本日も晴天なり第26話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」5週目第26話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第25話「」では、ストーリーでした。

本日も晴天なりの第26話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年11月3日(火)放送
第5週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第26話のネタバレあらすじ

ここからは、11月3日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第26話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり26話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

正道と元子は大介を連れて、とるものもとりあえず松江にたった。

松江では、元子の献身的な看護もあって、正道の父・泰光(森塚)の病状は日一日と快方に向かった。

そんなおり、正道の出版社が倒産したという知らせが東京からはいる。

病気の父を持ち、職を失った正道に、元子は松江で暮らす決心を打ち明ける。

ここまでが、11月3日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第26話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第27話のあらすじを知りたい方は、第27話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第26話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第26話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

1日8時間以上

ヨウチンはモネの部屋に貼ってある紙に気づきます。

1日8時間以上の勉強は、この日、絶対に勉強していない。

というか、実家に帰ってきてからほとんど勉強していないな~と思うくらい、勉強シーンが少なかったです。

明日は頑張って受験に臨むことを期待しつつ、今日の朝ドラ「おかえりモネ」の感想を締めたいと思いますw。

雨樋

そして、今日ちょっとカルチャーショックな情報を聞いたのですが、東北地方で雨戸があるのは珍しいそうです。

SNSでも雨戸の話題が多く、東北地方の家に雨戸があるのは珍しいとつぶやいている人がいました。

きっとその人たちは東北の人たちなんでしょうね。

どうなんでしょう?東北地方は台風や大雨が多くないですか?

算数サンタ!

いよいよ今日、算命学と名付けられた理由が判明!?

まさか、クリスマスに算命学が復活するとは思いませんでした。

まさにサンタクロースの再来ですが、そこで算命学という名前がついたのです

そこから算太にしたのなら、算太を決めた後の金太は金太ですね。

お父様もまさかキンタという名前になるとは思っていなかったというケースですね。

日本の土下座

そして最後は、アニーの日本土下座!?

アニーの土下座を見ていると、神社で土下座している靖子を思い出します。

アニーの最強の武器である土下座がついに始まった!朝からこのワクワクする展開に大興奮です。

そして、伴奎三氏のオーディションを受けることに。

これは完全に土下座の勝利、いや、アニーの勝利です。

そして、五十嵐さんとの対決。

海南さんの二刀流はカッコいい!の一言に尽きます。

そして、ここでの左遷殺しは、大泣きしろと言っているようなものです

どこに行くんですか?

信子が東京に行くということで、優子は父・健三の包丁を渡して持っていく。

というか、東京のどこに行くんだ?

東京に行くことは決まったが、旅行で行くのか、仕事で行くのか、まったく説明がない。

わざわざ父親の形見を私に手渡したということで、まず旅行の可能性は排除された。

しかし、どこに就職すればいいのか、まだ見当がつかなかった。

それに、内定を出した内間食品にちゃんと謝ったのだろうか。

以上、気になって仕方がない朝ドラ「ちむどんどん」第25話でした。

ダブルデート!

始まりは、いきなりのダブルデート!

朝ドラには似つかわしくない、ピンクのオープンカーで海岸沿いを走る姿は、まるで違うドラマが突然始まったかのようです。

城一郎は瑠衣に「海が見える」と言ったが、もう海は見えている。!!!!

ずっと海岸沿いを走ってきて、今、海が見えるというのは、ごく自然なことですよね、城一郎さん。

あと、戴冠式でのこの貴重な外でのロケは、意外と貴重なシーンかもしれないと思いました。

さすがは熊田さん

昨日、熊田さんは借金取りにビビってどこかへ行ってしまいました。と思っていたのですが、やっぱりそうだったんですね。

警察を呼んでなんとか解決したようですが、自分ではどうにもならないことを察知し、最適な方法で対応する熊田さんは早いとしか言いようがありませんね

菅波先生(声)

先週末に登場した菅波先生。

今週も登場するだろうと思っていたら、まさかの初日から声だけとは。

どうでもいい回想に時間を割かれるのは先週で全部見ているので慣れるとして、本当にスペースを取りすぎです。

そんなにスペースを取るなら、もっと菅波さんを出してください!(笑

確かに「頑張ってください」メールは来ましたが、試験当日に長文のメールを送った人と同一人物とは思えないほど短文でした。

まあ、菅波さんらしいといえばらしいのですが、モネももう少し期待していたので、ちょっと落ち込んでいるようです。

もしや、恋心に気づき始めているのでしょうか。とも思いましたが、鈍感なモネはまだその域には達していないようです。

早く二人が結ばれるところが見たい!

子供が出来るという展開にはならないと思いますが、そうなったら少し燃えるかもしれませんw

有名人

あと、二人が話しているときに、さやかの名前が出てきましたが、田中さんも「姫」と呼んでいましたね。

地主さんってそんなに有名なんですか?

うちの近くに地主さんらしき大きなお屋敷があるんですが、誰だかわからないんです。

田舎のイメージといえば、村八分がありそうな予感がしますが、それだけ近所付き合いがいいのかもしれませんね。

あと、すぐに帰られましたが、出されたコーヒーは飲まれたのでしょうか?

見ていたら、まったく手をつけていないように見えましたが……。

千葉の死!

オチョヤン12話でもう千代が死んじゃうの!?

というのは冗談で、現在リアルタイムで再放送されている朝ドラ「みをつくし」に出演している久兵衛の実の妻・千代が、先ほど亡くなってしまいました……。

とても悲しい話ですが、元気をもらった朝ドラ「お千代」12話でしたw。

お姉さん

ついにヒナタがお姉ちゃんになる!?

男の子か女の子かまだはっきりしませんが、おそらく明日には生まれてくるでしょう。

モモケンに会える1500円も気になりますが、まずはルイちゃん、おめでとうございます

ジョーも嬉しいって言ってたけど、もう二人目の子供ができたんだから、仕事してくれー。

最近ジョーに厳しいけど、私は瑠衣ちゃんの味方だよ。

瑠衣は見た!

瑠衣は見た。

ロバートが康子を抱きしめているのを!?

ってか、よく昔の住処を覚えているもんだ。

子供が一人で電車に乗るなんて現実的にありえるのか、と問いたいところですが、それ以上に、あんな場面を見せられたら、「入学式に何してるんだ!」と言いたくなるのは仕方ありません。

結局、すべては誤解だったのだ。最初から「アルタがいなくなったから探しに行く」と言えばよかったのに、何も言わないから瑠衣の誤解を生んでしまった。

アドリブゲーム

千代が戦いを挑み、最後は珍之介と対決することになりましたが、まさかのアドリブ合戦!?

ちょっと違う方向に行っているような気がしますが…。

どっちが観客を盛り上げられるか、というゲームですよね?

確かに台本通りにやれば、先日のように観客は全く笑わないかもしれませんが、方向性が違うような気がするんです。

あと、アドリブゲームということで、もしかしたら千代は蛸入道で待っているのかもしれませんよ。

突然の桃太郎!

昨日、瑠衣が突然陣痛を起こし、子供を出産したのですが、その様子もなく、突然、桃太郎が登場したのです!

いきなりタイムスリップ!?

しかし、今は子役の桃太郎ですが、時間が経つにつれて、成長した桃太郎が登場するのか気になるところです。

いつ若い桃太郎が登場するのか、楽しみですね。

そして、一緒に朝食を食べるジョー。

その姿は、本当に1980年代当時と同じ!

何しろ、職場のことを知らずにここまで引っ張られてきたわけですから。

しかも、今でもシャツにシミをつけたり、桃太郎のことをちょっとジョークにしたり、ジョーはジョークを言う係りなんだなぁと思いました。

仙吉からのプロポーズ

予告では、みくりから千吉に木島家を出て行ってほしいというものでした。

しかし、私の印象では、みとりに言われて仕方なくそうした、という感じだったのですが、そうではありませんでした。

瑠衣はともかく、泰子は再婚したほうが幸せになれると気にかけているようでしたが、現実にそういうことがよくある時代だったのでしょう。

しかし、問題はやはり子供たちである。

子供については、木島の子供だから引き取ると言い張ったが、自分の子供を取られるのであれば断ろうと思っていた。

今でも、男所帯に嫁ぐという意識がありますが、もう一世代、二世代経てば、その考えも薄れていくのかもしれませんね。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第5週目第26話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!