ふたりっ子第147話のネタバレあらすじ!当てにするな

こちらでは、朝ドラ「ふたりっ子」25週目第147話のあらすじのネタバレや、ふたりっ子と原作の比較、感想をまとめています。

ふたりっ子の第146話「祝いとうふ」では、香子が史郎の部屋の前に祝いとうふを持っていくストーリーでした。

ふたりっ子の第147話「当てにするな」では、対局を控える香子が銀蔵からもう当てにするなと言われるストーリーとなっています。

朝ドラ『ふたりっ子』
1997年4月2日(水)放送

ふたりっ子の最終回までのあらすじ≫

朝ドラ「ふたりっ子」を見逃した方は、「ふたりっ子(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ふたりっ子』第147話のネタバレあらすじ

ここからは、4月2日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第147話のあらすじをまとめたネタバレです。

飛竜戦を戦う数日前、二人は米原に呼び出される。
米原公紀(桂枝雀)邸にいくと、二人にいよいよですねと声をかけ、香子には羽織袴をプレゼントした。
森山史郎(内野聖陽)が初タイトル挑戦のときにも同じように羽織袴をプレゼントしており、思いの限り戦いなさいと言葉をかけた。
そして、ついに飛竜戦の戦いが始まった。
香子と史郎は飛竜戦のタイトルを争って、三勝三敗のタイで並ぶ。
そして、明後日の最終局で、どちらか勝ったほうの勝利となる。
この日は、久しぶりに将棋センターへ向かった野田香子(岩崎ひろみ)
銀蔵に会って一局打とうと思っていたのだが、銀蔵に断られる。
そして、もうおれを当てにするなと言い残して、佐伯銀蔵(中村嘉葎雄)は、香子の前から去っていった。

 

ここまでが、4月2日に放送された朝ドラ「ふたりっ子」第147話のあらすじのネタバレです。

ふたりっ子第148話のあらすじを知りたい方は、第148話『城崎温泉』へ読み進めてください。

朝ドラ「ふたりっ子」第147話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」第147話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

ふたりっ子147話の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「ふたりっ子」第25週目第147話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。