純ちゃんの応援歌第43話のネタバレあらすじ!保護

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」8週目第43話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第42話「大阪」では、雄太が金太郎に二人で大阪へ遊びに行くことを持ちかけるストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第43話「保護」では、雄太と金太郎が和歌山から大阪に行く途中に保護されるストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月21日(月)放送
第8週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第43話のネタバレあらすじ

ここからは、11月21日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第43話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ある朝、雄太と金太郎が朝から登校せず、行方がわからなくなる。
心配するなか、夜になって警官に連れられ、二人は帰って来た。
和歌山から大阪に行く途中に保護されたという。
雄太は、自分の存在が小野家の負担になることが嫌だと明かす。
そこで、金太郎を利用し、大阪か長野の親戚の所へ行こうとしていた。
皆が優しくすればすればするほど、疎外感を感じ傷ついていた雄太。
小野あき(伊藤榮子)もまた、先行きが不安定ななか雄太を養子にする覚悟が揺らいでいた。
そんなあきにも、言いたいことを言わず出ていこうとした雄太にも怒りをぶつける小野純子(山口智子)
皆がみんなのために少しづつ無理をしているのだと訴える。
本音を言い合い、それでも小野家が好きだと言った雄太をあきは傍に呼び寄せる。
一人の少年が家族になる難しさを感じながらも、前に進もうとしている小野家だった。

 

ここまでが、11月21日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第43話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第44話のあらすじを知りたい方は、第44話『宝塚を諦める』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第43話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第43話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

連続!?今日はアバンチュールなしでスタート。

解禁が続いていますね~ コンテンツが多いからでしょうか?それとも、最終回が近いからでしょうか?朝市の時からハラハラドキドキしてますよ~。コンテンツが多いからなのか、最終回が近いからなのか、よくわかりません。今回の台風はものすごい勢いで上陸しましたが、災害の映像を見るといつも心が痛みます。

毎年このような映像を見ているような気がしますが、異常気象の話題ばかりで、それが当たり前のようになってしまっています。

しかし、備えをしておかないと、いつ自分の身に降りかかるかわからないのです。

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、オリンピックと今来ている台風との関連性が非常に高い。

台風シーズンでもありますし、天気予報の見方もずいぶん変わった気がします。

振り返りショートニング今日は20秒ほど振り返りの時間があります。

昨日は触れませんでしたが、社長の利益に対する真剣さは、経営者として当然のことだと思っていましたが、浅岡も経営者だったとは知りませんでした。今後、社長とのバトルシーンがあるのではないかと思っていましたが、浅岡が辞めるとなると、ちょっと予想がつかない展開になりそうですね。

マリアンナは野心の塊のような人で、今日も自分の野心をストレートに表現しています。

その前向きな姿勢は嫌いではありませんし、すぐに高村さんに相談して、新キャスターになることを約束させようとしたことはとても印象的でした。

高村さんと浅岡さんは飲み友達でもないし、大人の関係でもなかったと思うんです。それが当たり前になっているので、もし結婚することになったら、さらに面白くなりそうですね。

情報の細分化私たちは情報化社会に生きています。

SNSで検索すれば地元の様子がわかるので、浅岡さんのおっしゃるとおりですが、だからこそ、全国に気象台やテレビ局があるのだと思います。

だからこそ、全国に気象台やテレビ局があるのだと思います。

あっという間に仕事始めの日が終わってしまいました。しかも今回は、見送りもせずに一気に登米に戻ってきてしまった。

実家ではもう少し話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間に過ぎたお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もありました。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されたシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

百音の奇跡は試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく合格しなかったのでしょうね。

もし彼女が合格していたら、「気象予報士の試験を甘く見すぎている」というクレームが来ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、正しいキャンセル料を払っていることになるよね。森林組合の人たちは困った顔をしていたので、キャンセル料はもらっていないと思いますが、一方的にキャンセルするのであれば、それなりに払うべきです。

酎ハイああ、シンジ君はずいぶん飲んだようですね。

ストロングタイプの酎ハイ500mlを何本空けたんですか?

奥さんが亡くなって悲しいのはわかりますが、息子さんが頑張っているのに、そこまで必死になるのはどうかと思います。

余談ですが、この時点では南さんが生きていることを直接示すものはありません。

それでも、物語の雰囲気としては亡くなっているので、彼女の悲しみが痛いほど伝わってきます。

この後、「話し相手がいない」といった言葉が出てきましたが、「死んだ」という明確なキーワードはなかったので、推測するしかないのでしょう。

土木技術者としてどうやって生計を立てているのか気になっていましたが、ちゃんと仕事をしていたようですね。

土木作業員として働きながら、少しずつ借金を返しているのは立派ですが、なんとか立ち直ってほしいと思います。

自分のためではなく、息子さんのためにも立ち直ってほしいです。

俺が歌ってやるよ!」。そこに登場したのが、りょうちんだった。

歌を歌おう!」。止めようとした浩二が勢いよく突き飛ばされたのには少し笑ってしまったが、父と子の傷はまだ癒えていないようだった。

でも、一生治らないと言っているお父さんはどうなんだろう?

1日8時間以上の勉強は、この日は絶対に勉強していませんよね。

むしろ、実家に帰ってきてからは、ほとんど勉強していないくらいですからね 明日は受験に向けて頑張ってくれることを期待して、今日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想を終わりにしたいと思います。これは、最初のタイ

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第8週目第43話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。