純ちゃんの応援歌第9週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週(41話~45話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1988年11月28日(月)~12月3日(金)放送

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第9週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第9週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第9週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第9週『』一覧
放送回放送日
第49話「」11月28日(月)
第50話「」11月29日(火)
第51話「」11月30日(水)
第52話「」12月1日(木)
第53話「」12月2日(金)
第54話「」12月3日(土)

「ナイスプレイやったなあ…ナイスプレイや、ナイスプレイ……
最後の最後まで陽一郎が人生を通して求めていた理想の生き方だった。

葬儀が済むまでの3日間、純子は泣かなかった。

これから自分が一家の中心にならなければという思いで、ひたすらに涙を拒んでいたのだ。

そんな純子の心を受けとめてくれたのが北川(細川俊之)であった。

「泣いたからって弱虫じゃない。泣きなさい。涙は神様がくれた美しい贈り物なんだ、悲しみを洗い流すためのね」
もうこうえきれなかった。
北川の胸に顔をうずめて、純子は泣いた。
いつまでもいつまでも涙は止まらなかった。

ここまでが、11月28日~12月3日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第10週のあらすじを知りたい方は、第10週へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

純ちゃんの応援歌9週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第9週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。