本日も晴天なり第72話のネタバレあらすじ!特需景気

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」12週目第72話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

本日も晴天なりの第71話「結婚式を延期」では、藤井が巳代子との結婚式を延期してほしいと言い出すストーリーでした。

本日も晴天なりの第72話「特需景気」では、朝鮮戦争がはじまり、日本は特需景気に活気づくストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年12月26日(土)放送
第12週『』

本日も晴天なりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第72話のネタバレあらすじ

ここからは、12月26日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第72話のあらすじをまとめたネタバレです。

朝鮮戦争がはじまり、日本は特需景気に活気づく。
藤井(赤塚真人)は、金もうけのチャンスとばかり、家に帰らず飛び歩いて、巳代子(小柳英理子)に厳しく怒られる。
幸之助(牧伸二)と小芳(左時枝)が引き取った戦災孤児だった吾郎(吉田茂樹)は、成長し、警察予備隊に入りたいと言い出す。
自分の金を貯めて、三味線ではなくジャズをやりたいのだという。
元子(原日出子) と正道(鹿賀丈史)は、吾郎を説得しようとするが…。
ここまでが、12月26日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第72話のあらすじのネタバレです。

第73話のあらすじを知りたい方は、本日も晴天なり第73話『』ネタバレへ読み進めてください。

本日も晴天なり第72話の感想

こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第72話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

撮影スタジオ

女優になると決めてからの行動も、千代さんらしかったです。

まさか、撮影所のお偉いさんのところへ直接相談に行くとは思いませんでした。

しかも、門番の守屋には、ことごとく見抜かれている。

あのハゲヅラはどこから持ってきたんだろう?

というやり取りが、むしろしんみりとしてしまいました

千代ちゃんの方が似合うと思ったんだけどなぁ。

3分以上のアバン

そんな良知とのシーンは、なんと3分以上のアバンでした。

朝ドラ「お朝やん」でも2分程度はありましたが、まさか3分を超えるとは!

時間の流れが遅すぎるというのもありますが、若い人の話は年配の視聴者層には受けが悪く、廃れていくとか…。

うちの母も最初は頑張っていたのですが、もう見ないそうです。

天気予報復活


戦争が終わり、日常生活?というか、いろいろなものが戻ってきたというべきか。
そのひとつが天気予報です。
そして、天気予報が復活したのなら、英語講座も復活する日もそう遠くはないでしょう!?
なんたって、Come Come Everybody~!ですからね。
予告によると、来週はさだまさしさんが登場するそうなので、今から待ち遠しいですね。

黒須サンタ!

そして、またまた登場、黒須サンタ!
二人の共演は簡単でしたが、まさか親戚とは思えませんよね!
いつか分かると思いますが、実は昨日のケチベエの話はフラグだと思うんです。
ひなたは盗まれたラジオの話を知ることになったので、もしかしたらアルタが過去の話を始めて盗まれたラジオの話をしたら、まずケチベエの話に繋がるかもしれません。
そして、靖子の話と瑠衣の話が出て、母親の名前が瑠衣で、木島の旧姓を聞けば、今度は有太がそれに気づくでしょう。
姪と叔父の再会が叶えば三世代が繋がるが、ケチベエが事の真相を知っているかは未知数だ。
早く靖子が登場しないかなー。

石森章太郎さん

あれから1年ですか。

今日、石森章太郎さんの雨の絵の話が出ましたが、あの展覧会から1年経ったということでしょうか?

そんなに長くは感じないけど、よく考えたら気象予報士試験って年に2回じゃなかったっけ?

ということは、私は3回受験していることになるので、1年経ったことになる。

筑紫美緒

ちょうど同じ頃、朝ドラ「つくし澪」を再放送しているのですが、老舗の醤油屋「入造」の長男・英一郎が5千円借りたことを思い出しました。

10倍の金額ですが、500円がすごいとすれば、英一郎がどれだけのことをしたのか、今ようやく実感しましたw

天海天海ホームシアター

戦後初の舞台。

旗を見ると、”天界天界ホームシアター!”としか書いていない。

鶴亀ホームシアター」が解散したから「天海天海ホームシアター」を名乗ったのだと思いますが、そこにまた大山社長が現れたんですね。

すぐに場所と役者を用意しなさいと。

復活させるのであれば、少しは張り切ってほしいものです。

すべては大山さんの指示でここまで来たのだから、役者さんには意地でもプッツンしてほしいですね。

空襲

道頓堀が空襲に遭い、ついに終了。

これ、たぶん誰か死んでるよね?

今週のエンディングはちょっと不愉快で、ちょっとブルーな気分です。

ビッチ

しずは突然、縁を切るように言います。

すると、千代はますます文句を言うのでしたね。

おお、すごい。

ほんと、文句を言うのは気持ちいいですよね。

女性だからわかるしずは、本当に千代の母親代わりなんだなぁと感じたシーンでした。

座布団を直す

3人で座布団を直していると、おちょぼ口時代に同じことをしたことを思い出しました。
光枝と香里はいつの間にか仲良くなっていて、まるで女子会のようだった。
3人で新しいクッションを買いに行くのを楽しみにしていたのだが、不穏な空気のまま終わってしまった……。

プレイボーイ

一方、一平はプレイボーイとして戻ってきました。

天海 天海がいたころの人気はなくなってしまったようで、万太郎菅家一門とはまったく違う印象でした。

そうなんです。

芸の道は険しいですからねー。(;´Д`)……どうなんでしょう。

あんな遊び人がいる劇団なんて、たまったもんじゃないですねー。

一平ちゃんの小さい頃を知ってるから、やっぱり頑張って欲しいけど、子供の頃の一平ちゃんを見てると、ちょっと親バカになっちゃうかな?

浜ちゃんは猛烈なメッセージを放ちましたが、どちらかというと、私も浜ちゃんと同じ気持ちです。

父親がある意味偉大すぎて、子供が挫折する話はよく見かけますが、ちょっと遊び人の一平くんは違いますね。

なんというか、頑張っている姿が見えないというか。

まだ若い頃の1話しか見ていないので、これからなんですけど、今日の印象はそんな感じです。

レディ

愛ちゃんのキャラクター。
昨日初登場した和彦と愛。
愛ちゃんの実家は運転手付きの家…。
ということは、かなりのお嬢様ということでしょうか。
和彦は愛ちゃんを彼女だと公言していますし、お金持ちで和彦と仲が良いところを見ると、信子の入る隙間はなさそうですが、あの信子ですから、気持ちが「好き!」に傾いていれば、「好き!」になりそうな気がします。好き!」に気持ちが傾けば、とことんやってくれそうな予感がする。
二人の歓迎会は無事に終わったが、三郎はちょっと怪しげな発言をした。
新聞記者が何の理由もなく鶴見に住んでいるわけがない。
ということは、和彦は何か理由があってここに来たということだろう?
三郎は和彦がここに来た理由を知っていたので、私はすぐに和彦が沖縄の取材でこの宿に泊まりに来たと理解した。

素直な気持ち

今回、私が驚いたのは、福助のまっすぐな考え方です。

トランペットしか吹けない福助が、とてもまっとうなことを言っていたのです。

その言葉から、今の道頓堀の現状を理解することができた。

今の時代、娯楽が増えればパイの取り合いになるのは当たり前。

芝居茶屋がなくなる」という話を聞いて、”なぜ?”と思った。しかし、この10年で多くの芝居茶屋が潰れ、芝居の上演回数も減り、芝居を観た後、茶屋を通さずに帰るお客さんが増えていることを知り、”なるほど “と思ったのです。

端から見れば、至極当然の思いではないでしょうか。

そんな中で、10年前と変わらない売り上げがあるのなら、生き残る可能性もありますが、おそらく「おかやす」も「福富」も、まだまだ厳しい状況なのだと思うのです。

そんな前向きな福助とは対照的なのが光枝だった。

彼女は「岡安」を継ぐ決意を固めますが、現状を把握しきれていないところは、まさに頑固者。

光枝はまだまだ子供ですが、脱皮して生まれ変わる姿が楽しみです

西野アウト!

電話の主は二郎さん!

大方の予想通り、西へ出た涼珍の死亡フラグも折れました。

昨日は、みーちゃんが死を確信していたため、SNSでも「まさか! 生きてて良かったね!

という声も聞かれましたが、どうなんでしょう?

助かったとしても、感動することはあまりないような・・・。

借金を返済していない!

その理由のひとつは、爆弾発言ではないでしょうか?
比嘉家は、父・健三の死後、信子を手放さなければならないほど追い詰められていたのです。
その時点で、借金の返済は終わったと思っていたのですが、借金を返済していないことがわかり、驚きました
借金を返してないのにさらに借金をするってどういうこと!
おじさんはどうやってお金を貸したんだろう。
というか、頭を下げれば貸さないわけではないが、何に使うのかくらいは聞いておくべきだったのでは?
そうすれば、すぐに詐欺だと気づいて止めてくれただろうに。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第12週目第72話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!