純ちゃんの応援歌第86話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」15週目第86話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年1月16日(月)放送
第15週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第86話のネタバレあらすじ

ここからは、1月16日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第86話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌86話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、1月16日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第86話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第87話のあらすじを知りたい方は、第87話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第86話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第86話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

不穏な電話 夜中に電話がかかってくるのは決して良いことではありません。

夜中に電話がかかってきたら、きっと誰か死んでしまったのではないかと思ってしまうだろう。

涼ちんがいなくなったという電話だったが、モネはちゃんとみーちゃんに伝えていて、さすがお姉ちゃんだなと思った。

りょうちんがいなくなったのは、おばあちゃんが長浦家に来たときのことも理由になっていました。

おばあちゃんが渡した封筒の中から死亡診断書がチラッと見えたのです。

それだけで、すべてを悟ってしまったんですね。

行方不明者の死亡届を出して、供養までしてあげようと思ったのだろう。

これは、震災後からずっと続いていることですよね。

今でも行方不明の人がいるのに、死の報告をして区切りをつけている人がいるのかと思うと、痛々しい光景でした。

しかし、私はどうしてもシンジには少し乱暴な言い方をしてしまいます。

最愛の妻を失った気持ちは理解できるが、息子の涼ちんが一生懸命働いているのに、息子のためにも立ち直りたいとは思わないのだろうか。それで涼ちんが自殺してしまったら、後悔しか残らないじゃないですか。真治の気持ちは分からないでもないけど、親の役目は子供のために生きることだよ。

涼ちんのことが心配で電話をすると、回線が切断されていた。

百音が電話をかけると、彼は電話に出ます。

彼女の気持ちを考えると、どうしても気の毒になってしまう。

そして、スピーカーフォンでモネしか話せないと聞くと、「なんでお姉ちゃんなんだよ!」と思わずにはいられません。なぜ妹なんだ!と思わずにはいられません。

でも、最後に服を投げつけたところは、ちょっと許せない。人の気持ちはコントロールできるものではありません。

りょーちんがモネのことを好きでも、モネがコントロールできるものではありません。

ドラマの中で土砂崩れが描かれているということで、今日で3回目の注意喚起です。

一応、警戒は解除されていますが、まだまだ予断を許さない状況です。

今週のテーマは土砂災害で、浅岡がお天気キャスターを辞める理由として使われていた。

初対面光司は、朝岡と初めて会ったという。

SNSでは、「あら、浩二が興奮している」「城さんと健二が来た!」と盛り上がっていました。

私も彼が愛の告白をするのではないかとドキドキしていましたが、本当は親が職場に来てほしくないんです。

恥ずかしい思いをするのは子供だということがわからないのだろうか。私は、職場に来る父親が苦手です。盗み聞き浅岡と浩二の会話を盗み聞きするモネ。

私の言いたいことは、きっとわかってもらえると思いますよ。

I’ll be able to understand what I’ve been impressed on your work. 家族に手紙を書いたことがない方がほとんどだと思いますが、良い知らせではないかもしれないとドキドキしています 今の時代、ご両親に手紙を書くことはとても古いことですが、「この島を出たい」から「この島に残りたい」という気持ちに変わっていく様子が伝わってきました。

仙台放送のメインキャスターとして採用された毬谷莉子さん。

仙台放送のメインキャスターとして採用されることになりましたが、再び登場する可能性も大いにあります。

モモンが気仙沼に戻ることを決めてから、舞台は仙台に移る。

仙台放送は2人を再会させるためのものだと思いますが、どんな展開になるのか楽しみですね。<div class=”yokoku”>私の研究室のミちゃんとおじいちゃんが口論していました。

<div class=”yokoku”>私の研究 ミィとおじいちゃんが言い争いをしていましたが、こういう時は年齢というか経験がものを言いますね。

案の定、おじいちゃんの言う通りになってしまい、みーちゃんは大慌てでした。

結果的にはおじいちゃんが正しかったのですが、おじいちゃんの気持ちもみーちゃんの気持ちもわかるだけに、ちょっと寂しい感じがしました。酔いつぶれたシンジを家に連れて帰ろうと思ったら、また飲んでるじゃないか!?誘ったのはシンジ君の方だと思いますが、なんだかすごくギャップがあるような気がします。

最後に「銀行員が対応してくれる」と言っていたので、お金に関することだと確定しました。

銀行のローンで新しい船を買ったが、地震で流されてしまったのではないかと推測した。

彼女は、「他人のボートに乗れるのか?私は自分の船を持っていないので、怖いです。

キレたのはみーちゃんだけだよ。

言葉って本当に大切ですよね。

タカ」と言ってもダメなんですねー。責めないでよ」とフォローすると、田舎のおじいちゃんみたいな顔をしていたので、「たかが」とバカにされたようで、ちょっと嫌な気分になりました。

優しいのか、冷たいのか、よくわからない。

何とも言えない気持ちになります。笑)」「そうですね」「そうですね。そもそも人間力とは何かを調べてみると、それは

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第15週目第86話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。