次回の朝ドラ『おちょやん』のあらすじやキャスト最新情報まとめ

次回の朝ドラは、2020年後期に放送されるNHK連続テレビ小説『おちょやん』です。

主人公のヒロインは、杉咲花さんが決定しています。

こちらでは、次回の朝ドラのあらすじやキャスト情報など発表された最新情報をまとめています。

最後に、次の次の朝ドラ『おかえりモネ』の情報もあり。

スポンサーリンク

次回の朝ドラ『おちょやん』

2020年後期に放送される次回のNHK朝ドラ『おちょやん』は、貧しい家に生まれながらも女優を目指して奮闘する女性の物語です。

次回の朝ドラが、NHK連続テレビ小説の第103作にあたり、ヒロインの竹井千代は、若手女優として人気を博す杉咲花さんが演じています。

作品名おちょやん主演杉咲花
放送予定日2020年9月28日(月)~2021年3月20日(土) 全130回主題歌
放送日時NHK総合テレビ午前8時~8時15分脚本八津弘幸
午後0時45分~1時制作統括櫻井壮一、熊野律時
日曜日午前11時~11時15分音楽サキタハヂメ
BSプレミアム・BS4K午前7時30分~7時45分語り
午後11時~11時15分プロデューサー村山峻平
土曜日午前9時45分~11時(月~金分)演出梛川善郎、盆子原誠
BS4K日曜日午前8時45分~9時00分(土曜再放送)ロケ地大阪ほか

『おちょやん』のあらすじは?

千代は大阪の南河内にある貧しい家に生まれ、幼い頃に母を亡くしてからは父と弟との3人暮らしをしていました。

父は根っからのトラブルメーカーで、養鶏業を営んでいるものの鶏の世話は千代に任せっきりです。

千代は小学校に通うこともできませんでした。

しかし、9歳の頃に女中奉公に出された奉公先で芝居に出会います。

それが運命の出会いとなり、芝居の魅力の虜となった千代は奉公先を飛び出して女優になるために京都へと向かいます。

女優の道を貫き、大阪のお母さんと呼ばれるまでになる千代の人生が描かれています。

放送開始はいつから?

現在放送されている2020年前期の朝ドラ『エール』は、2020年9月26日(土)を最終回を迎える予定です。

よって、次の朝ドラ『おちょやん』は、2020年9月28日(月)から放送が開始される予定です。

放送予定期間は、2020年9月28日(月)~2021年3月20日(土)の全130回となっています。

朝ドラ『エール』放送休止

コロナの影響により朝ドラ『エール』の撮影がストップし、6月29日から8月まで放送が休止しています。(『おちょちゃん』も撮影中止)

これにより、当初の予定であった9月26日の最終回がずれ込むことになりました。

休止期間中は、朝ドラ『エール』を第1回から再放送しており、今のスケジュールで進むと、放送再開されるのは9月14日からとなります。

そこから計算すると、2020年12月12日(土)が朝ドラ『エール』の最終回で、次回の朝ドラ『おちょやん』が放送されるのは、2020年12月14日(月)からとなります。

次の朝ドラ『おちょやん』の撮影再開

次の朝ドラ『おちょやん』の撮影を6月22日以降に再開すると発表がありました。

しかし、放送開始日や期間は未定となっています。

次回の朝ドラ『おちょやん』のキャスト情報

現在発表されている次回の朝ドラ『おちょやん』のキャスト情報はこちらです。

随時更新していますが、役柄・キャストの詳細や登場人物の相関図を知りたい方は「朝ドラ『おちょやん』のキャスト一覧まとめ!相関図から関係が丸分かり!」で詳しくまとめています。

朝ドラ「おちょやん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
竹井家
竹井千代杉咲花浪花千栄子
竹井テルヲトータス松本南口卯太郎千代の父親
竹井栗子宮澤エマ竹井テルヲの新しい妻
道頓堀の人びと
岡田シズ篠原涼子芝居茶屋「岡安」の女将
岡田宗助名倉潤芝居茶屋「岡安」の主人
岡田みつえ東野絢香シズと宗助の一人娘
岡田ハナ宮田圭子「岡安」の先代女将
富川菊いしのようこ芝居茶屋「福富」の女将
富川福助井上拓哉菊の一人息子
喜劇界
天海一平成田凌役者
天海天海茂山宗彦一平の父親
須賀廼家千之助星田英利喜劇役者
須賀廼家万太郎板尾創路喜劇の巨人
熊田西川忠志劇場の支配人
上方演劇界
大山鶴蔵中村鴈治郎「鶴亀株式会社」の社長
高城百合子井川遥売れっ子女優
山村千鳥若村麻由美芝居小屋「山村千鳥一座」の座長
薮内清子映美くらら山村千鳥一座の座員
京都で出会う人びと
宮元潔西村和彦カフェー「キネマ」の店主
宇野真理吉川愛カフェー「キネマ」の女給
若崎洋子阿部純子カフェー「キネマ」で一番人気の女給
撮影所の人びと
小暮真治若葉竜也鶴亀撮影所の助監督
片金平八六角精児鶴亀撮影所の所長
守屋渋谷天外鶴亀撮影所の守衛

『おちょやん』の脚本は?

次回のNHK朝ドラ『おちょやん』の脚本は、八津弘幸さんです。

八津弘幸さんは、『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』などの池井戸潤作品を多く手がけた脚本家で、王道の朝ドラに遊び心も加えて、次回のNHK朝ドラ『おちょやん』では、これまでとは違う作品になれればと語っています。

次の次の朝ドラ『おかえりモネ』

次回の『おちょやん』が終わると、次の次の朝ドラは、2021年前期に放送されるNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』です。

ヒロインの永浦百音は、2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』のふゆ役を務めた女優の清原果耶さんが演じています。

2021年前期に放送される次の次のNHK朝ドラ『おかえりモネ』は、気象予報士を目指す主人公が、「天気」にとことん向き合う仕事を通じて、希望ある未来を切り開いていく物語です。

作品名おかえりモネ主演清原果耶
放送予定日2021年春主題歌
放送日時NHK総合テレビ午前8時~8時15分脚本安達奈緒子
午後0時45分~1時制作統括吉永証、須崎岳
日曜日午前11時~11時15分音楽
BSプレミアム・BS4K午前7時30分~7時45分語り
午後11時~11時15分プロデューサー上田明子
土曜日午前9時45分~11時(月~金分)演出一木正恵、梶原登城、桑野智宏、津田温子ほか
BS4K日曜日午前8時45分~9時00分(土曜再放送)ロケ地宮城県気仙沼市、宮城県登米市、東京都ほか