純ちゃんの応援歌第44話のネタバレあらすじ!宝塚を諦める

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」8週目第44話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

純ちゃんの応援歌の第43話「保護」では、雄太と金太郎が和歌山から大阪に行く途中に保護されるストーリーでした。

純ちゃんの応援歌の第44話「宝塚を諦める」では、恭子が突然宝塚を諦めると言い出し、純子が驚くストーリーとなっています。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月22日(火)放送
第8週

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第44話のネタバレあらすじ

ここからは、11月22日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第44話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

父が亡き後、小野家では今後の生活をどうするか純子と小野あき(伊藤榮子)は話していた。
一家で移り住むはずだった大阪に行くか、美山村に残るかを悩むふたり。
このまま村に残れば食べてはいけるが、恭子の宝塚への進学は難しい。
何の保障もない大阪での生活に反対するあき。
だが小野純子(山口智子)は、恭子のためにも大阪に出るべきだと言う。
この話を恭子は聞いてしまう。
恭子が突然宝塚を諦めると言い出し、驚く純子。
家が苦しいなか、自分だけが好きなことをやるわけにはいかないと言う。
純子は、どんなことをしても恭子を宝塚にやりたいと訴える。
だがその気持ちが、よりいっそう重荷になり、恭子は反発する。
そんな恭子に、雄太までもが、進学しないならまた家出すると言い出す。
どうしていいのか思い悩む純子は、アメリカの秀平に手紙を書く。
いちばん話を聞いてほしい相手は、あまりにも遠い場所にいるのだった。

 

 

ここまでが、11月22日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第44話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第45話のあらすじを知りたい方は、第45話『北川隠れる』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第44話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第44話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

次の機会に! 次だ!早くないですか?個人的には、次のエピソードが起こらなくてイライラしているモネの姿を期待していたのですが、あまりにも早く次のエピソードが起こってしまったのでがっかりしました。しかし、講演の内容は義務教育レベルの内容でしたよね。

しかし、話の内容は義務教育のレベルです。その程度のこともわからないようでは、高校入試に失敗しても仕方がない……。でも、菅沼さんは主張もしっかりしている。大きな乾燥室を見て、火葬場の釜だと思ったのは私だけでしょうか。でも、水分を取らないと割れてしまうなんて聞いたことがありません。

木の水分を取らないと火葬場の釜になるというのは聞いたことがありません。10日から2週間、木材を乾燥させるのは大変な作業です。林業だけでなく、農業もそうですが、自然相手の仕事は大変だなとつくづく思いました。

いよいよ、試作品の製作に入りました。

あっという間に完成しました。みんなで喜んでいると、熊が「重くない?」と言ってきました。私もそう思いました。見た瞬間、子供たちが持てるかなと思ったら、案の定持てました。

私は製品を作ることに集中し、エンドユーザーのことを考えていませんでした。エンドユーザーのことを考えて商品を開発するのは常識ですよね。

そして、納期についても言われました。

それは、入札の前にあらかじめ知っておくべきことではないでしょうか。もし、納期を知らされずに落札していたらどうなっていただろう。

森林組合の人たちは、ちょっと天然すぎるのではないか?誕生日プレゼント、サプライズですね。感動しました。

今日の朝ドラ「おかえりモネ」第86話では、朝ドラ史上初の礼賛期に突入しましたね 東京に来てから3年半が経ちました! あっという間の東京物語でしたよね。

アバンの3年半の振り返りには感慨深いものがありましたが、レイワ時代に突入した瞬間に立ち会えたことを誇りに思います。

ももちゃんが大人っぽくなったなぁと感じました。

マモちゃんはモデルのようです。

あのオタク顔はどこへ行ったのか、新しいモデルになっていますよ。そして、時代を感じるといえば、もう一つ! モネちゃんの携帯電話が変わっていました。随分と使い込んで、余裕が出てきたので、新しい機種に変えたのでしょう。

たった2分ほどの出来事でしたが、モネはパイセンになってから大きく成長しました。

今日は久々に鮫島さんが登場しましたね。

日本代表の選考でしたが、迷わず選ばれましたね!」。早すぎませんか?朝ドラ「おかえりモネ」第86話では、みんなの成長が見られたので、サブストーリーという感じでしょうか。モネがついに東京にやってきました。

彼女は宿を見つけられないまま森林組合を辞めてしまったようです。

そして、仕事を見つけられずに森林組合を辞めた。

おじいちゃんの紹介で宿を見つけて、森林組合をやめる直前に東京に行くことを伝えたんだよね?彼は本当に何も考えずに無茶をしたのだろうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入していた。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した戦力にはならないし、ましてやアルバイトではない。

気象予報士の仕事をまだ知らないので何とも言えませんが、4人いることの必要性は今後明らかになってくるでしょう。

人数が増えれば、意見の対立もあるでしょうし、これまでのほのぼのとした雰囲気から一転した光景が見られるかもしれませんね。

これには科学的な根拠があるのだろうか。何か科学的な根拠があるのだろうか。大声で叫べば発散した気になるかもしれませんが、本当に効果があるのか疑問です。

あと不満なのは、天気予報の時間が短すぎること。ニュースを見ていると、だいたい同じ時間にニュースが流れているので、チャンネルを切り替えると、どこもかしこも天気予報になってしまうんですよねー。天気予報に満足するまでにどれだけの時間がかかるかはわかりませんが、モネがおばさんの声を聞く特殊能力を持っているシーンがありましたが、私はそれが特殊能力だとは思いませんでしたよ。私はそれが特別な能力だと思っていました。

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第8週目第44話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。