本日も晴天なり第25話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」5週目第25話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第24話「」では、ストーリーでした。

本日も晴天なりの第25話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年11月2日(月)放送
第11週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第25話のネタバレあらすじ

ここからは、11月2日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第25話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり25話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

そんなある日、平和をゆり動かす一通の電報がい込んだ。

「チチ キトク スグ カエレ ハハ」

山陰の松江から正直にあてた、母・邦世(磯村みどり)からのものだった。

正道と元子は大介を連れて、とるものもとりあえず松江にたった。

ここまでが、11月2日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第25話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第26話のあらすじを知りたい方は、第26話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第25話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第25話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

初対面

浩二が初めて朝丘に会い、SNSでは「やばい、コージーが興奮してる」「シロとケンジがいる!」と話題になりました。私も、これから告白されるのではとドキドキしながら見ていました。恥ずかしい思いをするのは子供たちだということが理解できないのでしょうかね。職場に来るお父さんは本当に嫌ですねー。

約束

それにしても、最後の約束はちょっと希望が持ててよかったですね。

おそらく最終週あたりには、義男が千代のライブを見に来ることは間違いないでしょう

その時、お母さんの形見であるガラスの数珠を手にして、姉弟ともに喜んでくれたらと思いました。

りょうちんのお父さんと一緒に番組を見ていたのですが、なぜか嘘をつきました。

モネさんへの想いからなのか、モネさんの実家に行ったときに見たこと、そこで行われた話し合いの内容を話さなければならないから嘘をついたのか?

そして、あの顔で “来ちゃいけないの?”と。そんな顔されたら、目も当てられない!

そんな顔で言われたら許しちゃう人も多いだろうけど、私の場合、なんで来ちゃいけないの?うん、来る前に連絡してね! って言いそうw

涙の朝

五十嵐に別れを告げた日向。

泣き崩れながら朝を迎えましたね。

ひなたの放つ光は、そんなにまぶしいのでしょうか。

ひなたは社員というわけでもなく、脚光を浴びたわけでもなく、本当に普通の人なんだよ?

すみれみたいに女優になってたら五十嵐の気持ちもわかるけど、ひなたを責めて逃げてるようにしか見えないんだよなぁ。

ちびやすこ

今日のお話は、ちびやすこさんからです。

やすこおじいちゃん、とっても優しいです。

孫に甘い典型的なおじいちゃんという感じです。

強いイメージではなく、どこにでもいるような普通の女の子です。

子供そのものを描く場合、すごく強くて乱暴な人とか、すごく弱い子とか、両極端に描かれることが多いのですが、彼女は本当に普通の子なんです。

脈なし!

ミーちゃん、やっとおなか一杯になったね。

そうだよ、ずっと君のことを思っていたのに、同時に帰らされるなんて…。

っていうか、みーちゃんって抱かれたい願望あったんですか?

そういうことだったんだよね?

あのみーちゃんと二人きりで夜を過ごしたいのに、いつも家に帰されて、何してるんだろうというパターン。

みーちゃん、このまま東京に行っちゃうんじゃないかって気がしてならない。

りょーちんは今みーちゃんと付き合う気はないみたいだし、東京に行ってやりたいことやって、いい男捕まえて結婚するのがみーちゃんの将来のためになると思うんだよねー。

さすが熊田

熊田さんは、千代さんたちにキレのある挑戦をして、僅差で負けたけど、あまり悔しがっていない。

あの人、実はかなり熱い男なんですよね。

苦言を呈した後、大山総裁にそう言われたというが、確かにそうだ。

その言葉に、熊田さんの鶴亀ファミリードラマへの愛を感じた。

それに比べれば、大山のあの変わりようは、相変わらずです。

あまり期待していなかったのに、「万事うまくいってよかったね!」と投げやりな扱いをされていましたね。

本当に、”そこに愛はあるのか”。と言いたくなるようなw

子役が多い

今回の朝ドラ「おかえりモネ」は、幼少期はなく、成長に合わせて子役を変えていくという新しい手法でスタートしましたw

子供の頃のモネがこんなに!

そして、どっちがどっちの役の子なんだろう?よくわからなかったので、もう一度お昼の放送を見なおしてみますね。

あと、カキコミしていないおばあちゃんが登場して、なんだかほほえましかったです

私の研究

ミーとじいちゃんは言い争いをしていた。

こういうときって、年齢というか経験がものを言うんですよね。

案の定、おじいちゃんの言うことが正しくて、ミーちゃんは大慌て。

結局、おじいちゃんの方が正しかったのですが、おじいちゃんの気持ちも、みーちゃんの気持ちもわかるだけに、ちょっと切ない…。

梶井まさか様!

朝岡の歓迎会もありましたが、そこで気になったのは、さやかの結婚カレンダーです。

川久保のフラグから、一度は結婚しているのだろうと推測できたが、その相手が今後登場するのだろうかと思ったのだ。

まさかとは思いますが、百音ちゃんのおじいちゃんと恋仲になったこともあるんですよね?

いやいや、それはそれで楽しい展開ですが、もしそうならSNSでかなり荒れそうな予感w

ダイジェスト

今日から朝ドラ「おかえりモネ」が始まりました。

週の初めということで、いつも通りのダイジェストですが、今回はかなり昔にさかのぼったダイジェストでしたね~。

何もできなかった」「がんばるぞ! というシーンはちょっと感動的でしたが、先週は一生懸命勉強しているシーンがほとんどなかっただけに、必死さが伝わってきませんでしたね。

新メニューの開発

今回のミッションは再建ですが、これは新しい料理を開発し、それを繁栄させることなのでしょうか?

だとすれば、基本を学ぶより、美味しいものを勝手に追求する信子には、さらなる追い風になるのではありませんか?

この研修の意味は、基本に立ち返ることだと思っていたが、どうやら違うようだ。

まあ、信子はおでんを作ったことがないのだから、基本とかそういう次元の話ではないのだろう。

最後に、大叔母のことですが、まあ、予想の範囲内でしたので、驚きはありません。

むしろ、ケンゾーに対抗意識を燃やした方が面白かったかもしれない。大叔母なのに因縁があるのか、それとも子供を産むことを拒否したのか。

恩人

しづは円城のことを恩人として語っています。

20年前に恋をしていたそうですから、好きだったのでしょう。

ということは、今の彼が愛情の対象ではなく、20年後の私があるのは、彼のおかげということなのでしょうか。

今残っているのは、彼が大切な恩人だという気持ちだけだとしたら、少し寂しいですね、、、、。

最後の写真

そして、今週最後の衝撃!

放送終了後、写真が映し出されたのですが、そこには奥様を抱きしめている写真がありました。

言葉にするのは難しいのですが、なんというか、貫禄がありすぎです

今週は全てあの写真に取られてしまったような気がしてなりません。

野球バカ

そして今日も、バカです!

何でも野球に例える野球バカのイサム。

まさか、イサムのコントを見ることになるとは、マジで!?

でも、野球脳の勇が可愛いと思うのは、歳をとりすぎたのかなぁ。

はたから見たら、野球選手に例えるしかないバカな跡取り息子に見えるかもしれませんが、自分の気持ちだけに熱中する男です。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第5週目第25話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!