本日も晴天なり第64話のネタバレあらすじ!死産

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」11週目第64話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

本日も晴天なりの第63話「元子転ぶ」では、元子が転び急いで病院へ連れていくストーリーでした。

本日も晴天なりの第64話「死産」では、おなかの赤ちゃんが死産になってしまうストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年12月17日(木)放送
第11週『』

本日も晴天なりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第64話のネタバレあらすじ

ここからは、12月17日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第64話のあらすじをまとめたネタバレです。

死産となってしまった元子(原日出子)を、恭子(小島りべか)と悦子(渡辺佐和子)が見舞いに来るが、ショックが大きいためトシ江(宮本信子)が断る。病室にいる正道(鹿賀丈史)に電話が来て、草加(冷泉公裕)が戻ってきたという。元子は気丈に正道を会社に行かせてやる。草加は少しでも自分が役に立つところを見せようと、ブローカーの詐欺にあって金を巻き上げられていた、と言うのだった。正道は金策の窮地に立たされる…。
ここまでが、12月17日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第64話のあらすじのネタバレです。

第65話のあらすじを知りたい方は、本日も晴天なり第65話『ピンチヒッター』ネタバレへ読み進めてください。

本日も晴天なり第64話の感想

こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第64話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

おじさんごめんね

優子さんは、あなたは諦めて、私は諦めない!と言っていましたが、お金を貸したおじさんは本当にかわいそうだと思います。
昨日もおばさんの優しさが垣間見えましたが、本当にかわいそうで何とかしてあげたいと思い、お金を貸したのだと感じました。
私的には、お餅を食べようとするのを止めたシーンが一番感動しました。
おじさんは借金を抱えているのに、またお金を貸す。口は悪いけど、根はそんなに悪い人じゃないと思うんです。
だから、朝ドラ「ちむどぅだん」でこの騒動に巻き込まれた比嘉家は本当にかわいそうだった。

関西のノリ

朝ドラ「お朝やん」は、冒頭から斬新なスタートを切ったが、大阪放送局制作ということもあり、大阪のノリについていけない人も少なからずいたようだ。

中には「普通の話から始めてほしかった」「関西のノリについていけない」と嘆く人もいたが、賛否両論があるということは、それだけこのドラマが注目されているということだろう。

まだ始まったばかりなので、これからどのように物語が進んでいくのか楽しみです!」。

ただ、スタートダッシュで全速力なのはいいのですが、空回りしないように願っています。

突然の桃太郎!

昨日、瑠衣が突然陣痛を起こし、子供を出産したのですが、その様子もなく、突然、桃太郎が登場したのです!
いきなりタイムスリップ!?
しかし、今は子役の桃太郎ですが、時間が経つにつれて、成長した桃太郎が登場するのか気になるところです。
いつ若い桃太郎が登場するのか、楽しみですね。
そして、一緒に朝食を食べるジョー。
その姿は、本当に1980年代当時と同じ!
何しろ、職場のことを知らずにここまで引っ張られてきたわけですから。
しかも、今でもシャツにシミをつけたり、桃太郎のことをちょっとジョークにしたり、ジョーはジョークを言う係りなんだなぁと思いました。

すべてがつながっていく

今回も、無駄なくひとつひとつつながっていきましたね
瑠衣が貯めていたジョーの医療費も、レッスン代になりました。
桃太郎の大学資金も、瑠衣が受け取らなかったお金で賄われた。
靖子の時間、瑠衣の時間、日向の時間、すべてがいい意味でつながっているのです。
ただ一つ言いたいのは、クリーニング店の夫婦を出すべきということです。

女性の性

和彦はトモとの対決の末に倒れた。
愛ちゃんに病院に連れて行ってもらい、帰ってきた。
やっぱり女ってこんなもんなんでしょうかね。
でも、私はすっかり彼女に同情してしまいました。
愛ちゃんは、みんなに助けてもらっていることを除けば、とてもいい女で、何でもできる女というイメージがある。
性格もいいし、本当にいい子なんです。
でもやっぱり、和彦が信子のことを好きだと知ると、本当に嫉妬して、それを信子に言ってしまうんです。
結局、トモのスッピンになっちゃうんだけど、今日はあいちゃんに会えてよかったね。

演技ができるだけでもすごい

内容が愛国的なものばかりということもあるのでしょうが、この時代に芝居ができること自体、すごいことだと思います。

しかも、それを見に来る10人のお客さんは、どんな人たちなんだろう。

しかも、その半分は子供だ。

しかも、鶴亀ファミリー劇場のメンバーはまだ一人も呼ばれていなかったが、なんという運の悪さだろう。

万太郎一座の若手一人が呼ばれたということだ。先週最終回を迎えた朝ドラ「みをつくし」では、入善の職人さんがどんどん呼ばれていましたが、あれが現実だったのでしょう。

死亡フラグ

そして、現場作業で腰痛が悪化した金太郎。
ナレーションでは、”金太郎は腰痛が悪化し、肺の病気にもなりました。”とあります。これは間違いなく死亡フラグです!
予告を知らなくても、「これは来るな」と思ったフラグでした。
どうやって死ぬんだろうと思いましたが、”腰痛の次は肺の病気か “と、予測不能な展開になりましたね。

仙吉からのプロポーズ

予告では、みくりから千吉に木島家を出て行ってほしいというものでした。
しかし、私の印象では、みとりに言われて仕方なくそうした、という感じだったのですが、そうではありませんでした。
瑠衣はともかく、泰子は再婚したほうが幸せになれると気にかけているようでしたが、現実にそういうことがよくある時代だったのでしょう。
しかし、問題はやはり子供たちである。
子供については、木島の子供だから引き取ると言い張ったが、自分の子供を取られるのであれば断ろうと思っていた。
今でも、男所帯に嫁ぐという意識がありますが、もう一世代、二世代経てば、その考えも薄れていくのかもしれませんね。

オーディション

ここで、千代はオーディション情報を入手しました。

オーディションに参加することで、キネマでの作戦を練ることにした。

そんな中、またもやあの男が!?

おっぱい布団:!!(笑

初めて知りました。

ヌーベルリッチ的なヤフオクなんでしょうか?

結局、親父はまた実はいい人なんでしょ?でも、今度は騙されないぞ。

千代はそれに気づくことができるだろうか。

心優しそうだけど、本音はお金なんだよね。

娘を売った時点でダメだと私は思います!

輝夫

そして、ニーニーこと賢章もクソだった。
マジで輝夫と同類なんじゃねーの?
定住地もなく、同じところに居候している。
定住地がないのに、ここに居座る。
そして 突然の “ゴーヤチャンプルのお約束”
そんなシーンはあったのでしょうか?
そんなシーンはなかったと思うんですが、どうしても後で思い出してしまうんですよね…。
とりあえず、ニーニーが家族の話をするのはマジで無礼だ!

石川と同じ匂いを感じる

愛ちゃんのお父さんは、自分の力で外堀を埋め尽くしています。
娘の愛ちゃんもかなり困惑していたが、それよりも和彦の言葉が石川と全く同じだった。
朝ドラ「ちむどぅん」に出てくる男たちは、なぜ人任せなのだろう。
尊敬すると言いながら、自分で考えようとしない。
石川と和彦の座談会をやってみたい。
今日のあの態度を見ていると、和彦と結ばれるより他の男を探した方がいいんじゃないかと思えてきた。
この先、良子のように苦労するのだから、さっさと捨てて、新しい恋をした方がいい。

ケチベエ!

ついに息子まで吉平吉平と呼ばれるようになりました。
もう闇市を予習する商才はあるが、人としての心がないのか…。
吉右衛門君にそこまで言われるわけにはいかない。
吉兵衛は最後には息子を守って死んだ。
こんな簡単に死んでしまうパターンもあるのでしょうか。
しかも、吉右衛門は母親と別れて戦災孤児になる可能性はないのだろうか。
ある少年は、戦争が終わった後、予告状から盗もうとした少年を思い出した。
金太が託した少年は、吉右衛門ではないのか?

ホームシアター解散

ついに、つるかめホームシアターが解散しました。

休止でもなく、停波でもなく、完全な解散です。

社長も国民服を着ていたので、劇団でないことはわかるのですが、切りました。

今日は4月1日なので、エイプリルフールのジョークだと思った人もいたようです。でも、そんな冗談を言うような人じゃないでしょう?

儲からなければ、きっぱり切る。

経営者としては、儲からないから解散するというのは合理的ですが、大山社長はもともと真面目な人ですから、正直言ってそんなに驚いていません。

大山社長が一時金を出してくれることに驚きはしなかったが……。

理不尽な将軍

すみれさんの離婚会見をテレビで聞いていたひなた。
最初は良い人、破天荒な将軍と言っていたのに、最後には理不尽な将軍と言っていました。
話せば話すほど、どんどん本当のすみれさんが出てきますね。
すみれちゃんって、こんな感じなんですね。
最初は常識的な女性に見えるけど、感情が高ぶるとありのままの姿が出てくる。
記者会見では、かなりフランクに話していたので、ワイドショーの人たちも大喜びだったのではないでしょうか。

サメ

バスに乗っているときに、ちらっと見えたぬいぐるみ。

サメのぬいぐるみを持っているのです! と思ったのですが、見事に入り込んでいましたね。

面白すぎでしょう?

サメの生態に興味があって、ぬいぐるみを渡されるなんて、ちょっと理不尽だと思います

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第11週目第64話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!