純ちゃんの応援歌第5週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週(21話~25話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年10月31日(月)~11月5日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第5週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第5週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第5週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第5週『』一覧
放送回放送日
第25話「」10月31日(月)
第26話「」11月1日(火)
第27話「」11月2日(水)
第28話「」11月3日(木)
第29話「」11月4日(金)
第30話「」11月5日(土)

「英会話を習わへん?速水さんから」
ある日、純子(山口智子)は親友の静尾(押谷かおり)に誘われた。
アメリカへの帰国を前に、秀平(高嶋政宏)がレッスンしてくれるというのである。
実は静尾が頼み込んだらしい。
何かと理由をつけては秀平に近づきたがる親友の態度が、気になって仕方のない純子は、自宅を教室に提供することにした。
なぜか心が躍った。

レッスンの日、純子は家族に冷やかされながら部屋の大掃除をして秀平を迎えた。
病床の陽一郎(川津祐介)らを前に、将来はカメラマンとなって世の中の真実を見つめていきたいと、秀平は目を輝かせて語るのだった。
純子はそんな、自分の道を歩もうとしている若者を頼もしく、うらやましく思う気持ちでいっぱいになった。

ここまでが、10月31日~11月5日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第6週のあらすじを知りたい方は、第6週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌5週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第5週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。