朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧!相関図から関係が丸分かり!

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」に登場するキャストの情報をまとめています。

キャスト・出演者情報には、朝ドラ「ふたりっ子」のネタバレも含みますので、ご注意ください。

「ふたりっ子」の子役キャストを知りたい方は、「『ふたりっ子』の子役キャスト一覧」をご覧下さい。

スポンサーリンク

朝ドラ「ふたりっ子」の登場人物相関図

こちらが、朝ドラ「ふたりっ子」に登場する人物の相関図です。

 

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧です。

名前をクリックすると、キャスト情報へ移動します。

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
野田家
野田香子岩崎ひろみ

(少女期:三倉佳奈)

野田家の双子の妹
野田麗子菊池麻衣子

(少女期:三倉茉奈)

野田家の双子の姉
野田千有希手塚理美香子と麗子の母親
野田光一段田安則香子と麗子の父親
主な登場人物
黒岩政夫伊原剛志バーバー黒岩の息子
森山史郎内野聖陽

(少年期:武田克巳、伊藤譲二)

プロ棋士
海東壮平山本太郎海東財閥の御曹司
佐伯銀蔵中村嘉葎雄大田学真剣師
オーロラ輝子河合美智子叶麗子演歌歌手
有沢英之高島忠夫千有希の父
有沢理佐子香川京子千有希の母
有沢可奈丹阿弥谷津子英之の母
将棋界の人々
米原公紀桂枝雀棋界のドン・永世名人
米原桂子三林京子米原永世名人の妻
猿渡夏彦國村隼新進棋士奨励会の幹事
雨宮秋彦田口浩正奨励会員
羽柴秀明茂山宗彦天才的な若手棋士
織田信雄岸部一徳「飛将」のタイトル保持者

川村家のキャスト

川村家は、野田光一を家長に、子供2人、妻・千有希の4人家族です。

岩崎ひろみ/野田香子(のだきょうこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Honda(@hondamakotoism)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・岩崎ひろみ演じる野田香子は、野田家の双子の妹です。

1966年、男を食い殺すと言われる丙午生まれの双子の妹。女の子ながら性格は天衣無縫で織田信長の幼少期のごとく“うつけ者”と呼ばれるほどの暴れ者。通天閣の傍らの豆腐店で生まれ育ち、大阪の町をこよなく愛している。マドンナで優等生の姉・麗子とは対照的に、学歴社会では落ちこぼれ。親や学校からは、常に姉と比較され、問題児扱いされる中で、唯一見出した楽しみが将棋だった。勝負に対する集中力と天性の記憶力で、メキメキ頭角を現すが、ある日、将棋界のプロ養成機関である「奨励会」の天才棋士・森山史郎に完膚なきまでに敗北する。この運命の出会いをきっかけに、プロ棋士を目指して男女を超えた勝負の世界に身を投じていく。人生最大のライバルで、最良の理解者である姉との葛藤、初めて男性を意識した森山との恋愛などさまざまな壁が待ち構えている、過酷で孤独な勝負の世界。その中でも香子は世間の価値観にとらわれず、自分を信じ、個性を失わずに、伸びやかに生きていく。

 

光一・千有希夫妻の双子の妹。
姉と違っておてんばで男勝りで、学校では劣等生の問題児。
だが、飾り気のない率直な性格とド根性の持ち主。
佐伯銀蔵と出会い、将棋の魅力に取りつかれ、新たな人生が開ける。

 

麗子の双子の妹。 姉と違っておてんばで男勝り、学校では劣 等生の問題児だが、飾り気のない率直な性格 とド根性の持ち主。
佐伯銀蔵と出会い、将棋の魅力に取りつか れる。米原公紀に弟子入りし、日本将棋連 盟・奨励会の会員となり、日本で初めてのプロの女性棋士をめざす。
ライバルであり、兄弟子でもある山大食 にほのかな恋心を抱く。

 

麗子の双子の妹。
姉と違っておてんばで男勝り、学校では劣等生で高校も中退したが、 飾り気のない素直な性格とド根性の持ち主。
佐伯銀蔵と出会って将棋の魅力に取りつかれ、米原公紀に弟子入り、日本で初めてのプロの女性棋士となる。
ライバルであり、兄弟子でもある森山史郎に、切瑳琢磨してもっと強い棋士になろうと プロポーズされ、20歳で結婚。
結婚式は期せずして麗子たちと合同に。

 

 

 

 

 

岩崎ひろみさんのプロフィール

名前岩崎ひろみ(いわさきひろみ)血液型A型
生年月日1976年11月23日身長163cm
星座いて座出身地千葉県八千代市

1976年、千葉県出身。3歳の時、劇団若草に入団。81年、帝国劇場でデビュー、以後商業演劇を中心に、着実に芸歴を積み上げていく。88年、映画「木村家の人々」で名子役ぶりを発揮して、知る人ぞ知る存在となり、ミュージカル「アニー」では主役を務めた。主な出演作品に舞台「放浪記」「ピーターパン」「ジョージの恋人」「ジプシー」「野田秀樹の真夏の夜の夢」、映画「夜叉」「木村家の人々」「ジュリエットゲーム」「千羽鶴」「青空に一番近い場所」、テレビ「特捜最前線」「デパート!秋物語」「飛べないオトメの授業中」「静かなるドン」ほか。NHK大阪には縁があり、「ちりめんじゃこの詩」、95年の連続テレビ小説「走らんか!」に次いで3度目。抜群の音感で、大阪弁は特技のひとつ。キャリアに裏付けられた表現力と持ち前の明るさ、愛嬌、瞬発力を持つ。

菊池麻衣子/野田麗子(のだれいこ)

ふたりっ子のキャスト・菊池麻衣子演じる野田麗子は、野田家の双子の姉です。

光一と千有希夫妻の双子の姉。
小さいときから成績優秀、小学校の学級委員も務める「いい子」だが、 小さな幸せに飽きたらず、もっと広く豊かな世界に憧れ、京都大学を受験する。

 

大阪のシンボル通天閣を望む街・天下茶屋 のとうふ屋に、双子の姉として生まれる。
小さいときから成績優秀、小学校の学級委 員も務める「いい子」だが、小さな幸せに飽 きたらず、もっと広く豊かな世界に憧れる。
京都大学に入学、知りあった海東壮平のス テイタスにひかれ、接近するが、いつしか心 から愛するようになる。しかし、虚飾に満ち た生き方を否定され、手ひどくフラレる。

 

大阪のシンボル通天閣を望む街・天下茶屋 のとうふ屋に、双子の姉として生まれる。
成績も良い「いい子」だったが、小さな幸 せに満足せず、より広く豊かな世界に憧れる。
京都大学に入学、知りあった海東壮平のステイタスにひかれ接近するが、いつしか心から愛するようになる。しかし、虚飾に満ちた 生き方を否定され、手ひどくふられる。
その後、一時は森山史郎にもひかれるが、 マサの愛の大きさに気づいて結婚する。
父の出奔後、死に物狂いで努力、『野田とうふ店』を現代的な企業として再生させる。

 

 

 

 

菊池麻衣子さんのプロフィール

名前菊池麻衣子(きくちまいこ)血液型O型
生年月日1974年7月19日身長160cm
星座かに座出身地東京都板橋区

手塚理美/野田千有希(のだちあき)

 

この投稿をInstagramで見る

 

手塚理美(@tezuka_satomi)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・手塚理美演じる野田千有希は、香子と麗子の母親です。

麗子、香子の母親。有名なお嬢さま学校の経営者のひとり娘として、芦屋の大邸宅で何不自由なく暮らしていたが、光一と電撃的な恋に落ち、実家と縁を切る形で新しい世界に転がり込む。持ち前の負けん気で、ほどなく近所の奥さんもあきれるほどの勇ましい“母ちゃん”に変身する。その決断力と実行力は、しっかりとふたりの娘に受け継がれ、豆腐屋の女房に納まっていたはずが、彼女たちの行動に振り回される形で、再び人生の歯車が動きだす。

 

有沢家の「お嬢さん」として生まれたが、 光一と出会い、親の反対を押し切って20歳で駆け落ち結婚、 今ではすっかりとうふ屋のおかみさんになりきり、娘二人を育てている。

 

 

有沢家の「お嬢さん」として生まれたが、 光一と出会い、親の反対を押し切って、20歳 で駆け落ち結婚、今ではすっかりとうふ屋の おかみさんになりきり、娘二人を育てている。

 

有沢家の令嬢として生まれたが、光一と出会い、20歳で駆け落ち、貧しいながらも幸せ な結婚生活を送ってきた。 光一の出奔後、やむなく一時閉店した野田とうふ店を麗子と再建した。

 

 

 

手塚理美さんのプロフィール

名前手塚理美(てづかさとみ)血液型
生年月日1961年6月7日身長161 cm
星座ふたご座出身地東京都大田区

東京都出身。7歳くらいからモデルをはじめ、13歳の時、ユニチカマスコットガールに選ばれ、一躍グラビアクイーンとして注目を集める。女優デビューは1981年の「娘が家出した夏」(TBS)。これを機に、本格的に女優を志し、連続テレビ小説「ハイカラさん」のオーディションに応募してみごとヒロインに合格。83年、話題作「ふぞろいの林檎たち」で確固たる地位を築く。主な出演作品に映画「ジュリエットゲーム」、テレビ「男女7人秋物語」ほか。また忙しい主婦業をこなしながら96年のTBS日曜劇場「その気になるまで」の出演で話題となる。連続テレビ小説は「凛々と」以来6年ぶり。私生活では2児の母である。

段田安則/野田光一(のだこういち)

ふたりっ子のキャスト・段田安則演じる野田光一は、香子と麗子の父親です。

麗子、香子の父親。豆とにがりにこだわり、豆腐の味と自分の仕事に誇りを持つ典型的な職人。事業拡大の意欲はあまりなく、商店街をこよなく愛しており、落ちこぼれ・香子の最大の理解者である。芦屋の令嬢だった妻・千有希とは、すったもんだの末、結ばれたのだが、娘が成長するに従い、その育った環境の違いが微妙な溝を生じさせ、やがて失踪事件へと発展していく。また新世界の歌姫であるオーロラ輝子との微妙な関係も家族をやきもきさせる。熱狂的な阪神ファンで、座右の銘は「豆魂」。

 

大阪・天下茶屋で夫婦二人で味自慢のとうふ屋『野田とうふ店』を営む。
中学卒業後、とうふ一筋の堅い男。もちろん阪神ファン。

 

麗子、香子の父。 手作りにこだわる『野田とうふ店』主人。 豆魂』を座右の銘とする実直な職人で、中 学卒業後、とうふ一筋の堅い男だが、オーロ ラ輝子をひいきにしている。阪神ファン。

 

麗子、香子の父。豆魂を座右の銘として手作りとうふに腕をふるった、かつての野田 とうふ店主人。中学卒業後とうふ一筋という 堅い男だったが、麗子との相剋などで自分の 来し方に疑問を持ち、オーロラ輝子と駆け落ちし、五年半も蒸発していた。

 

 

 

 

段田安則さんのプロフィール

名前段田安則(だんたやすのり)血液型A型
生年月日1957年1月24日身長170cm
星座みずがめ座出身地京都府京都市東山区山科

1957年、京都府出身。大学卒業の年に役者を志して上京。青年座研究所(第5期)を経て、81年に団「夢の遊眠社」のオーディションを受け入団。以後、2年の解散で劇団公演の主役を務める。独特の風貌から、テレビドラマでは最初、パソコンおたくや犯罪者といった役柄が多かったが、次第に確かな演技力が認められて、民放ドラマのレギュラーとして人気を呼ぶ。主な出演作品に「スウィートホーム」「長男の嫁」「私の運命」「並木家の人々」「正義は勝つ」「冠婚葬祭部長」「君と出違ってから」など。NHKでは「系列」、大河ドラマ「翔ぶが如く」「秀吉」のほか、連続テレビ小説は「ぴあの」以来2年ぶりの出演となる。

主な登場人物

主な登場人物は、主に朝ドラ「ふたりっ子」で重要な人物です。

伊原剛志/黒岩政夫(くろいわまさお)

ふたりっ子のキャスト・伊原剛志演じる黒岩政夫は、バーバー黒岩の息子です。

野田とうふ店の隣にある理髪店「バーバー黒岩」のひとり息子。通称・マサ。小さいころからガキ大将で、勉強はできないが、人柄は意外に誠実で、嫁不足に悩む天下茶屋商店街“独身軍団”の“隊長”である。ヒロインの麗子には、幼稚園のころから不思議に色気を感じていて「麗ちゃんを嫁にする」が口癖。上昇志向の麗子に“アッシー”のように使われても、麗子が恋人を作っても、ひたすら変わらぬ愛を捧げ、報われない毎日を送っている。しかしある日突然に、その状況が変わる。

 

野田とうふ店の並びの『バーバー黒岩』の、 良夫、伸代夫婦のドラ息子。
近所の『たこやきビリヤードで玉突き占いをする谷武蔵こと通称ムサシはマサの先輩。

 

麗子のファンで、彼女のためなら、たとえ 火の中水の中というほど、あがめている。

 

青春時代からの念願かなって麗子と結婚、 新生・野田とうふの工場長兼専務となる。

 

 

 

 

伊原剛志さんのプロフィール

名前伊原剛志(いはらつよし)血液型O型
生年月日1963年11月6日身長184cm
星座さそり座出身地福岡県北九州市

1963年、大阪府出身。役者を志して上京。デビューは83年、舞台「真夜中のパーティー」。舞台を中心に活躍中、歌舞伎の坂東玉三郎氏に見出されるなど、次第にテレビ、映画と活動の場を拡げ、二枚目の若手演技派として実力を蓄える。主な出演作品に舞台「ロミオとジュリエット」「香港ラプソディ」「ダァ!ダア!ダァ!」「虎一野田秀樹の国性爺合戦」、映画「バカヤロー・食べてどこがいけないの」「病院へ行こう」「仁義」「ガメラ」「四姉妹物語」、テレビ「もう涙は見せない」「17才」「オンリー・ユー愛されて」ほかCMでも活躍中。

内野聖陽/森山史郎(もりやましろう)

ふたりっ子のキャスト・内野聖陽演じる森山史郎は、プロ棋士で香子の元夫です。

 

将棋道楽で家族をないがしろにした父親を憎んでいたが、自らも将棋にひかれ、日本将棋連盟・奨励会の会員としてプロ棋士への道をめざす。
大学院進学を勧められるほど成績優秀な京大生でもある。
永世名人・米原公紀(50歳・桂枝雀)の弟子。

 

将棋道楽で家族をないがしろにした父親を憎んでいたが、自らも将棋にひかれ、米原門下となる。
香子の先輩で、奨励会会員。
天文学を専攻、大学院進学を勧められるほど優秀な京大生でもある。
海東壮平は学友。
母に捨てられ、女性に不信感を持っている。 日本海に面した兵庫県の漁港・香住生まれ。

 

優秀な京大生でもあったが、プロ棋士の道を選び、今では八段に昇進。
香子と結婚。海東壮平は学友。

 

 

 

 

 

 

内野聖陽さんのプロフィール

名前内野聖陽(うちのせいよう)血液型AB型
生年月日1968年9月16日身長177cm
星座おとめ座出身地神奈川県横浜市

山本太郎/海東壮平(かいとうそうへい)

ふたりっ子のキャスト・山本太郎演じる海東壮平は、海東財閥の御曹司です。

麗子の通う京都大学の先輩で海東財閥の御曹司。京都大学の入学式で、ふとしたことから麗子と出会いステイタスを望む麗子の目に止まる。麗子は自らの家柄や家族のことを隠しながら壮平に近づいていく。優秀な成績、家柄、アメリカンフットボールを続けるスポーツマンと女子学生の人気のまとだが、麗子と交際を続けるうちに、その魅力に引かれ、結婚をほのめかすまでにのめり込む。また香子のライバルでもあり、初恋の人・森山史郎の学友でもある。

 

関西一の財閥・海東財閥の本家・海東家の長男。
京都大学のアメフトチーム『ギャングスターズ』の中軸選手。
自分の立場を鼻にかけることもない、気さくで純情な好青年。

 

関西一の財閥・海東財閥の本家・海東家の長男。自分の立場を鼻にかけることもない、気さくで純情な好青年。京大生。
大学で麗子と知りあい、恋におちるが……。

 

海東財閥の本家・海東家の長男。京大在学中、麗子と恋におちるが、出自を隠す麗子に 幻滅、未練を持ちながらも別れる。 海東グループのホテルの常務となったが、ある日、麗子と再会する。

 

 

 

 

 

 

山本太郎さんのプロフィール

名前山本太郎(やまもとたろう)血液型A型
生年月日1974年11月24日身長175cm
星座いて座出身地兵庫県宝塚市

1974年、兵庫県出身。日本テレビの「天才たけしの『元気が出るテレビ』」の視聴者参加コーナー・ダンス甲子園に出演し、注目を浴びる。その後、独特の雰囲気を生かしてテレビ、映画、ビデオなどで活躍。主な出演作品に映画「代打教師」「7月7日、晴れ」「That’sカンニング!史上最大の作戦?ー」、テレビ「しあわせの決断」「キライじゃないぜ」「まったナシ!」「幕末高校生」「17才」「学校では教えてくれないこと!!」「さんかくはあと」「金田一少年の事件簿」「ベストフレンド」ほか、CMでも活躍中。

中村嘉葎雄/佐伯銀蔵(さえきぎんぞう)

ふたりっ子のキャスト・中村嘉葎雄演じる佐伯銀蔵は、賭け将棋を生業としている真剣師です。

高松の遊廓の遊女が生んだ私生児で、子どものころから唯一の遊びが将棋。やがて強い相手を求めて、母と故郷を捨て、全国を放浪する。全盛期は1日何百万円と動く勝負の世界に身を置き、永世名人で香子が弟子入りする棋士の米原にはプロアマ戦での勝負に快勝した因縁を持つ。賭け将棋熱の去った今では、通天閣の下にある将棋センターがホームグラウンドだ。世間の価値観に寄り添えない香子に、どこか共感を覚え、最初に香子に将棋を教えた人物として、彼女の成長を見守っていく。

 

通天閣の新世界将棋センターを拠点とするさすらいの将棋指し。
坂田三吉の再来といわれ、香子の才能を見抜く。

 

通天閣の新世界将棋センターを拠点とする老齢の将棋指し。坂田三吉の再来といわれ、 香子の天賦の才能を見抜き、かつてライバルだった米原に香子を託す。
将棋界のアウトサイダーで、賭け将棋で生 計を立てる真剣師。

 

 

 

 

佐伯銀蔵のモデル

佐伯銀蔵のモデルは、「最後の真剣師」と呼ばれたアマチュア棋士です。

中村嘉葎雄さんのプロフィール

名前中村嘉葎雄(なかむらかつお)血液型B型
生年月日1938年4月23日身長
星座おうし座出身地東京市赤坂区南青山

1938年、東京都出身。歌舞伎界の名門、3代目中村時蔵の5男。5歳の時、歌舞伎座の「取替べい」で初舞台を踏む。兄・萬屋錦之介に続いて55年、高校2年生の時に映画界に転じ、中村賀津雄の芸名で「振袖剣法」で松竹からデビュー。57年、東映に入社し、現代劇を中心に活躍する。63年、東映を退社後はフリーとして活躍。東宝現代劇「筑前竹人形」の喜助役が話題となり、以後は舞台での活動にも力を入れる。76年に中村嘉葎雄と改める。主な出演作品に「異母兄弟」「湖の琴」「天平の蔑」「陽炎座」「ラブレター」ほか。81年には「ブリキの勲章」などで日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。

河合美智子/オーロラ輝子(オーロラてるこ)

ふたりっ子のキャスト・河合美智子演じるオーロラ輝子は、通天閣の歌姫といわれる演歌歌手です。

通天閣のもと、“新世界歌謡劇場、に出演する演歌歌手。通称・新世界の歌姫。光一、独身軍団のアイドル的存在。夫婦喧嘩をした麗子、香子の父・野田光一が輝子の演歌を聞き、すっかりファンとなってから、その手土産に持参する光一の厚揚げに輝子も光一に好意を持つ。実家に帰った千有希の留守に野田家に上がり込み、泥酔して泊まってしまったことが、野田家のもめごとのひとつとなってしまう。

 

新世界歌謡劇場にどさまわりに来る演歌歌手。野田とうふ店にも出入りする。

 

どさまわりの孤独に疲れ、光一と駆け落ち、旅枕をともにしていた。しかし、 歌に賭けるため突然光一を捨てる。

 

 

 

 

 

オーロラ輝子のモデル

オーロラ輝子のモデルは、「通天閣の歌姫」の異名をとる演歌歌手です。

 

河合美智子さんのプロフィール

名前河合美智子(かわいみちこ)血液型B型
生年月日1968年6月13日身長162cm
星座ふたご座出身地神奈川県平塚市

1968年、神奈川県出身。83年、相米慎二監督の映画「シコンベンライダー」で主役に抜てきされデビュー。主な出演作品に映画「野蛮人のように」「めぞん一刻」「恋人たちの時刻」、テレビ「ハーフポテトな俺たち」「時間ですよふたたび」「あきれた刑事」「抱きしめたい!」「君だけに愛を」「家族A」、NHKでは「コラ!なんばしよっと皿」、ドラマ新銀河「湯の町行進曲」、連続テレビ小説「君の名は」など。また、ラジオドラマ、声優をはじめ舞台やCMでも幅広く活躍中。

高島忠夫/有沢英之(ありさわひでゆき)

ふたりっ子のキャスト・高島忠夫演じる有沢英之は、千有希の父です。
関西では有名な、お嬢さま学校「芦屋女学館」の経営者兼理事長。教育者としての地位も名誉もあるが、家ではワンマンなタイプ。しかも、ひとり娘の千有希が豆腐屋を営む光一と駆け落ちして以来、ますます家庭を顧みなくなり、夫婦の関係は冷えきってしまう。そんな中で思いもよらない理事長の解任、姑の死をきっかけに、妻の復讐宣言など、こじれた夫婦関係はステイタスにあこがれる麗子の行動に翻弄されながら、新たな展開を見せていく。

芦屋の豪邸に住む、名門・芦屋女学館の理事長。
娘を光一に奪われ、以来、とうふを口にしない。

 

 

千有希の父。芦屋の豪邸に住む。
名門・芦屋女学館の理事長だったが解任される。
ワンマンで、家庭も顧みない夫だったが、ストレスを溜めていた妻・理佐子の反逆も受け、心を入れ替える。
かつては娘の結婚にも大反対したが、和解。

 

 

 

 

高島忠夫さんのプロフィール

名前高島忠夫(たかしまただお)血液型O型
生年月日1930年7月27日身長181cm
星座しし座出身地兵庫県武庫郡

1930年、兵庫県出身。音楽の才能に恵まれ、学生時代はジャズに熱中、日本ジャズミュージシャンの草分け的存在だったが、エンターテイナーを志して、51年に新東宝の第1期二ューフェースに合格する。長身、甘いマスクと声、明るく上品な坊ちゃんタイプという個性が、青春コメディー路線と合って、雪村いずみと共演した一連のジャズ映画や「坊ちゃん」シリーズなどでスター街道を歩む。主な出演作品に映画「恋の応援団長」「青春ジャズ娘」「悲しい色やねん」「新・極道の妻たち惚れたら地獄」「女ざかり」、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」「南太平洋」、テレビ「細うで繁盛記」ほか。とても多芸で、料理番組「ごちそうさま」の司会や「ゴールデン洋画劇場」の解説など長寿番組でも活躍中。私生活では妻の女優・寿美花代、息子の高嶋政宏、政伸と円満な芸能一家であるが、役柄では壊れかけた夫婦を演ずるところに注目される。

香川京子/有沢理佐子(ありさわりさこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤憲一(@enken.enstower)がシェアした投稿

ふたりっ子のキャスト・香川京子演じる有沢理佐子は、千有希の母です。
東京生まれで女子大に在学中、英之と知り合い恋愛結婚。気難しい姑と、慣れぬ関西暮らしに悩みながらも、幸せな毎日を送っていたが、ひとり娘の駆け落ちを機に状況が一変する。夫婦関係は冷え、姑のわがままと英之の女遊びにもひたすら耐えて仕えてきたが、その積もり積もったガマンが、ある日、英之への“復讐宣言”となって、夫とふたりになると感情の抑えがきかなくなり、家庭内で暴力を振るい始める。家庭を守る典型的な古い女のタイプだが、麗子の同居、夫・英之の家出などを経て、やがて老後の自立に目覚めていく。

英之の妻。
ワンマンで家庭も顧みない夫との生活でストレスを溜めてゆく。

 

 

香川京子さんのプロフィール

名前香川京子(かがわきょうこ)血液型
生年月日1931年12月5日身長162cm
星座いて座出身地茨城県行方郡麻生町

幼いころは芦屋市に住んでいたが、小学校入学のころから東京暮らし。高校卒業後、1949年、東京新聞社主催のニューフェースノミネーションに応募して、新東宝に入社する。50年に「窓から飛び出せ」でデビュー後は、持ち前の清潔感漂う美貌とみずみずしい素朴さで早くから注目され、成瀬巳喜男「おかあさん」「環雨」「杏っ子」、今井正「ひめゆりの塔」、小津安二郎「東京物語」、溝口健二「近松物語」、黒澤明「どん底」など日本映画界のそうそうたる監督の代表作に出演し、日本映画の黄金期を支えた女優のひとりである。90年の「式部物語」でキネマ旬報助演女優賞、94年「まあだだよ」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。最近作は「深い河」。NHKでは「鳥帰る」「藏」に出演。

丹阿弥谷津子/有沢可奈(ありさわかな)

ふたりっ子のキャスト・丹阿弥谷津子演じる有沢可奈は、英之の母です。

千有希の祖母。英之の母。千有希の父母とともに芦屋で暮らしている。

丹阿弥谷津子さんのプロフィール

名前丹阿弥谷津子(たんあみやつこ)血液型O型
生年月日1924年6月25日身長157cm
星座かに座出身地東京市本所区両国

1924年、東京都出身。日本画家・丹阿弥岩吉の長女。文化学院を経て、文学座に所属し、「富島松五郎伝」で初舞台、戦後「桜の園」で注目を浴びる。その後、新演劇人クラブ「マールイ」を主宰。おもな出演作品に映画「植村直巳物語」「D機関情報」「釣りバカ日誌」「塀の中の懲りない面々」「小さな家族」、舞台「王子と踊り子」「マイ・フェア・レディ」「滝の白糸」「生きて行く私」「花影の花」「スカーレット」「口から耳へ・耳から口へ」「七人みさき」、テレビ「池中玄太80キロ」「ヒデとロザンナ物語『愛の奇跡』」、NHKでは「愛されてますかお父さん」「不熟につき・・・」連続テレビ小説「ええにょぼ」などがある。

将棋界の人々

将棋界の人々は、新進棋士奨励会の関係者やプロ棋士たちです。

桂枝雀/米原公紀(よねはらきみのり)

ふたりっ子のキャスト・桂枝雀演じる米原公紀は、棋界のドン・永世名人です。

香子の将棋の師匠。名人位を通算5期獲得して「永世名人」の称号を持つ関西将棋界の大御所。「出る杭は打つ」がモットーで、その昔プロ・キラーで有名だった真剣師・佐伯銀蔵のプロ入りの話を陰で潰した男と言われている。初めは、香子の下品な棋風を嫌って実力と将来性をまったく認めず、いじめ役的存在で登場するが、それが逆に香子を鍛えることになり、最後には、史上初の女性プロ棋士の誕生を祝福するに至る。森山史郎の師匠でもある。

 

 

永世名人。将棋界の大御所。史郎らの師。
妻・桂子同様、香子には、さほど期待をかけていなかったが……。

 

 

 

桂枝雀さんのプロフィール

名前桂枝雀(かつらしじゃく)血液型
生年月日1939年8月13日身長
星座しし座出身地兵庫県神戸市灘区中郷町

1939年、兵庫県出身。高校時代からテレビの素人演芸会に出て、審査員の桂米朝を知り師事。61年に弟子入りを果たす。73年に2代目桂枝雀を襲名。独特の言い回し、表情、ジェスチャーで新境地を開き、上方落語界のリーダー的存在。得意な演目として「宿がえ」「代書屋」「くやみ」などがある。また趣味の英語を生かし「英語落語」という新ジャンルを開拓、海外公演も行う。オリジナルの英語落語は88年から英語の教科書に掲載された。テレビドラマは脚本家・早坂暁氏に請われて「晩は寒かった」に初出演。「なにわの源蔵事件帳」での源蔵親方の演技が評判になる。その後、NHK大阪を中心に、連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」ドラマ新銀河「この指とまれ!!」などで活躍。93年より相愛大学人文学部日本文化学科講師も務める。82年、芸術選奨文部大臣新人賞、87年、第16回上方お笑い大賞を受賞。

三林京子/米原桂子(よねはらけいこ)

ふたりっ子のキャスト・三林京子演じる米原桂子は、米原永世名人の妻です。

香子の将棋の師匠の米原公紀の妻。弟子の森山史郎の礼儀正しさ、京都大学に通う優秀な頭脳、将棋に対する姿勢などすべてを好み、夫・公紀から嫉妬されるほど史郎をかわいがる。妹弟子となる香子の天衣無縫さが鼻につき、あまりいい顔はしない。香子には、棋士への道を早くあきらめてくれれば、とため息交じりである。

三林京子さんのプロフィール

名前三林京子(みつばやしきょうこ)血液型A型
生年月日1951年7月17日身長162 cm
星座かに座出身地大阪市住吉区

1951年、大阪府出身。65年、NHK大阪児童演劇団を卒業後、70年に芸術座「女坂」で初舞台を踏む。75年、大河ドラマ「元禄太平記」のおとき役でテレビデビューを果たす。同年ゴールデンアロー新人賞、日本映画・テレビ制作者協会賞受賞。三林京子の芸名は、故菊田一夫氏が名付け親。日本舞踊、長唄、清元、三味線、義太夫、鳴物、琴のほかフラメンコの特技を持つ。95年は木村光一演出の「阿口外伝」、「藪原検校」は、香港、アメリカ、イギリスで公演された。主な出演作品に「鳴門秘帖」「いちばん太鼓」「女系家族」「ぴあの」「八代将軍吉宗」ほか。92年に、高齢者の生涯学習を目的とした「大阪いちよう大学」の初代学長に就任。父・故桐竹勘十郎は重要無形文化財保持者であり、弟の吉田策太郎も文楽人形遣い。夫役の桂枝雀とは95年に、枝雀落語芝居「変身」、96年に枝雀英語落語芝居「女相撲・ハワイ大巡業」で共演したばかり。

國村隼/猿渡夏彦(さるわたりなつひこ)

ふたりっ子のキャスト・國村隼演じる猿渡夏彦は、新進棋士奨励会の幹事です。

國村隼さんのプロフィール

名前國村隼(くにむらじゅん)血液型A
生年月日1955年11月16日身長170cm
星座さそり座出身地大阪府大阪市

田口浩正/雨宮秋彦(あめみやあきひこ)

ふたりっ子のキャスト・田口浩正演じる雨宮秋彦は、奨励会員です。

田口浩正さんのプロフィール

名前田口浩正(たぐちひろまさ)血液型O型
生年月日1967年10月8日身長180cm
星座てんびん座出身地福岡県福岡市

茂山宗彦/羽柴秀明(はしばひであき)

ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦演じる羽柴秀明は、天才的な若手棋士です。

茂山宗彦さんのプロフィール

名前茂山宗彦(しげやまもとひこ)血液型
生年月日1975年6月4日身長
星座ふたご座出身地京都府京都市

岸部一徳/織田信雄(おだのぶお)

ふたりっ子のキャスト・岸部一徳演じる織田信雄は、「飛将」のタイトル保持者です。

岸部一徳さんのプロフィール

名前岸部一徳(きしべいっとく)血液型A型
生年月日1947年1月9日身長181 cm
星座やぎ座出身地京都府京都市