本日も晴天なり第70話のネタバレあらすじ!出産

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」12週目第70話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

本日も晴天なりの第69話「ラブレター」では、元子が藤井が書いたラブレターを発見するストーリーでした。

本日も晴天なりの第70話「出産」では、元子がついに元気な男の子を出産するストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年12月24日(木)放送
第12週『』

本日も晴天なりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第70話のネタバレあらすじ

ここからは、12月24日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第70話のあらすじをまとめたネタバレです。

元子(原日出子)がついに産気づいた。
宗俊(津川雅彦)はじめ、彦造(森三平太)も善吉(小松政夫)も大騒ぎで、何の役にもたたず、巨釜で無駄にお湯を沸かしたりと右往左往。
トシ江(宮本信子)とキン(菅井きん)が産婆と共につきっきりになる。
友男(犬塚弘)や幸之助(牧伸二)らご近所も集まって大賑わいの中、正道(鹿賀丈史)もとんで帰ってきた。
そして念願の産声がひびいた。
元子は無事、玉のような男の子を産んだ。
ここまでが、12月24日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第70話のあらすじのネタバレです。

第71話のあらすじを知りたい方は、本日も晴天なり第71話『結婚式を延期』ネタバレへ読み進めてください。

本日も晴天なり第70話の感想

こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第70話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

朝岡

そして、朝岡は強い使命感を持っています。

こだわるところはとことんこだわるのが好きなんです!

正直、視聴者からすると、そこまで考えているとは全く思えませんでしたが、どんな世界でも、裏側で頑張っている人がいることを忘れてはいけないと思った回でした。

お風呂

新しい母親は風呂はどこかと聞く。

千代は「風呂なんてどこにあるんだ」と当たり前のように答えます。

新しいお母さんは、ちょっとカルチャーショックを受けたのでしょう。

ある意味、貧乏王なのだが、このあたりから、「もしかして、騙されたのでは?と思い始めています!(笑

宴会

森林組合では、お客さんが来たら必ず宴会を始めるんですね。

酔っぱらいに絡まれるのはよくあることですが、おばあさんに拉致されるのはちょっと珍しい。

普通、酔っぱらいのオヤジに長々と話しかけられても、「はははは」と笑うのが普通ですが、登米のおばあちゃんたちは元気です。

学校

ヒナタも高校3年生になりました。
学校で昼食をとるが、そこは私立の高校らしい。
当時はどうだったのだろうか。
稔の時代から制服はあったし、私の時代もほぼ100%制服だった。
私服の高校というと、東京のイメージしかないのですが、当時も今も私服の高校はどのくらいあるのでしょうか。

なぜ知らないの?

和彦と優子は洞窟の中でばったり会った。
自分たちがここにいることは秘密にしなければならないと言われたが、相当な秘密があるようだった。
しかも、毎年やっているような感じだったが、ずっと秘密にしていたのだろうか。
ケンゾーと一緒に償いのようなことを話しているのを聞いたが、ずっと毎年手伝っていたのだろうか。
子供たちが全く知らないというのも違和感がありますが、やはり面倒な設定なんでしょうか。
そして、いよいよ秘密が明かされるわけですが、それは明日に持ち越しです

子どもたち

市民タイムはノリノリでスタートしました。

DJ山ちゃんが温めてくれたのですが、いきなり子供たちが不自然なほど言葉に詰まる。

噛んで噛んで噛みまくりでしたが、「子役として頑張れ!」と励ましました。

しかし、子役たちの演技を見て、朝ドラ「おっさんずラブ」で千代を演じた舞田篤乃の演技はすごいと思いました。

やっぱり、子役でも選ばれる人の演技は全然違うんですね。

百音」の子役がダメなのではなく、実力者が選ばれる世界なんだと改めて感じました。

まあ、あえて振り仮名を書かない子役もいましたが、その演技は子供っぽかったですね。

むしろ、子供たち全員が引っかかるという不自然な状況だったのでは?

電話をとれ!

電話が鳴る。
トモが倒れ、このままでは一刻を争うことになるが、その電話に出たのはノブコだった!?
電話に出ている場合じゃない!
しかも電話に出たのはいいけど、折り返しの電話番号とか聞かなくていいのかよ!
SNSでも、”そんなことより救急車を呼べ!”と。救急車がSNSのトレンドになりそうな予感がします。
しかも、呼んだ先は119番ではなく、雨由佳三郎さんのところ。
三郎は、信子がおそらく医者を呼んでいないことを知っていたから、医者を呼んでいたのだ。
三郎はとても賢い男なのです。

セリフが言える!

五十嵐と伴京三、これで殺し合いのペアになりましたね。
なんと伴京三の役です。
とドキドキしていましたが、ちゃんとセリフが言えるんですね!
まあ、口調も動きも鈍いので、吉備之丞のようなキレはありませんが、それなりの貫禄はありましたし、伴海松が演じる吉備之丞も面白かったです。
今回は、五十嵐が順番に吉備之丞を演じる予定だったが、モモケンが割り込んできた。
そのやりとりが面白かったのですが、その後、五十嵐が吉備之丞を、モモケンが左近を演じたのでしょうか。
その辺が気になったので、明日にでも回想があるといいなとちょっと思っています。

分離する必要があるのか?

少し話を戻すと、そもそも瑠衣と別居する必要があるのだろうか。
家を出る分には、わざわざ毎日お弁当を作りに来るとか、そういう必要はないような気がするんです。
私の中では、木島家に甘えることはできないから、自立して木島家を出るという選択をしたわけですよね。
もちろん、勇との関係の気まずさはありますが、橘を立て直すことによる自立の方が大きな利益だと思います。
瑠衣の傷を癒すためなら、木島家に残った方が瑠衣のためになると思います。と思っていたのですが、どうなんでしょう?

内緒の約束

奄美一座は、完治のことを誰にも言わないと約束していたが、終戦から3年が経過した。

捕虜になった人は数年後に日本に帰ってきているので、同じように捕虜になって帰ってくるパターンなのでしょうか。

それとも女と酒に溺れて帰ってくるのか、万太郎の話は今日で終わったので、今週か来週には出てくるのでは!?

突然、みんなが集まってきた

突然の全員集合!から始まりました。

エールのように原始時代から始まったわけではありませんが、普通にストーリーに入るのではなく、キャストの挨拶から始まるというのは斬新な方法です。

しかし、朝ドラ「エール」で慣れてしまったので、それほど驚くことでもない。

説明しながら、「全部言っちゃダメだよ! かなりの悪人と噂される照夫には腹が立つところもありますが、新しい朝ドラの幕開けに期待大です!

結婚の報告

結婚を約束した信子と和彦は、さっそく比嘉の家に結婚の報告に行った。
二人の様子はまるで結婚する子供のようだが、裕子は相変わらずである。
娘をください」というのは、どちらかというと義父への挨拶で、一旦は断るというのがセオリーだが、そういうシチュエーションをやってみたかったのだろう。
実は、私もそういう風にやってもらいたい願望がありますw。
せっかく大切に育ててきた娘を奪われるのですから、親としてはちょっと悲しいと思います。
しかし、すぐに結婚の挨拶をするのであれば、せめて手土産を持っていくのが筋だと思うのですが、和彦はそれが苦手なんでしょうかね?

先週のおさらい

今週も朝ドラ「ちむどぅす」が始まりましたね
今週は2週目ですが、先週は父・賢三が倒れるところで終わってしまいました。
今週は、ナレーションで軽く先週のおさらいをしてくれたので、2週目に入りながら思い出してみました。
それにしても、切なすぎる!
そしてOPでは、アババが生きていてさらに泣きました。
あの時は、ちょっと笑ってしまいましたが、アババを連れ出すのが鬱陶しすぎましたね?。

ビッテン

借金取りに抵抗する照男。

彼は “彼に手を出す者は路頭に迷わせる!”と言い放ちました。しかし、猫がネズミに噛みつき、ネズミが猫に噛みつく!?

ところが、噛み返される逆パターンが炸裂!

普通、ネズミは照男の味方ですよね?

それなのに、逆に噛まれるとは、我ながら照夫らしいというか。

しかし、乱闘で頭を噛まれるなんて、今まで見たことないですね?。

あと1日

練習中にもう少しトラブルがあるかと思いきや、いきなり初日を迎えてしまいました

初日にいきなりトラブルを起こすとは、さすが「お朝やん」朝ドラですね~。

瑠璃子さんの何気ないカメラ目線は、冒頭でも健在です!

あと、漆原さんの男役姿も素敵でした!

女役より男役の方が良かったのでは?

しかもノリノリで、結果オーライだったのでは?

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第12週目第70話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!