本日も晴天なり第68話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」12週目第68話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

本日も晴天なりの第67話「」では、ストーリーでした。

本日も晴天なりの第68話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年12月22日(火)放送
第12週『』

本日も晴天なりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第68話のネタバレあらすじ

ここからは、12月22日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第68話のあらすじをまとめたネタバレです。

日本放送協会の16期生の仲間たちはラジオ、テレビに活躍し、祖母・波津(原泉)や邦世もそれぞれの仕事に励んでいる。

元子は自分の生き方にもの足りなさを感じてきていたのだ。

そんな元子の不注意がもとで、大介がけがをしてしまう。

幸い、手当てが早く大事にはいたらなかったが、邦世は元子をいさめる。

ここまでが、12月22日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第68話のあらすじのネタバレです。

第69話のあらすじを知りたい方は、本日も晴天なり第69話『』ネタバレへ読み進めてください。

本日も晴天なり第68話の感想

こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第68話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

御膳周り

練習後、千代は岡安で食事。

岡安でみんなと一緒に食べている姿にビックリ。

何か欲しいものはないかと聞いたら、一緒にご飯を食べたいと言うので、ちょっと泣きました。なんじゃこりゃー!って思いました。

もう感謝してもしきれないよ~~~w

どういうことですか?

靖子に連れられて華やかなパーティー会場に行き、そこで啖呵を切ったかのように今の自分の気持ちを訴えた。

あれは何だったのだろう。当てつけなのか?

それとも、楽しもうよ、そんな平和な世界を続けるために、自分たちで平和な世界を作っていこうよ、ということなのだろうか。

それとも、この中には戦争で身内を亡くした人がいて、前を向いているという説教臭いものなのでしょうか。

また、ロバートの部屋にいた女性の写真に話を戻します。

あれはきっと、彼の彼女か奥さんなんでしょうね。

戦争で死んだというのはちょっと非現実的ですが、何らかの形で彼女のことが出てくるかもしれないと思ったのです。

何が始まったのかw

五十嵐は早朝に雑巾がけをしています。

そこへ玖村蛮がやってきて、再挑戦のためのリハーサルを依頼します

まあ、案の定断られたのですが、そこで思わぬ事態が!?

思いがけず、ひなたも加わり、なぜか二人で雑巾がけを始める。

っていうか、なんで雑巾が3つも入っているんだ?

一人しかやらないなら、一人でいいじゃん。

雑巾がけバトルで一番早く拭けた人が勝ち!?勝負になれば面白かったのですが、結果的にひなたは壁に激突して次へ。

いや、この人怪しい!

番・虚空蔵は突然やってきた。

明日の朝9時に映画村に来るように言ったら、出て行ったんだけど、怪しすぎるよ!

瑠衣ちゃん、そんなことしちゃダメだよ! でも、ひなたは行くんだよ! これは予想通りだ。

いやいや、確かにこれは瑠衣が正しい!

まず、最初のやり取りで、この二人が伴奎三のことを知らないということが分かりました。

そして、彼らはいつ知ることになるのだろうか。と思っていたら、1分も経たないうちに回収していましたw

瑠衣も伴奎三蔵だと知って、変なことはしないだろうと判断して許可した感じでしょうかね。

いい人になっているじゃないか!!!!

そして、大槻家は岡山に帰省しました。

まさか、優と雪絵の役者が変わっている!

算盤はそのまま使っていたのですが、なぜ変えたのでしょうか?

深津絵里さんが10代の役をやっていたので、勇と雪絵もやってほしかった。!!!!

一瞬、老け顔になってしまいましたね…。あれ?もしかして別人?って混乱しちゃいました(笑

と、ここで瑠衣は少し過去を取り戻すことができたのでした。

その人とは、もちろん渦中の人、雪絵さんです。

とても素敵な人になっていましたが、年齢のせいでしょうか?

結局、結論は出ませんでしたが、もしかして勘違い?と思い始めている瑠衣。

早く誤解が解けて、二人が再会することを願っています。!!!!

妊娠している!

そして、木島家に戻ってきた瑠衣に、新たなフラグが!

雪絵ちゃん、気持ち悪くて台所に行ったけど、妊娠はしてないんだよね?

時間軸で言えば、算哲が失踪してから1週間も経っていないでしょう。

算哲の失踪日は、雪絵と優がセックスした日なので、時間軸がおかしすぎますね。

まさか雪絵がまた盛っていたのかもしれませんね。

見守り

家に帰って勉強に励むモネ。

その横で幼なじみがゲームをしている。

ありえなくないですか?

ちゃんと勉強してるかどうか見張るためにいるんだったら、静かにしなさい!」。何してるんですか!って言うんです。

それに美誠、金髪卒業なのに、誰も拾ってくれないんでしょ?

あのシーンは、あすみが東京に行くこと、絢子が不倫しているかもしれないことを話すためだったのはわかるけど、それを通すなら、もう少し真剣な表情を見せてほしかったな。

クレジット!

今日からまた朝ドラ「お千代ちゃん」が始まりましたが、今週の一番のサプライズは、栗子とちび千代子が登場したことでしょう!!!!

クレジットの中に栗子とちびちびの名前を見つけた時は、マジか! って思ったけど、回想じゃなくて本当に登場だったんですね!

しかも、ちび千代は春子という子役で再登場!!!!

見た瞬間、興奮せずにはいられませんでした。

もうひとつの借金

シンジも一時は乗ろうとしていたことがわかった。

しかし、彼には別の借金があったため、融資の審査に通らなかった。

浩二に八つ当たりというのは、そこではちょっと語弊がありますね。

銀行が審査に通らないのは当然のことで、それがなければ絶対に融資が通ると思っていた浩二は、どう頑張っても無理だと瞬時に判断してしまった。

浩二が隠さず最初から銀行に伝えていれば、銀行もそれを考慮して頑張ってくれたかもしれませんが、無理だと言われてここまで保身に走るのは、ちょっと失策です

と、ちょっと共感できない気持ちになった瞬間でした。

モノローグ

千代は、百合子の言葉にすぐに影響されます。

お人形さんごっこですか?

一人芝居で迫力ある演技をしていたのに、目を剥くと単なる物真似に過ぎない!

演劇に憧れるのはわかりますが、影響されすぎでは!

やりたいことが見つかったのは良いことですが、才能はすぐには出てこないので、声高に叫べないのですw

でも、そうさせるのは、たまちゃんとさとこさんが見ていただけなんですよね~。

普段から苦手意識を持っているのに持ち上げてどうするんだ?

彼女は単純に調子に乗ってしまうのですw

朝早くからこんなものを見せられては、正直何を言っていいのかわかりませんね~。

しかも、長いと思ったら、いきなり唐突に切れるんですよ!?

朝ドラ「エール」でも、途中でいきなり切るのが流行っているのでしょうかね。

すっかりエールの主役の御手洗さんみたいな扱いになってしまった…。

事情はわかりました

すーちゃんから事情を聞いた神奈巳先生。

事情はわかりましたと大人な対応をしてくれましたが、内心はどうだったのか、とても気になります。

メンタルが弱そうなので、ちょっとショックなのかなあ。

妹のみーちゃんに意味深なことを言われたことをそんなに気にしてないし、むしろ「この人は多分この人のことが好きなんだろうな」という事実だけを掴んでいるような気がするんです。

百音ちゃんが電話した時も、こういう人の方が信頼できるって言ってたし、さすが神奈巳先生って感じ。

アドリブ?

物語が進むにつれて、昨日付け足したいと言っていた部分が登場します

昨日はなかった部分が結構あったのですが、アドリブだったのでしょうか?

完全に2人だけの話でしたが、大変だけど楽しいかもしれませんね?

そして、武井家の登場です

回想でもないので、どんな形で登場するんだろうと思っていました。

いやはや、実にいい感じにまとまった最終回でしたね~。

どうしたんですか、先生!

今日の先生の言葉、かっこよかったです!

自分で行ってみれば?”

またそんなこと言うのかよ” 何もできないって”

今はそんなに無力じゃないだろう?”

かっこいい!

その後の分析は、まるで先生のようでした。

タクシーに乗れば、時間内に帰れる。でも、お金がかかるよ。

冷静に、冷静に、お金のことを忘れてはいなかった。

起死回生!

ヒナタの「結婚資金を貯めている」件から、あれ?予告と違う流れになるのか?と思ったら、まさかの五十嵐の「二人は付き合えない」発言!?

そこでハードルを上げておいて、また下げるのか!?

まあ、ヒナタはそんなこと言われてもどうしようもないんだけどね。

結局、感動的なシーンでしたが、五十嵐さんは自分の弱さをヒナタになすりつけて逃げるだけの男になってしまいましたね。

もうひとつ、五十嵐さんは苦労人かと思いきや、実は社長の息子であることが判明します。

普通の家庭の子かと思ったら、けっこう裕福な家庭の子だったんですね。

五十嵐のイメージが一気に変わったのは、朝ドラ「みんなおいでよ」の第89回。

お便り

トミーからジョーのレコーディングとコンサートが延期になったと聞いて、手紙を送ったが、それは、康子と稔の手紙のやりとりを思い起こさせるものだった。

二人の文通は対照的で、手紙を送っても送っても返事がない。

便りがないのは無事のしるしとよく言われるが、今回は必ずしもそうではなかった。

瑠衣さんはさぞかし不安だったことだろう。

一方、社長令嬢の奈々さんは、ちょっと意外でした。

女性ですから女性の気持ちがわかるのは当然ですが、ジョーが「手紙なんて書けるわけがない」と言ったときに、まるで瑠衣さんの気持ちを代弁しているようなことを言ったのにはちょっと驚きましたね。

完全にジョーを狙っているのかと思いきや、ジョーの才能に惚れ込んでいるようです。

このワンシーンで奈々さんの印象が少し変わりました。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第12週目第68話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!