本日も晴天なり最終回(第153話)のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」26週目第153話(最終回)のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1982年4月3日(土)放送
第27週

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第153話(最終回)のネタバレあらすじ

ここからは、4月3日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第153話(最終回)のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり153話(最終回)のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

元子の企画した三人の座談会は、ねらい通り成功し、面白い記事ができた。
しかしその直後、宗俊が寝込んでしまう。
元子たちがその異常に気がついた時、すでに宗俊は帰らぬ人となっていた。
人形町界わいの人びとの悲しみの涙の中で、宗俊の葬儀がしめやかにとりおこなわれた。
「そのころ連続しておこった飛行機事故が、新聞の紙面をにぎわしていた。
富士山に飛行機墜落!突然のニュースに、「女性時代」編集長の泰子(三木弘子)は、元子にその取材をたのむ。
元子が初めて経験する地方出張取材だった。
ところが元子の取材中、正道のもとに松江から思いがけない電話が入る。
祖母・波津(原泉)の危篤の知らせである。
元子が松江にかけつけた時は、すでに波津が息をひきとったあとだった。
正道に支えられるように波津の霊前にむかった元子は、骨箱を抱きしめるように号泣するのだった。

 

ここまでが、4月3日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第153話(最終回)のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第1話からもう一度あらすじを知りたい方は、第1話へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第153話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第153話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

楽しい話

親子世代で友達が集まって楽しく過ごすシーン。

なんとなくこれから良くなりそうな予感がしますが、シンジが死亡報告をして事態に区切りをつけるかどうかが見ものです。

予想通り!

クローゼットに隠れていた人物は誰なのか!?

やっぱり完治さんだったんですね!狙い通りでした。

まあ、大方の予想通りだったので、的中率はかなり高そうですが、この後どうなるのかドキドキしていたら、隠し子が予想と違っていて驚きました。

しかもお相手は軍のお偉いさん!

陸軍の幹部を持ち出して排除するのはまだいいのですが、特高はそれを信じるほどバカなのでしょうか?

千代の言い方からして、嘘だとわかっていたはずなのに。

どうしてもと言うなら」「どうしてもと言うなら…」のシーンは、嘘だと見抜かれてもおかしくないほど怪しかった。

あのアドリブ能力は、おそらく訓練されたおかげだろう。

盗み聞き

今日、朝ドラ「おっさんずラブ」を見ていて思ったことが一つあります。
それは、この朝ドラには、盗み聞きが多くないか、ということです。
記憶を辿ってみると、一平が夜遊びに出かけた時に志津のことを盗み聞きしていたり、先日の千代と灯のやり取りを長澤が盗み聞きしていたり、今度は栗子が千代と長澤を盗み聞きしていたり、色々あった気がしますw。
そんなに外から聞こえてくるものなのでしょうか?
だとしたら、かなりプライベートなことまで聞かれているんだろうなぁ。

棒読み!

いよいよ撮影が始まりましたが、まさかの棒読みスタート!
あ~、こういうことか……」と、まず思いました。
あんなに人気があったのに、なんで使わなくなったんだろう、と。あんなに演技が下手なのに、どうして最初はあれでテレビに出られたんだろう?
今までテレビで見てきたすみれさんは普通の役をやっていて下手だとは思いませんでしたが、今まで見てきた方々は奇跡的に上手かったです。
でも、逆に安達祐実さんの演技に感心しています。
あんなにへたくそな演技をするんですから。
そういえば、朝ドラ「おっさんずラブ」でも、へたくそな演技をするシーンがあった。
そういうシーンに、女優の凄さを垣間見ることができる。

瑠衣ちゃんがおばあちゃんに!?

いよいよ最終週、いきなり瑠衣ちゃんがおばあちゃんに!
しかも、ジョーと一緒に岡山で喫茶店をやっているなんて、2025年どころか、もっと後なんじゃないですか?
白髪もかなり増えていて、もうおばあちゃんレベルまで時間が経っているような気がしました。
そこであのシーンを見せたということは、おそらく最終回であのシーンを放送するということですよね?
あれが2025年だったら、その時は歳を取りすぎている!?と突っ込みたくなりますねw

乗らねえぞ!

りょうちんに「一緒に船に乗ろう」と言われたが、真司は「乗らない!」の一点張り。

そう、信二には信二の考えがあったようです。

たしかに昔に戻ることがすべてではないし、真司が漁師になるために必要不可欠なものがなければ、それは自然なことだと思います。

息子としては、立ち直ってほしいから一緒に船に乗ってほしいのでしょうが、彼からすれば自分の考えがあるわけで、それを尊重してほしいのです。

シンジがイチゴを作ることは悪いことではないと思うんです。

引っ込み思案

義男のおかげで、早々に脱走を覚悟した完治ですが、やはり収容所に入れられてしまったようです。
満州の収容所かどうかは知りませんが、先日のコメントにも書いたように戦後数年で開放された収容所ですから、突然の帰還に皆さん驚かれたのではないでしょうか。
私の祖父もロシアで捕虜になり、数年後に日本に帰ってきました。
完治が3年間帰ってこなかったのは、ある種の贖罪のようなもので、終戦時に義男に教えられ、改心したのです。
正直、なぜ満州に行ったのか不思議でしたが、義男を最後まで見届けるための使者だったからこそ、あのような行動に出たのでしょう。
義男の死で少し評価が下がった完治ですが、再び鶴亀新喜劇に参加し、今後の活躍で評価を取り戻してほしいものです。

花さんから一言

公演を見に行った花ちゃんからの言葉

何も変わっていない。

これはいいことなのか悪いことなのか、どっちなんでしょうね。

個人的には、はなは悪いと思ってるんだけど。

そういう展開

私の直感は意外と当たるもので、ある意味「そういう展開もあるのか」と納得していました。

天海を見たときに、あんなに女性を捨てるような人ではないと思っていたので、振られるパターンかと思うと、まず納得です。

母親の仕打ちに笑う一平も微笑ましく、救われない話でした。

ただ、あそこで優が涙を流したのは理解できない。

泣いている様子から、わざと強く殴って追い出したように見えましたが、彼女側からするともっと事情があるのかもしれません。

そして、鍵を握るのは、天海と優を知る仙之助!?

明日、仙之助が話してくれるのか乞うご期待!

そう、言っちゃった

そうこうしているうちに、もう一人の福助も反対していたのですが、まさかの「賛成」宣言!?

はい」じゃないんだよ、福助は!

このままでは本当に光枝と結婚できないぞ!

黒井さんだって根性がないんだから!どうしたらいいんだろう。

そして、福富の菊も、自分たちのためとはいえ「この子のため」と言ったのだ!

しかし、旦那さんだけは賛成しているようで、岡安さんも福富さんも同じ夫婦構成なんだなぁと改めて思いました。

百裂バキューム

今日も百里は爆走中!

昨日は、仙之助の顔には、笑えない!?でも、今日はとても嬉しそうな顔をしていますね。

オバチャンは、百栗が嬉しそうにしてるのが嬉しいんです。

最初はなんだこいつと思ったけど、まさかももクリがこんなに可愛くなる日が来るとは思わなかったし、ますますももクリが好きになりそうです。

次回は!

そして、いよいよ恋愛モードでの来週予告!
和彦と愛ちゃんの恋人パターンはABCのどのレベルになるのか、とても楽しみにしていたのですが、どうやらAみたいですねー。
まあ、そうなんでしょうけど。
大穴のCはさすがに朝ドラでは出てこないはずですが、期待していた自分が恥ずかしいです
トモもかなり気合が入っていて、信子を攻めそうな感じでした。
予告では、恋愛に大波乱が起きるとまで言っていたので、和彦と愛が結婚を解消するところまでいくのか、注目です。

フィルム回収

そして、大阪に向かった靖子は、無事に稔に会うことができました
大阪では展開が早く、あっという間に映画を観に行くフラグが無事回収されました。
映画のオープニング、食事、サヨナラと、あっという間に過ぎていく時間もちょっと異常でしたね。
映画のオープニングが今までとちょっと違っていた。

マリッジブルー

和彦はマリッジブルーに悩まされている。
このまま信子と結婚していいのだろうかと悩んでいるのだ。
愛ちゃんの実家は大金持ちで、ある意味婿養子みたいなものだから、その心配は理解できるが、信子にとっては正直言って「どうだろう」ということなのだろう。
両親の外堀を埋める作戦は、確かに良かったのではないでしょうか。
アパートに住まわせて共犯にするのは、なかなかいい作戦ではないでしょうか?
しかし、この和彦という男も、石川と同じように優柔不断だと思わざるを得ません。
男女差別のように結婚していれば男らしいのですが、自分のこととなると信子にまで相談してしまうのです。

アイスクリーム頭痛

アイスクリーム頭痛、医学用語です。

最初はボケているのかと思いましたが、どうやら真面目な言葉だったようです。

私もアイスを食べると頭が痛くなる方ですが、あれはキーンと頭が痛くなりますよね。

というわけで、今日は暑いのでかき氷を食べます!(笑

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第27週目第153話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!