純ちゃんの応援歌第82話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」14週目第82話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月12日(木)放送
第14週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第82話のネタバレあらすじ

ここからは、1月12日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第82話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌82話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月12日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第82話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第83話のあらすじを知りたい方は、第83話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第82話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第82話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

お互いに信頼し合うしかないと思っていましたが、モネの予言通りの状況になりました。

次郎さんは、モネの予測が当たっていることに気付き始めているようですね!何かにつけて、モネの予測は当たっています。モネの予測が当たっていることを認識し始めているようですね!

こうやって実績を積んで、徐々に信頼関係を築いていくのが一番いいのですが、その切り替えが極端すぎて、しっくりこないんですよね。

モネが粘って「ラジオを入れよう」と言ったとき、彼は100%壁に張り付いていたのに、急に軟化して周りもそうなってしまったようなものです。

もう少し時間をかけて自分を信じて、最後に自分を信じようとしてくれれば、彼女もその気になってくれたと思いますが、電話を拒否して、現場でアピールして、ラジオをお願いして、というのは早すぎませんか?もちろん、時間がないのはわかりますが、モネの場合は100か0かなので、現実的ではない気がします。

待つ女、いつも待つ女、みーちゃん。

今日も喫茶店で待っていましたが、一番気になるのは、その思いが報われるかどうかという点です。

“いつもあんなに待っているのに、もう1時間も何もないのか “という感じです。

カミちゃんの「あと1時間しかない」というフラグ的なものが死亡フラグなのではないかとドキドキしてしまいました。

心の中では「もう旗は無傷だ!」と叫んでいました。モネの頑張りでフラグが折れてしまうのか、朝生が朝ドラをはしごして、りょうちんの船に乗って助けに行くのか…。朝ドラ「まぁ姉ちゃん」を見ていない人にはわからないと思いますが、浅尾はいい奴ですよ。いったいどんな国なんだろう?浩二は家に帰ることにしたが、タクシーもバスもないのか。都会でもそんなところは通らないと思いますが、でも登米にはタクシーがあるんですよね~。おそらく、登米市の一定数の人たちは「バカにするな!」と思ったのではないでしょうか。きっと登米の人たちの中には、「バカにしないで!」と思っている人が一定数いるはずだ。このようなことは初めてのことです。

それは、「バカにしないでよ!」と思っている人もいるでしょう。押すなよ!」と同じ理論ですね。

教えないで=教えて!」ということです。田中さんとももんさんがいつ出会うのか、楽しみですね。お二人が有名人の話をしているときに、さやかさんの名前が出てきましたが、田中さんも「お姫様」と言っていました。

地主さんってそんなに有名なのかなぁ?私の家の近くには地主さんらしき大きなお屋敷があるのですが、誰なのかはわかりません。田舎のイメージって、村八分にされそうという偏見がありますが、それだけ近所付き合いが盛んなのかもしれませんね。

また、彼はすぐに戻ってきましたが、彼が出してくれたコーヒーは飲みましたか?見ていると全く手をつけていないように見えました。

木が多いと光が足りなくなると言っていましたが、最初から木を植えればいいのではないでしょうか?と思ったのですが、木を選んでいるのでしょうか?また、木を植えることで土砂災害を防ぐことができるというのは、子供たちにも聞かせたいことなので、録画しておこうと改めて思いました。

フラッグ何か悪いことが起こりそうだから!!!! モモンが少年に言った「お前は信用できない」という言葉は、まさに何かのフラグ!?それを見ていたら、みんなとはぐれてしまうという典型的なパターンになってしまいました。

 

選考会の3日前までは、「プランBが来るな」と思っていましたよ。3日でB案を代入するとは、なかなかの勝ち組軍団ではないか。しかし、これは本来、監督の仕事ではないでしょうか?気象予報士の仕事ではないと思うのですが……。そもそも、昨日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想でも指摘しましたが、監督はいないのでは?応援している写真を見たことがありますが、まだ一度も見たことがないのです。それに鮫島さんにも、せめてコーチやマネージャーがいれば、印象が変わると思うのですが。

鮫島さんの印象が変わってくるのは、私の中では、「モネは、自分のことをよくわかってくれている」と思っているからです。選考会の日の出席者がモネだけだったというのはどういうことですか?写真に写っている人たちは嘘をついているのですか?いや、あの人たちが応援に来なくても、朝岡さんたちが来てくれればよかったのに~ いくら気象データを見るためとはいえ、外で確認するのはどうかと思いますよ。

朝ドラ「おかえりモネ」は、役に立たない人間を完全に排除するためにやってきた。

コロナのせいか知らないけど、モネさんがバイトだということを忘れていませんかw信じるか信じないかはあなた次第ですよ。プランBが発表された時、浅岡は「私たちが考えた最高のプランです」と言って、最終的な判断を鮫島に委ねていました。

その時、鮫島さんが留守だったように感じたのは私だけでしょうか?これで行こう!」と。これで行こう」ではなく、最終的には鮫島さんに決めてもらいたいのです。ちょっと冷めてしまいましたが、おそらく明日はB案に変更して選考に臨むことになると思います。

D

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第14週目第82話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。