純ちゃんの応援歌第99話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」17週目第99話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月31日(火)放送
第17週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第99話のネタバレあらすじ

ここからは、1月31日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第99話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌99話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月31日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第99話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第100話のあらすじを知りたい方は、第100話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第99話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第99話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

チェーンソー 昨日、さやかもモネもノコギリを持ってジタバタしていたので、「このまま切ってしまわないかな?と心配していましたが、ノコギリを使って先に行ってしまいました!(笑 でも、昔の人はチェーンソーを持っていなかったから、ノコギリで切っていたんでしょうね。

また、昨日の最後の儀式的なシーンで、昔ながらの木の手入れの仕方を感じたので、いきなりチェーンソーで切られる瞬間を見て、現代の冷たさを少し感じました。撮影のために伐採された木ですが、その対価はいくらだったのでしょうね。

ドラマの内容はともかく、本当にこの木を50年寝かせて、能舞台の材料にしたら、本当に素晴らしいと思いました。

樹齢300年のヒノキを伐採したのは良かったのですが、問題が1つありました。

伐採するのは貯蔵してからではないのか?と思ったが、そんな心配は無用だった。

問題は一瞬にして解決した。モネはハザードマップで被害のない場所を見つけ、祠に目をつけた。

祠が実際に現場で使われるのかどうか。

と思ってしまうほどだ。

周りからのプレッシャーも大きかったと思いますが、50年という長い年月を経て、即決した倉ちゃんもすごいですよね やっぱり…保管場所は解決して、あとはモネの問題が残っている。

私は、この問題を解決することができました。私は、この問題を解決することができると確信しています。

明日、さやかに「東京に行く」と言うんだろうけど、考えただけで涙が出てくる。しかも今回は見送りもせずに一気にトメに帰ってきてしまった。

実家ではもう少し話をしたかったのですが、社会人は忙しいのはわかります。

あっという間に過ぎたお正月休みだけでなく、気象予報士の試験もありました。

気象予報士試験では、気象予報士の資格を取得することができます。

最近では、朝ドラ「エール」で、音さんがすごい勢いで役に抜擢されるシーンがありましたが、それについても批判的な意見が多かったですね。

私は、百音の奇跡は試験を受けた後に起こるのではないかと感じていましたが、おそらく彼女は合格していないでしょう。

もし合格していたら、「気象予報士の試験に甘えすぎだ」というクレームが出ていたかもしれません。

喘息のせいなのか、雰囲気のせいなのかはわかりませんが。

雰囲気的に喘息ではないかもしれないと気づいたのかどうかはわかりませんが、最後には死んだ姿を見せることになるのではないかと思っています。

でも、年寄りだからテーブルと椅子はいらないという理由でキャンセルするなら、ちゃんとキャンセル料を払っているんでしょうね?森林組合の人たちは困った顔をしていたので、キャンセル料はもらえなかったような気がしますが、一方的にキャンセルするのであれば、それなりのお金を払うべきです。

スランプ今日もタイムを計ってみましたが、どうやらスランプのようですね。

スランプに陥っているようで、選考会まであまり時間がなかったので、焦っているようだった。

穏やかに話していましたが、内容自体はストレートで、はっきりと “面白くない… “と言っていました。こういう時に失敗するのがヒロインなのですが、私がアドバイスをしたところ、見事に成功してくれました 鮫島さんは感覚的なデータを使って改善しようとしました。

鮫島さんは感覚データを使って改善しようとしましたが、なかなか思うようなタイムが出ず、このまま頑張るべきか悩んでいたのではないでしょうか。

そんなとき、百音のアドバイスがあった。

感覚では結果が出ないので、データでなんとかしようとしていました 結果が出ないのが悔しくて、ついカッとなってしまい、余計に悔しくなってしまった。

しかし、普通なら「ごめんなさい」で済むところを、「ありがとう」と言い返してくれたことで、モネのちょっとした成長を感じることができました。

空回りするパターンでしたが、こんな風に強いところもあるんですね。

彼にはコーチがいるのかいないのかわからない。それともコーチを解雇したのでしょうか?浅岡たちが気象データを使いたいのはわかるが、練習方法などのコーチがいないのではないか。

私はこのスポーツの実態をよく理解していませんが、毎日ペダルを漕ぐことだけが練習ではありませんよね?このスポーツの実態はよくわからないけど、毎日ペダルを漕ぐことだけが練習じゃないよね。

昨日の放送では、小学生の女の子2人が相合傘で帰宅するところで終わりましたが、さすがは振り返る朝ドラ、「おかえりモネ」!?今回は、「二人が相合い傘をしている時から帰宅するまでの15分間を全部使ってもいいんじゃないか!?と思っていたのですが、「相合い傘から帰宅までの15分を全部入れればいいんじゃないの?と思っていたのですが、すーちゃんにはちゃんとその話が伝わっていたようで…。しかし、大方の予想通り、彼らはj

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第17週目第99話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。