青空の下、白いボールを追っている。
「ナイス・ゲーム」
純子は、父の口癖を思わず大きな声で叫んでいた。
そして澄み渡った空にひそかに誓っていた。
明日も、あさっても「ナイス・ゲーム」と大きな声で言えるいい日にしよう、と。

ここまでが、3月27日~4月1日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第1週のあらすじを知りたい方は、第1週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌25週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。