『ふたりっ子』羽柴秀明役は茂山宗彦!名門「茂山千五郎家」の末裔!?

NHK朝ドラ「ふたりっ子」で、羽柴秀明役を演じるのは、茂山宗彦さんです。

こちらでは、ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦さんに関する情報をまとめています。

  • 茂山宗彦さんが演じる羽柴秀明の役柄
  • 羽柴秀明のモデル
  • 茂山宗彦さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

茂山宗彦演じる羽柴秀明の役柄は?

ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦演じる羽柴秀明は、天才的な若手棋士です。

対戦相手の手の内を読むのを得意とする天才棋士で、史郎と対局したときは、いきなり75手で負かすと宣言します。

それに動揺した史郎は77手で敗れてしまいます。

次に香子と対戦するのですが、香子の手の内が全く読めずにあっけなく敗北。

すると対局終了直後にも関わらず、突然、香子にプロポーズするも、香子からはまったく相手にされず。

「竜将」のタイトル挑戦者決定戦で再度史郎と対局することになり、このときは、75手で負かしたら引退してくださいと挑発し、その挑発に史郎がのってしまいます。

しかし、75手どころか負けてしまい、自分の計算通りにならないこともあると悟った羽柴秀明は、18歳という若さで引退してしまいます。

羽柴秀明のモデルは?

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト・茂山宗彦さん演じる羽柴秀明のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「ふたりっ子」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

茂山宗彦さんのプロフィール

こちらでは、ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦さんのプロフィールを紹介します。

名前茂山宗彦(しげやま もとひこ)血液型
生年月日1975年6月4日身長
星座ふたご座出身地京都府京都市

羽柴秀明役を演じる茂山宗彦さんは、1975年6月4日生まれの京都府出身で、1975年に大蔵流狂言師茂山七五三の長男として生まれた茂山千五郎家の末裔です。

茂山千五郎家は、江戸時代初期から京都在住の狂言師の家として活躍しており、史実によると、1687年5代目の徳兵衛が姫路藩の本田忠国のお抱えとなったことが記録されています。

その後、明治維新期に、10代目正重が「お豆腐狂言」という『いつの世も、どなたからも愛される、飽きの来ない、そして深い味わい』の豆腐のような狂言を確立し、現在の14代目茂山千五郎を中心に宗彦氏も活躍しており、400年続く狂言の文化を現代に伝承しています。

狂言師としての実績を積む中、狂言師以外にも、ドラマ「京都発・ぼくの旅立ち」やミュージカル「アンネの日記」などでも活躍し、本を執筆するなど、数多くのメディアで活躍されています。

日本能楽

2012年には文化庁から、平成24年度文化庁文化交流使に指名され、2017年には日本能楽会会員となり、日本の伝統芸能を、世界に広げていく役割が期待されています。

中村獅童など、歌舞伎役者がテレビで俳優として活躍する中、狂言師も日本を代表する文化の担い手であり、俳優としても今後活躍が期待される人物です。

色々な場面で目にする機会が増えれば、狂言の世界もより国民に身近なものとなると言えそうですね。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「ふたりっ子」が放送された1996年当時の茂山宗彦さんの年齢は、21才です。あれから25年経っていますので、茂山宗彦さんの現在の年齢は、46才(2021年現在)になります。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、ふたりっ子のキャスト・茂山宗彦さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「ふたりっ子」羽柴秀明
朝ドラ「ちりとてちん」徒然亭小草若
朝ドラ「おちょやん」初代天海天海
活動写真の女
終のすみか
舞台
アンネの日記
ザ・近松
CM・広告
パテックス フェルビナク35

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト一覧です。

「ふたりっ子」の子役キャストを知りたい方は、「朝ドラ『ふたりっ子』に出演する子役キャストを男の子と女の子に分けて紹介」ですべての子役キャストをまとめています。

朝ドラ「ふたりっ子」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
野田家
野田香子岩崎ひろみ

(少女期:三倉佳奈

野田家の双子の妹
野田麗子菊池麻衣子

(少女期:三倉茉奈

野田家の双子の姉
野田千有希手塚理美香子と麗子の母親
野田光一段田安則香子と麗子の父親
有沢家
有沢英之高島忠夫千有希の父
有沢理佐子香川京子千有希の母
有沢可奈丹阿弥谷津子英之の母
天下茶屋・新世界の人々
黒岩政夫伊原剛志バーバー黒岩の息子
佐伯銀蔵中村嘉葎雄大田学真剣師
オーロラ輝子河合美智子叶麗子演歌歌手
谷武蔵河島英五たこやきビリヤードのマスター
梅屋音吉夢路いとし通天閣将棋センターの席主
金子(カネヤン)多賀勝一新世界将棋センターの常連さん
海東壮平山本太郎海東財閥の御曹司
将棋界の人々
森山史郎内野聖陽

(少年期:武田克巳、伊藤譲二)

プロ棋士
米原公紀桂枝雀棋界のドン・永世名人
米原桂子三林京子米原永世名人の妻
猿渡夏彦國村隼新進棋士奨励会の幹事
雨宮秋彦田口浩正奨励会員
羽柴秀明茂山宗彦天才的な若手棋士
織田信雄岸部一徳「飛将」のタイトル保持者