純ちゃんの応援歌第149話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」25週目第149話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月30日(木)放送
第25週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第149話のネタバレあらすじ

ここからは、3月30日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第149話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌149話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月30日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第149話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第150話のあらすじを知りたい方は、第150話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第149話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第149話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

どんな田舎なんだ?浩二は家に帰ることにしたが、そこにはタクシーも通らないし、バスもない?都会でもそんなところは通らないと思うが、登米にはタクシーがあるじゃないか。おそらく、登米の一定数の人たちは「バカにしないで!」と思ったのではないでしょうか。きっと登米の人たちの中には、「バカにしないで!」と思っている人もいるだろう。このようなことは初めてのことです。

それは、「バカにしないでよ!」と思っている人もいるでしょう。押すなよ!」と同じ理論ですね。

教えないで=教えて!」ということです。田中さんとももんさんがいつ出会うのか、楽しみですね。お二人が有名人の話をしているときに、さやかさんの名前が出てきましたが、田中さんも「お姫様」と言っていました。

地主さんってそんなに有名なのかなぁ?私の家の近くには地主さんらしき大きなお屋敷があるのですが、誰なのかはわかりません。田舎のイメージって、村八分にされそうという偏見がありますが、それだけ近所付き合いが盛んなのかもしれませんね。

また、彼はすぐに戻ってきましたが、彼が出してくれたコーヒーは飲みましたか?見ていると全く手をつけていないように見えました。

木が多いと光が足りなくなると言っていましたが、最初から木を植えればいいのではないでしょうか?と思ったのですが、木を選んでいるのでしょうか?また、木を植えることで土砂災害を防ぐことができるというのは、子供たちにも聞かせたいことなので、録画しておこうと改めて思いました。

フラッグ何か悪いことが起こりそうだから!!!! モモンが少年に言った「お前は信用できない」という言葉は、まさに何かのフラグ!?と思って見ていたら、みんなとはぐれてしまうという典型的なパターンになっていました。

明日の放送はヤバそうですね。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰かが死んだんだと思うんですよ。

涼ちんがいなくなったことをちゃんとみーちゃんに伝えていて、モネはお姉ちゃんなんだなと思ったシーンでした。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのこともあってのこと。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちはわかるが、息子の良純が頑張っているのに、良純のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちはわからないでもないけど、親の役割は子供のために生きること。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をすると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではありません。

みんな仲良く明るい雰囲気だったのに、モモネが来ると重苦しい雰囲気になってしまった。

何もしていないのに、「何かしなければ!」という気持ちに縛られすぎている、と。彼女の感情や行動が少し勝手なものに見えてしまったのは残念だと思います。なぜ髪を切ったのか!?そして、もうひとつ。もうひとつ気になったのは、三成の断髪式です。

お寺を継ぐのはいいのですが、断髪式でのそれぞれの気持ちがよくわからず、ただの断髪式の話になってしまいました。

父親が感動的な話をしていないように感じ、父親が何をしようとしているのかあまり見えてこなかった。

モネは、合格率5%の気象予報士試験を受けることを告白します。

さやかの体の柔らかさには驚きましたが、気象予報士の合格率5%はさすがに国家資格ですね。

そういえば、同じく気象予報士の資格を持つ石原良純さんも、何度も試験に落ちたと言っていたことがありました。

今はドラゴン桜が出ているので、試験には気合が入っています。田中さんは今も盗撮をしています。

倒れてどうなったのかと心配していましたが、お元気そうで何よりです。

彼の強引さが健在なのが嬉しいですね。その時、田中さんは私を自分の店に招待してくれた。

 

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週目第149話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。