純ちゃんの応援歌第142話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」24週目第142話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月22日(水)放送
第24週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第142話のネタバレあらすじ

ここからは、3月22日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第142話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌142話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月22日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第142話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第143話のあらすじを知りたい方は、第143話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第142話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第142話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

今週はみーちゃんが主役!?そんなみーちゃんに憧れてか、百音も頑張ろうとしますが、みーちゃんはちょっとかっこよすぎます。同じく迷える子羊の三成は、みーちゃんに圧倒されます。

お父さんがスクーターで通り過ぎるときに隠れていましたが、お坊さんはこの時期とても忙しく、息子の心配をしている暇がないような気がします。

こういったものにはお金がかかるものだと思いますが、彼女の給料はいくらだったのでしょうか?と思っていたのですが、これは私だけではなかったようです。かっこいい言葉なんだけど、満男さんが言うと笑ってしまうのはご愛嬌。

それは、私がそうだったからです。

高校の学費は親が出してくれましたが、私は学校で遊んでばかりいました。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

人食い人種のコウジは、三成のためにバーベキューを企画した。

そして、おばあちゃんに忘れないようにと牡蠣を差し出したのですが、おばあちゃんは「それって共食いじゃないの?おばあちゃん、牡蠣に生まれ変わったんだから、その牡蠣を食べたら共食いだよ」とバカなことを考えていたら、SNSで同じことをつぶやいている人がいました。

私の友人である研究員のミーちゃんと彼女のおじいちゃんが言い争っていたのです。

こういうときは、年功序列、つまり経験がものをいいます。

案の定、おじいちゃんが正しく、みーちゃんは慌てふためいていました。

結果的にはおじいちゃんが正しかったのですが、おじいちゃんの気持ちもみーちゃんの気持ちもわかるだけに、ちょっと寂しい感じがしました。酔いつぶれたシンジを家に連れて帰ろうと思ったら、また飲んでるじゃないか!?誘ったのはシンジ君の方だと思いますが、なんだかすごくギャップがあるような気がします。

最後に「銀行員が対応してくれる」と言っていたので、お金に関することだと確定しました。

銀行のローンで新しい船を買ったが、地震で流されてしまったのではないかと推測した。

彼女は、「他人のボートに乗れるのか?私は自分の船を持っていないので、怖いです。

キレたのはみーちゃんだけだよ。

言葉って本当に大切ですよね。

タカ」と言ってもダメなんですねー。責めないでよ」とフォローすると、田舎のおじいちゃんみたいな顔をしていたので、「たかが」とバカにされたようで、ちょっと嫌な気分になりました。

優しいのか冷たいのかわからないけど、私のおじいちゃんです。wサメコーナー関場先生の部屋がついに公開されました。

勘場先生の部屋がついに公開されました。なんでこんなにサメが好きなんだろう?なぜ彼はそんなにもサメが好きなんだろう?理由は後で出てくるのかな?また、モネの緊張した様子から、初めて部屋に入ってきたように見えましたよね。

ということは、今までコインランドリーで話していたということ?と、いうことは !!!! まだ二人は親密になっていないということですよね!?感覚的には、菅波先生は “みせますか?”と言っていました。しかし、モネは相変わらず恋人同士になる前と同じ顔をしている。

マモちゃん!?すうちゃんとマモちゃんが仲良くなったようですね。以前はモデルをしていたそうですが、洋服のセンスはあまりないようで・・・。あれはベッカム?そして最後のシーン、あれは間違いなくマダムが視聴者に向けて作っている顔だ! 視聴率が高ければ、マリアンナの行き場はない。

朝から真剣勝負でしたね。いやいや、勉強したほうがいいですよ! 実家に戻ってからほとんど勉強していないように見えるのは私だけでしょうか?二人の会話からわかったのは、りょうちんはとても繊細だということ。

敏感すぎるがゆえに、漁師さんのガサツさが気になる。海を嫌いになれないというWさんの言葉も悲しく伝わってきました。

あとりちん、茶髪じゃなかったっけ?いつの間にか黒髪になっている!?人生ゲーム今日も勉強中のモネの部屋でゲームをする幼なじみたち。

そこ、おかしくないですか!?国家試験を受けようとしている人の邪魔をあえてするなんて、どんな神経してるんだろう?いや、りょうちんの未来の私たちの話は泣けてきたけど、3回目の受験で合格するようにするなら、もっと努力している姿を見せないといけないよね。他の人も頑張っているはずだし、最後の部分だけでも合格しているはずだから。勉強の必死さが伝わってこないのが残念でした。

誤解されたモネ島を出ようとしたモネは、シンジを見つけて誤解してしまう。

まあ、あの事件の後のことだから仕方がないが、それにしても及川親子は似ているよな。

海に恨みはありません! 海に恨みはないんだけど、どこに悲しみをぶつけていいかわからないんだよね。

子は未来を見て、親は過去に縛られている。

りょうちんのためにも、シンジには早く立ち直ってほしい。

コウジがトメに来たとき、何気なく笛を作ってモモネにプレゼントしたんです。

それがまさかここで活躍するとは!?来週のように、落ち込んだ時に山の上から笛を吹くようなシーンを期待していたのですが・・・。

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第24週目第142話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。