「ふたりっ子」のキャスト一覧と相関図まとめ

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」に登場するキャストの情報をまとめています。

キャスト・出演者情報には、朝ドラ「ふたりっ子」のネタバレも含みますので、ご注意ください。

「ふたりっ子」の子役キャストを知りたい方は、「『ふたりっ子』の子役キャスト一覧」をご覧下さい。

スポンサーリンク

朝ドラ「ふたりっ子」の登場人物相関図

こちらが、朝ドラ「ふたりっ子」に登場する人物の相関図です。

朝ドラ「ふたりっ子」の登場人物相関図

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧です。

名前をクリックすると、キャスト情報へ移動します。

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
野田家
野田香子岩崎ひろみ

(少女期:三倉佳奈

野田家の双子の妹
野田麗子菊池麻衣子

(少女期:三倉茉奈

野田家の双子の姉
野田千有希手塚理美香子と麗子の母親
野田光一段田安則香子と麗子の父親
有沢家
有沢英之高島忠夫千有希の父
有沢理佐子香川京子千有希の母
有沢可奈丹阿弥谷津子英之の母
天下茶屋・新世界の人々
黒岩政夫伊原剛志バーバー黒岩の息子
佐伯銀蔵中村嘉葎雄大田学真剣師
オーロラ輝子河合美智子叶麗子演歌歌手
谷武蔵河島英五たこやきビリヤードのマスター
梅屋音吉夢路いとし通天閣将棋センターの席主
金子(カネヤン)多賀勝一新世界将棋センターの常連さん
海東壮平山本太郎海東財閥の御曹司
将棋界の人々
森山史郎内野聖陽

(少年期:武田克巳、伊藤譲二)

プロ棋士
米原公紀桂枝雀棋界のドン・永世名人
米原桂子三林京子米原永世名人の妻
猿渡夏彦國村隼新進棋士奨励会の幹事
雨宮秋彦田口浩正奨励会員
羽柴秀明茂山宗彦天才的な若手棋士
織田信雄岸部一徳「飛将」のタイトル保持者

野田家のキャスト

野田家は、野田光一を家長に、子供2人、妻・千有希の4人家族です。

岩崎ひろみ/野田香子(のだきょうこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Honda(@hondamakotoism)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・岩崎ひろみ演じる野田香子は、野田家の双子の妹です。

姉は、成績優秀の優等生ですが、それとは対照的にお転婆で勉強もまったくだめ。

皆から問題児扱いされる中で、将棋と出会い、のめり込んでいきます。

一度は、将棋をやめ豆腐屋を継ごうとしますが、ある日、天才棋士・森山史郎に完膚なきまでに敗北し、勝負の世界に身を投じていくことに。

菊池麻衣子/野田麗子(のだれいこ)

ふたりっ子のキャスト・菊池麻衣子演じる野田麗子は、野田家の双子の姉です。

成績優秀で、小学校では学級委員を務めるほどの優等生です。

天下茶屋での生活を窮屈に考えており、もっと広く豊かな世界に憧れ、京都大学を受験し、見事合格します。

京都大学に入学すると、海東壮平と運命の出会いをし、彼のステイタスにひかれ接近しますが、いつしか心から愛するようになります。

しかし、お嬢様育ちと偽っていたことがばれると、手ひどくフラレることに。

一時的に、一時は森山史郎にひかれるものの、いつもそばにいてくれたマサの愛の大きさに気づき、二人は結婚します。

手塚理美/野田千有希(のだちあき)

 

この投稿をInstagramで見る

 

手塚理美(@tezuka_satomi)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・手塚理美演じる野田千有希は、香子と麗子の母親です。

もともとは芦屋の大邸宅で何不自由なく暮らしていたお嬢様でしたが、光一と電撃的な恋に落ちて、駆け落ちして一緒になりました。

持ち前の負けん気で、すっかり勇ましいお母ちゃんに変身するのですが、娘たちの将来のことを勉学を重視することも。

段田安則/野田光一(のだこういち)

ふたりっ子のキャスト・段田安則演じる野田光一は、香子と麗子の父親です。

豆とにがりにこだわった豆腐作りの名人で、自分の仕事に誇りを持っている典型的な職人気質の男です。

商店街をこよなく愛しており、落ちこぼれ・香子の最大の理解者でもあります。

妻は、芦屋の令嬢だったお嬢様で、駆け落ちして結ばれていますが、娘が成長するに従って、育った環境の違いから微妙な溝が生まれはじめます。

有沢家のキャスト

有沢家は、千有希の父・有沢英之を家長に、妻・理佐子と母・可奈の3人家族です。

高島忠夫/有沢英之(ありさわひでゆき)

ふたりっ子のキャスト・高島忠夫演じる有沢英之は、千有希の父です。

関西では有名な、お嬢さま学校「芦屋女学館」の経営者兼理事長をしている人物ですが、家では妻・理佐子をメイドのように扱うワンマンなタイプの男です。

ひとり娘の千有希は、豆腐屋を営む光一と駆け落ちしてしまい、それ以来、ますます家庭を顧みなくなり、夫婦の関係は冷えきってしました。

香川京子/有沢理佐子(ありさわりさこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤憲一(@enken.enstower)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・香川京子演じる有沢理佐子は、千有希の母です。

東京生まれで女子大に在学中に、夫の英之と知り合い恋愛結婚をしています。

芦屋の家にやってきてからは、気難しい姑・可奈との生活に悩みながらも、幸せな毎日を送っていましたが、突然ひとり娘の千有希が光一と駆け落ちをしたことを機に状況が一変します。

丹阿弥谷津子/有沢可奈(ありさわかな)

ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子演じる有沢可奈は、英之の母です。

芦屋の豪邸で、英之、英之の妻・理佐子と三人で暮らしています。

お嬢さま学校「芦屋女学館」の経営に強い権力を持っており、英之を理事長に据えていましたが、亡くなるとその威光もなくなり、英之が理事長を解任させられる事態に。

また、嫁の理佐子にもなにかといびる姑です。

天下茶屋・新世界の人々

天下茶屋・新世界の人々は、野田家がある天下茶屋で関わるのある人物だちです。

伊原剛志/黒岩政夫(くろいわまさお)

ふたりっ子のキャスト・伊原剛志演じる黒岩政夫は、バーバー黒岩の息子です。

バーバー黒岩は、野田とうふ店の隣にある理髪店で、政夫という名前ですが、皆からはマサと呼ばれています。

小さいころからガキ大将で、勉強は香子と同じでまるっきしできませんが、人柄は誠実で、麗子に対する想いは実直なほど。

 

 

 

 

 

山本太郎さんのプロフィール

名前山本太郎(やまもとたろう)血液型A型
生年月日1974年11月24日身長175cm
星座いて座出身地兵庫県宝塚市

1974年、兵庫県出身。日本テレビの「天才たけしの『元気が出るテレビ』」の視聴者参加コーナー・ダンス甲子園に出演し、注目を浴びる。その後、独特の雰囲気を生かしてテレビ、映画、ビデオなどで活躍。主な出演作品に映画「代打教師」「7月7日、晴れ」「That’sカンニング!史上最大の作戦?ー」、テレビ「しあわせの決断」「キライじゃないぜ」「まったナシ!」「幕末高校生」「17才」「学校では教えてくれないこと!!」「さんかくはあと」「金田一少年の事件簿」「ベストフレンド」ほか、CMでも活躍中。

中村嘉葎雄/佐伯銀蔵(さえきぎんぞう)

ふたりっ子のキャスト・中村嘉葎雄演じる佐伯銀蔵は、賭け将棋を生業としている真剣師です。

母親は、高松の遊廓の遊女で、佐伯銀蔵が子どものころから遊んでいたのが将棋でした。

やがて強い相手を求めて、母と故郷を捨て、全国を放浪することになります。

その後は、通天閣の新世界将棋センターを拠点とするさすらいの将棋指しで、香子の才能を見抜きます。

佐伯銀蔵のモデル

佐伯銀蔵のモデルは、「最後の真剣師」と呼ばれたアマチュア棋士・大田学さんです。

大田学さんは、通天閣近くの将棋道場で師範をつとめており、その指導料で長年旅館暮らしをしていました。

河合美智子/オーロラ輝子(オーロラてるこ)

ふたりっ子のキャスト・河合美智子演じるオーロラ輝子は、通天閣の歌姫といわれる演歌歌手です。

通天閣にある「新世界歌謡劇場」に出演する演歌歌手で、皆からは「新世界の歌姫」と呼ばれています。

千有希と夫婦喧嘩をした際に光一が輝子の演歌を聞きにいき、すっかりファンとなります。

オーロラ輝子のモデル

オーロラ輝子のモデルは、「通天閣の歌姫」の異名をとる演歌歌手・叶麗子さんです。

通天閣の下にある通天閣囲碁将棋センターで開催される「通天閣歌謡劇場」には、叶麗子さん目当ての熱狂的なファンが詰め掛けるほどの人気ぶり。

叶麗子さん自身も「ダイナマイト玲子」の役名で朝ドラ「ふたりっ子」出演しています。

 

河島英五/谷武蔵(たにむさし)

ふたりっ子のキャスト・河島英五演じる谷武蔵は、天下茶屋商店街「たこやきビリヤード」のマスターです。

通称・玉突き占いのムサシと呼ばれて降り、ビリヤードをしながら、天下茶屋商店街で暮らす人々の運命を言い当てていきます。

特に麗子とマサの将来を占い見事的中させます。

麗子や香子たちにとっては、よき兄貴的存在でもあります。

河島英五さんのプロフィール

名前河島英五(かわしま えいご)血液型B型
生年月日1952年4月23日身長
星座おうし座出身地大阪府東大阪市

河島英五さんは、1952年生まれの大阪府出身のシンガーソングライター兼俳優さんです。

高校時代からフォークギターに魅せられて、「ホモサピエンス」を結成し、リーダーとして歌い始めます。

1975年の「何かいいことないかな」でレコードデビュ一すると、7年間のグループ活動を経てから、ソロに転身。

そして、「酒と泪と男と女」が大ヒットとなり、一躍時の人となります。

夢路いとし/梅屋音吉(うめやおときち)

ふたりっ子のキャスト・夢路いとし演じる梅屋音吉は、通天閣にある新世界将棋センターの席主です。

新世界将棋センターに小さいころから出入りしていた香子のことをよく知っており、香子の一喜一憂にそれとなく声をかけるようなやさしい人物です。

いつも少し離れたところから温かく見つめている気のいいおやじさんでもあります。

夢路いとしさんのプロフィール

 

名前夢路いとし(ゆめじ いとし)血液型
生年月日1925年3月27日身長
星座おひつじ座出身地神奈川県横浜市鶴見区

夢路いとしさんは、1925年生まれの神奈川県出身で、漫才師です。

両親は、芝居の一座を率いる芸能一家で、各地を転々とする少年時代を過ごします。

弟の喜味こいしさんとともに幼いころから舞台に立ち、朝鮮や旧満州なども回っています。

多賀勝一/金子(カネヤン)

ふたりっ子のキャスト・多賀勝一演じる金子(カネヤン)は、新世界将棋センターの常連さんです。

皆からはカネヤンと呼ばれています。

多賀勝一さんのプロフィール

名前多賀勝一(たが まさる)血液型O型
生年月日1943年7月8日身長
星座かに座出身地京都府

多賀勝一さんは、1943年生まれの京都府出身で、俳優さんです。

立命館大学卒業後に、1967年に劇団くるみ座に入団しました。

主な出演作品にテレビ「はっさい先生」「京、ふたり」「ええにょぼ」「ぴあの」「走らんか!」などに出演しています。

「走らんか!」や「ふたりっ子」では主人公たちの演技指導も務めました。

山本太郎/海東壮平(かいとうそうへい)

ふたりっ子のキャスト・山本太郎演じる海東壮平は、海東財閥の御曹司です。

麗子が通う京都大学の先輩であり、アメリカンフットボールをするスポーツマンでもあります。

麗子と出会ったのは、京都大学の入学式のときで、海東壮平の持つステイタスに麗子が惹かれます。

麗子は家柄や家族のことを隠しながら壮平に近づき、壮平は麗子に好意を寄せていきます。

将棋界の人々

将棋界の人々は、新進棋士奨励会の関係者やプロ棋士たちです。

内野聖陽/森山史郎(もりやましろう)

ふたりっ子のキャスト・内野聖陽演じる森山史郎は、プロ棋士で香子の元夫です。

将棋道楽で家族をないがしろにしていた父親を憎んでいましたが、自らも将棋にひかれて、日本将棋連盟・奨励会の会員としてプロ棋士への道をめざします。

香子と初めて会ったのは、銀蔵についていった香住でした。

銀蔵は森山史郎の父と勝負するために訪れましたが、亡くなったことを知ります。

森山史郎は父親から渡せと言われた駒袋を渡しますが、形見だから自分がもっとけと銀蔵に言われます。

しかし、森山史郎はその駒袋を投げ捨て、でていってしまうのです。

その駒袋を預かったのが香子でした。

桂枝雀/米原公紀(よねはらきみのり)

ふたりっ子のキャスト・桂枝雀演じる米原公紀は、棋界のドン・永世名人です。

はじめて香子にあったのは、香子が奨励会に入るために師匠が必要だということで手当たり次第に声をかけたときでした。

そこで、一局うつことになりますが、将棋が卑しいと中断してしまう。

「出る杭は打つ」がモットーで、その昔、佐伯銀蔵のプロ入りの話を陰で潰した男と言われるほど。

三林京子/米原桂子(よねはらけいこ)

ふたりっ子のキャスト・三林京子演じる米原桂子は、米原永世名人の妻です。

米原永世名人の弟子・森山史郎を特に可愛がっており、それは夫・公紀から嫉妬されるほど。

森山史郎の礼儀正しさや、京都大学に通う優秀な頭脳、将棋に対する姿勢などに好感を持っているのと対照的に、香子に対しては天衣無縫さが鼻につき、あまりいい顔をしません。

香子には、棋士への道を早くあきらめてくれれば、とため息交じりになることも。

國村隼/猿渡夏彦(さるわたりなつひこ)

ふたりっ子のキャスト・國村隼演じる猿渡夏彦は、新進棋士奨励会の幹事です。

将棋会館事務局を訪ねてきた香子に、試験を受けるなら師匠の推薦がいることを伝えます。

棋士にお願いしますが、すべて断られると、今度は猿渡夏彦にプロの棋士なら一局指して欲しいとお願いされ、困惑。

その後、奨励会に合格した香子を最初は軽視しますが、徐々にその実力を認めるようになります。

田口浩正/雨宮秋彦(あめみやあきひこ)

ふたりっ子のキャスト・田口浩正演じる雨宮秋彦は、奨励会員です。

四段昇段をかけて史郎と対局しましたが、あえなく敗北してしまいまいsた。

猿渡からは、よく気をかけてもらっていましたが、その後もずっと四段に上がることができません。

そんな雨宮秋彦にプロ入りを懸けた大一番がやってきました。

その一席を争った相手が香子。

雨宮秋彦は、銀蔵に教えを乞うて攻め将棋を身につけます。

反対に、香子は師匠である米原に改めて教えを乞うて守りの将棋を身につけるのです。

茂山宗彦/羽柴秀明(はしばひであき)

ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦演じる羽柴秀明は、天才的な若手棋士です。

対戦相手の手の内を読むのを得意とする天才棋士で、史郎と対局したときは、いきなり75手で負かすと宣言します。

それに動揺した史郎は77手で敗れてしまいます。

次に香子と対戦するのですが、香子の手の内が全く読めずにあっけなく敗北。

すると対局終了直後にも関わらず、突然、香子にプロポーズするも、香子からはまったく相手にされず。

岸部一徳/織田信雄(おだのぶお)

ふたりっ子のキャスト・岸部一徳演じる織田信雄は、「飛将」のタイトル保持者です。