純ちゃんの応援歌第146話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」25週目第146話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月27日(月)放送
第25週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第146話のネタバレあらすじ

ここからは、3月27日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第146話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌146話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月27日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第146話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第147話のあらすじを知りたい方は、第147話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第146話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第146話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

ダイジェスト今日も朝ドラ「おかえりモネ」が始まりましたが、週明けなのでいつもダイジェストなのですが、今回はかなり遡ったダイジェストでした。何もできなかった」→「がんばる!」という流れにちょっと感動しましたが、先週は必死に勉強しているシーンがほとんどなかったので、必死さが伝わってきませんでした。

さすがにミカンを捕まえるシーンとかはありましたが。案の定、ミカンを捕まえたりするシーンがありましたが、案の定、菅波先生は運動音痴!?食べ物を投げるのがいいのかどうか、よくわかりません。

嘘をつくのがうまいかどうかはわかりません。

私は嘘をつくのがうまいかどうかはわかりませんが、嘘をつくのが下手ではないことは確かです。今日は石森章太郎さんの雨の絵の話がありましたが、それは展覧会から1年経ったということですか?そんなに経っていないような気がしますが、よく考えてみると気象予報士の試験は年に2回ありますよね?そう考えると、私は3回受験しているので、1年経ったことになりますよね?

合格! そしてついに合格しました! 合格か不合格かを見るのが怖くて菅波先生と一緒に見たのですが、本当は伝わった後にお互いに恥をかかせたかったんですよね~。段階も大事ですが、一気に進むこともありますよね。そこはまさにその通りだと思います! 二人の回数が減ると思っていたのですが、東京の話が出ているので、東京で終わるということでしょうかw OPアバンなし 今日はいきなりOPアバンなしでスタートしました。

おかえりモネ」のような朝ドラにしては珍しいですよね。

朝ドラでOPなしで始まるのは珍しいですよね。

野坂が「誰が提案したんですか」と聞くと、神野は「浅岡さんです」と言ったんですね。いや、彼の直感ということではなく、その言い方は確信を持って話していましたよ。と思っていたら、同じ経験をした高村さんが一言。

かっこよすぎる!」と。そこまで言ったからには、今後、高村さんの過去の詳しい話が出てくると思いますが、ちょうど浅岡が入ってきたときのことだと言っていたので、過去のシーンが少し若返って見せてくれるのかどうか、楽しみです。

ついにキャスターデビューを果たしたマネージャーと内田さん。

それをテレビ越しにチェックする明日香さん。

この子育てに何の意味があるのか?最初は恋愛感情があるのかと思っていたが、育てたいと思っているのか!?最初は恋愛感情があるのかと思ったけど、親としての目線で見ているんだなと感じました。

将来的には経営者とかにはならないと思うし、人を育てる道を歩んでいるのかもしれない。かなり面白くなりそうだと思ったのですが、中村さんのキャラクターについては全く触れられていませんでした。日焼けに関しては菅波とは正反対のようで、面白い展開を期待していたのですが、逆に菅波の家庭訪問拒否の方が空気の読めないキャラとして目立ってしまいました。

本人は「治療をして癒されたい」と言っていましたが、過去に何かあったようですね。

誰かを亡くしたとか、過去にそういうことがあったのかな。

中村先生のキャラクターは嫌いではないので、どんどん登場させてほしいですね さやかが牡蠣の値段を聞いたとき、3年前のものだと言っていたので、震災後に作られたものだと思います。

“さやか “が牡蠣の値段を聞いたとき、「3年前のもの」と言っていた。

また、川久保さんは牡蠣の値段に怒っていた。

1本1,300円って安すぎませんか?だったら直接買いますよ!」と。製材しなければならないから高いのだろうが、文句ばかり言っているお年寄りにはあまり良い印象を受けなかった。

先日、朝ドラ「おかえりなさい、モネ」のいくつかのエピソードの感想を書きましたが、何かをしようとすると必ず抵抗があるのが世の常です。

店員の一人が「新しいことを考えるのが苦手」と言っていたが、個人的にはそれで終わらせてしまった森林組合の責任だと思う。

新しいことをやってみてダメだった、というのならわかるんですけどね。新しいことをやってみてダメだった、というのならわかりますが、何もせずに「苦手だ」と言っているだけでは、結局はそういうことになってしまうのではないでしょうか。

振り返ってみると、今週の私はどうだったのでしょうか。たくさんの振り返りがありますが、そのほとんどが先日の話をまとめたもののようです。

何をどうしたらいいのかわからない。朝ドラ「おかえりモネ」第10週、”天気予報は誰のため?” ハイライトウィークということにしておきましょう!(笑 振り返りの中で改めて思ったのは、仙台の天気を地元のテレビ局に知らせてみたらどうだろう?と思ったものです。

でも、そこには気象予報士もいると思うので、私には関係ないと思われるかもしれませんが、全国区のニュースであれば

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第25週目第146話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。