純ちゃんの応援歌第144話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」24週目第144話のあらすじのネタバレや、純ちゃんの応援歌と原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』
1989年3月24日(金)放送
第24週サブタイトル『』

純ちゃんの応援歌の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『純ちゃんの応援歌』第144話のネタバレあらすじ

ここからは、3月24日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第144話のあらすじをまとめたネタバレです。

純ちゃんの応援歌144話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

ここまでが、3月24日に放送された朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第144話のあらすじのネタバレです。

純ちゃんの応援歌第145話のあらすじを知りたい方は、第145話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第144話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第144話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

今日はアバンなし!?今日も昨日同様、アバンなしで話が続きます。

今日のエピソードは昨日と同じですが、導入部がないと話がかなり重くなります。

今日のエピソードは昨日と同じです。

今日のエピソードも波乱が予想されましたが、最後はなんだかほのぼのとした感じになりました。

傷ついた経験今日は奈津の話から始まりました。

傷ついた経験のある人は、そんなに強いのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。!!!! 傷ついてもいいことなんてないですよね?

傷ついた人が「強くなった」と言ってはいけない、傷ついてもいいことは何もない、という意見にはまったく同感です。

傷つきたくて傷ついている人はいないし、今まで経験していないということは、運がいいということです。

傷ついてそのまま倒れてしまう人もいるというのが宇田川さんの持ち味なのかもしれませんし、夏さんは本当に宇田川さんのことが好きなんだなということを改めて実感したシーンでした。

今日の朝ドラ「おかえりモネ」では、冒頭に「ドラマの中で災害の描写があります」という注意書きがありました。今、停滞している前線の影響で土砂災害が起きている地域もあるので、注意喚起だと思うのですが、朝ドラ「おかえりモネ」はリアルタイムでリンクしていることが多いですよね。予報ではなく、予測なんですよね~。苦しいのは私じゃなくて、菅波さんの過去を聞いたモネさんなんです。

苦しいのは私ではない」と言いました。

いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや、いや 一番苦しいのは患者さんでも、あなたも苦しいのですから、モネちゃんも気楽にいきましょうよ。小学生レベルの恋愛をしている二人がいつになったら結ばれるのか、あと1年くらいはかかりそうですが…。高村さんが皮肉を込めて「焼けましたね」と言うと、浅岡さんが飛びついてくる。

飛んでませんよ」というのは、「パンツを履いてますよ」と言っているのと同じことです。結局、浅岡さんは気象予報士を辞めたが、会社に残ってスポーツ気象学をやっている。社長の意向で会社に残ることになったのか、フリーにはならない。朝ドラ「おかえりモネ」は宇田川さんを振り返るところから始まりますが、宇田川さんの一番大切な問題には触れていないようです。

宇田川さんは、自分の中では、自分のことは自分でやる、と思っています。リオ五輪の時期なのかどうかはわかりませんが。私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが素晴らしいものになると確信しています。

ゲリラ豪雨 ゲリラ豪雨で地下道が冠水し、1名が意識不明の重体となった。

そのため、モネは危険性を訴えるメッセージを伝えることになったのだが、それはあまりにも極端ではないだろうか。危険を知らせるのはいいことですが、西島さんをかばうまでになったのは、まだバイトなのかなと思いました。まだまだバイトなんだなと思いました。

バイトであっても仕事であることに変わりはないので、そのような態度をとることは良いことだと思いますが、あまりにも極端で子供じみていました。

そういう態度をとるのはいいことなんだけど、あまりにも子供じみている。どこに行っていたのか聞いてみると、送信ミスをしていたとのことでした 沙也加はスマホ音痴であることが判明!?スマホを使い慣れていない様子でしたが、送信していないのは痴呆フラグではないでしょうか?絶妙なタイミングで、桃音は彼女に合格を伝えるチャンスを逃してしまった。

彼女には言えない。

合格したことを伝えれば、自分も辞めることを伝えなければならない。

でも、まさか金曜日まで引きずるパターンではないですよね?さやかは、モモンの決断を待っているだけで、すべてはモネにかかっているような気がする。

モネは茶碗蒸しに挑戦。

気象予報士以上の新たな挑戦が始まったようだ…。あと、布か何かを使ってやらないと熱くなるんだよね。私は、「さやかちゃんは、自分のことが好きなんだな」と思いました。さやかちゃんは合格したのかと聞いたら、合格していないと宣言されてしまいました これは後々問題になりそうな予感がしますが、さやか自身も合否に疑問を持っているようです。

そして、彼女が向かった先は、菅波先生のところ。

気象予報士試験の合否について尋ねると、「守秘義務がある」とのこと。

でも、さやかは勘がいいから、事情は察してくれたんじゃないかな。あとは、いつその話をしてくれるかですが、来週は東京にいるでしょうから、金曜日になるのではないでしょうか!?警告。ドラマの中で土砂災害の描写があります」というメッセージが表示されるのは、今日で3回目。

今日で3回目の注意喚起解除ですが、まだまだ予断を許さない状況です。

今週のテーマは土砂災害

 

 

以上が、朝ドラ「純ちゃんの応援歌」第24週目第144話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。