本日も晴天なり第67話のネタバレあらすじ!同窓会

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」12週目第67話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

本日も晴天なりの第66話「ホームパーティー」では、元子が縁起仕事の代金でホームパーティーしたらどうかと提案するストーリーでした。

本日も晴天なりの第67話「同窓会」では、3年が経ち、悦子の結婚送別会兼ミニ同窓会がモンパリで行われるストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年12月21日(月)放送
第12週『』

本日も晴天なりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第67話のネタバレあらすじ

ここからは、12月21日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第67話のあらすじをまとめたネタバレです。

3年の月日がたった。
今日は、悦子(渡辺佐和子)の結婚送別会兼ミニ同窓会で、元子(原日出子)やのぼる(有安多佳子)、トモ子(菅原香織)、恭子(小島りべか)らが、モンパリに集まった。
3年たつうちに、吉宗もようやく紺屋としての商売を復活でき、元子のお腹にも赤ちゃんが…。
同窓会の後、のぼるは宗俊(津川雅彦)たちに預けていた子供を引き取りにくる。
なんと、夫のハヤカワがアメリカに帰国することになったという。
ここまでが、12月21日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第67話のあらすじのネタバレです。

第68話のあらすじを知りたい方は、本日も晴天なり第68話『』ネタバレへ読み進めてください。

本日も晴天なり第67話の感想

こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第67話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

決意表明

みんな聞いてくれー。
信子を中心に世の中が回っているような気がしてならないのですが、まずは顕宗の忠告とは真逆の行為と謝罪から始めました。
そして、今日以降も無知な料理人代理ですが、お客様の笑顔のために頑張るという決意を述べました。
正直、「お客様のために」というのは初歩の初歩だと思うんですけどね。
今更、そんなことでいいのか?というのが正直な感想です。
そもそも、私が見た限りでは、「お客様のために頑張ります」と言葉で表現しているのは、房子と二ツ橋だけです。
矢作にしても、他のスタッフにしても、「やるためにやっている」感しかない。
その意味では、二ツ橋もそうだが、彼らを十分に教育してこなかった房子も悪い。
しかし、その意味では、スタッフを十分に訓練しなかったのは、房子の責任であり、二ツ橋の責任でもあるのです。

たくさんの夕方

キネマで一平の母親の情報を探すメンバーたち。

そして、喫茶キネマでの優の大捜索が始まる!

お客さんは相変わらずですが、夕暮れが多いですねぇ。

夕差は捜索にはつきものだけど、98歳のおばあさんには絶対無理!

あの人、完全にウケ狙いでやってるよね?

大捜索と言いながら、話を聞いていた客は3人しかいなかった。

しかも、そのうちの一人が見つけたっていうんだから、ある意味すごいと思いませんか!

その3人はボケ担当で、他の真面目なお客さんから情報をもらうのかと思いきや、あっさり見つかってしまったんです。

ありえない展開!

会社の下見に行くと、さっそくテレビ局に潜入。

ドラマや漫画ではよくある、ありがちなパターンですが、現実にそんなことがあるのでしょうか?

4人契約なんて、資格で頭数を決めているだけ。

クライアントからすれば、何の資産にもならないし、ましてやアルバイトの人材である。

気象予報士がどのような仕事をしているのか、まだわからないので何とも言えないが、これからわかることだろう。

安定の見どころ

お馴染みの安定の見どころを一挙公開!

一応、皮肉です~~。

ハイライトが当たり前になったのは気に食わないが、今後もこの路線で行くのであれば、もう何も言うことはない!

でも、毎度毎度文句を言われるんでしょうね。

でも、今日は昔より短かったので、そこまで文句は言いません。

優子バカ

そして今回もトラブルに巻き込まれた賢章ですが、さすがに賢章よりも優子の方がバカすぎです。
何度、賢誠にお金を貸したことでしょうか?
この家族には学問というものがないのでしょうか。
一族というより、優子も賢誠も信子もヤバい、良子と歌子は良識派に分類される。
この3人がマジでやばいだけで、母親のバカさ加減には本当に驚かされる。
彼女が貸した15万円は、おそらく叔父から借りたものだろう。
他人の金を何だと思っているのだろう。

石川と同じ匂いを感じる

愛ちゃんのお父さんは、自分の力で外堀を埋め尽くしています。
娘の愛ちゃんもかなり困惑していたが、それよりも和彦の言葉が石川と全く同じだった。
朝ドラ「ちむどぅん」に出てくる男たちは、なぜ人任せなのだろう。
尊敬すると言いながら、自分で考えようとしない。
石川と和彦の座談会をやってみたい。
今日のあの態度を見ていると、和彦と結ばれるより他の男を探した方がいいんじゃないかと思えてきた。
この先、良子のように苦労するのだから、さっさと捨てて、新しい恋をした方がいい。

ミツエには関係ない!

色恋沙汰で親子でもめることがあります。

それは、親が”○○のために “と言うことです。

今回は、光枝のために別れろ!しかし、光枝が面と向かって訴えたように、それは光枝のためではない。

完全に自分のためであることは明白だが、険悪なムードになりそうな予感がする。

NHKが狙ったのかどうかは分かりませんが、今の光枝と福助はまさにロミオとジュリエットです。

ロミオとジュリエットといえば、今、朝ドラの「澪つくし」が再放送されていますよ。

薫と惣吉は結ばれない運命にありましたが、その時、父・久兵衛が薫を勘当して自由にさせ、二人は夫婦となりました。

つまり、久兵衛は妥協したのである。今度はしずが妥協するのだろうか。

それとも結ばれないまま終わってしまうのか。

結ばないという選択肢は過去に一度もないのだから、どこかで落としどころを見つけなければならない。

さてさて、それがどこなのかは明日のお楽しみです

前衛なし

ここ数日、前衛がほとんどない状態からスタートしました。

それだけ情報が多いということでしょうか。

基本的に前衛がいないのは深刻な状況や重い空気の時によく見られる光景ですが、今日はまた災害の話なので、前衛がいないのはそのせいかもしれませんね。

クズ男再び!

天海夫婦の夜の営みが少し気になったが、正直なところ今日はそんなことはどうでもいいのだ。

だって、あのクズ男がまた現れたんですもの!!!(笑)。

結構後に出てくると思っていたのですが、いきなり出てきましたね。

もう月曜日からボロボロで、金曜日まで持つかどうかというところですが、SNSでは古里輝雄が来るという投稿が多すぎて、もう大変です!!(笑

空襲の傷跡

橘家では、久里と越前を失いました。
木島家の家はかろうじて焼け残ったが、無傷ではなかったようだ。
両家の距離はよくわからないが、康子は自転車で届けに行き、故郷に帰るときは歩いたというから、それほど離れてはいないのだろう。
キンタは精神的にダメージを受けているので、これからどう回復していくかがポイントになると思います。

借金取り!

なぜか、当たり前のように写真館を自由に出入りする照男。

今回もまた、いろいろと余計なことをするのかと思いきや、突然の来客にビックリ!

もう、あれは完全に借金取りだと思いましたね。

表に悪そうな人がいっぱいいる」と聞いたとたん、「またやったか!」と思いました。って思ったしw

あ、カタカネに渡したカフェの割引券はワイロにしました!(笑

こんな遠回しに伏字にされるなんて、立派すぎます。

と笑ってしまいましたが

“でも、でも!”なんです。

やっぱりクズはクズなんだなぁ・・・。

聞いてるよ!

竹村夫妻は、部屋の一番奥でルイとベリーの会話を立って聞いています。
そんなに後ろから聞こえるのでしょうか?
ベリーの声も小さいけど、瑠衣の声も小さい。
それとも、この場所の角度が薄いから、奥にいるように感じるのでしょうか?
盗み聞きといえば、朝ドラ「おっさんずラブ」のお家芸でしたが、今思えば、朝ドラ「カムカムエブリバディ」にも盗み聞きシーンがたくさんありましたね。

モモケンが登場!

久しぶりにモモケンが登場!
そして、ハリウッドスターとの会話もあり、ここでヒナタの通訳が登場しました
ここにきて、英語色がめちゃくちゃ強くなってきましたね。
つい最近まで、「英語と関係あるのかな?とSNSで気になっていたのですが、最後の最後で半ば強引に繋げました。
これで3世代のバイリンガルが誕生したことになるが、その彼女たちまでがバイリンガルであるはずなのに、ひょんなことからそれが途絶えてしまった。
いまだに納得がいかないというか、五十嵐はなんなんだ?って感じなんですけどね。

動いた!

今回、ちょっと感動しました。

それは、あの三戸なつめが動いた!ということです。

序盤で動くシーンがあったかは覚えていませんが、今までは照男と一緒に写っている姿しか見ていなかったので、ここで動いている姿を見てちょっと感動しました。

旧予備校

子供たちに歴史的建造物を紹介するために旧小学校を見学していたのですが、あれが本物の小学校なのかと思っていたら、どうやら本物のようです。
もう使われていないのに、あんなに走り回って大丈夫なんだろうかと。
スタッフの方は「どうぞ楽しんでください」とおっしゃっているのでしょうが、見ていてどうしても落ち着かないんですよねー。
ちょっと教室の惨状がひどすぎましたが、そんなに悪い子はいなかったようです。
ただ、啓介という男の子は役名があるので、今後のキーパーソンになるのでしょうかね?

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第12週目第67話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!