純ちゃんの応援歌第13週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週(61話~65話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年12月26日(月)~12月31日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第13週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第13週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第13週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第13週『』一覧
放送回放送日
第73話「」12月26日(月)
第74話「」12月27日(火)
第75話「」12月28日(水)
第76話「」1月4日(水)
第77話「」1月5日(木)
第78話「」1月6日(金)

そんなときに電報が届いた。

秀平(高嶋政宏)からであった。

アメリカの野球チームの通訳として来日中、明日会いたい、とある。

本来なら手離しで喜びたい純子だが、小野家はこの時、大きく揺れていた。

雄太の母親が名乗り出て、息子に会いたさに大阪を訪れていたのだ。

雄太は満州で母親に捨てられたと信じていたが、純子が母親に確かめたところでは、引き揚げのさなか、自分の死期を感じて、せめて息子の命だけでも救おうと、中国人に雄太を託したのであった。

ここまでが、12月26日~12月31日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第14週のあらすじを知りたい方は、第14週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌13週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第13週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。