ひらり第37話のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ「ひらり」7週目第37話のあらすじのネタバレや感想をまとめています。

ひらりの第36話「」では、ストーリーでした。

ひらりの第37話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『ひらり』
1992年11月16日(月)放送
第13週サブタイトル『』

ひらりの最終回までのネタバレ≫

ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『ひらり』第37話のネタバレあらすじ

ここからは、11月16日に放送された朝ドラ「ひらり」第37話のあらすじをまとめたネタバレです。

思いを打ち明けるため、会社を早退して竜太(渡辺いっけい)のところにやってきみのり(鍵本景子)。

ところがそこにひらり(石田ひかり)が登場。

お似合いの2人を前に、みのりは早くも失恋気分。

ここまでが、11月16日に放送された朝ドラ「ひらり」第37話のあらすじのネタバレです。

第38話のあらすじを知りたい方は、ひらり第38話『』ネタバレへ読み進めてください。

朝ドラ「ひらり」第37話の感想

こちらは、朝ドラ「ひらり」第37話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

個人的な話

そして、いよいよ本題の私生活のお話です

千代に身の上話をさせたら、不幸な生い立ちを持つ人間なら誰でも「マジかよ!」と言うだろう。と思うことでしょう。

クズみたいな父親の話を聞いて、きっと智春も驚いたことだろう。

父親に見放されたと思っていたに違いない。

千代は捨てられただけでなく売られたわけですから、外から見てどちらが不幸なエピソードかといえば、間違いなく千代の方でしょう。

一平の話は、千代ほどではないが、女をつくって出て行った母親の話も、かなり個人的な話である。

一平と二人で生きていく話を改めて聞いてみると、とてもシリアスな話だったんだなあと思いました。

(もっとも、「ゲスい」部分の99%は照男に向けられたものですが。

どうしたんだ、四宮?

最近、四宮はどうしたんだ?

すっかり『お父さんはお人好し』のファンになってしまったようで、静子の両親が帰る時に文句を言っていましたね。

私の中では、ちょっといい役どころのキャラとして、最近四宮の株が急上昇中ですw

四宮の初挑戦が響いたかどうかは分かりませんが、無事に続けることができてよかったです

レベルが高すぎるジョーク

万太郎が「冗談」と言ったら、絶対に笑わなければならないのがルールです。

私には、あまりにもハイレベルなジョークで、全く笑えませんw。

冗談が高度すぎるか、全く笑えないかは、意見の分かれるところですが、財閥が笑うというお約束は、どの世界でもイエスマンばかりということでしょう。

ひよこ

本日、新情報が発表されましたね。

それは、ニワトリを飼っていることです。

まあ、田舎だからニワトリがいるのは当たり前なんだけど、うちのニワトリは丈夫だと言って、ニワトリに丈夫さの差別化があったとは。

嵐の中で卵を産んだタフなニワトリ」というのは、まさに嵐の中でさやかとモネを産んだお母さんたちのことでしょうか。

いやー、タフなお母さんですねー。

みんなを産むために必死だったんだよ!

あと、台風は過ぎ去り、なんとか無事でしたが、この台風は2007年9月なので、関東・東北の豪雨のことでしょうか?

危機感

昨日も浅岡さんの「上陸の可能性が高い」という言葉で危機感がありましたが、今日はニュースを入れなければならないほど緊迫した状況でしたね。

久しぶりの登米チームの登場ということで、あまり深刻にならないようにと思ったが、台風上陸の映像はすべてカットされ、結果だけが映し出された。

それでも無事に乗り越えた感があり、おじいちゃんもモネさんに感謝していた。

コウジもシンジに船を動かすのを手伝ってほしいと言ったが、それはシンジにしかできないことなのか、少し戸惑った。

真司にしかできないことなのか、ちょっと戸惑いました。

さすがマブダチ。

ほら、きぬちゃん、やっぱり私のマブダチだ!」。

この子は本当に周りが見えている。

全くしゃべれない靖子の状態から、全てを完璧に理解する能力を持っている。

ビズリーチじゃないですけど、うちの会社で即戦力として働いてください。

おそらく、稔は激怒し、金を渡せば母を叱責すると思ったのだろう。

どうしようもなくなったら、稔と駆け落ちしてラブラブになってほしいと思っているのかも……。

どうした仙之助?

照夫は、辞めさせてくださいと言いに行ったが、大山社長にあっさり追い出された!

そして、次に向かったのは、仙之助!

二人はなんだかんだで仲良くなっていたんですねぇ。

しかし、万太郎の一件以来、千之助はどうしたのでしょうか?と疑問に思うことが多かったのですが、今日はまさかの千代を褒めるという、今までありそうでなかった展開に!

照夫から「しっかり揉んでくれ」と言われていたのですが、もうずっと揉まれ続けているし、あの性格ならそれくらい知っていてもおかしくはないのですが、珍之介もどこを見ているのか、ちょっと興味津々でしたね。

また、「月さんのような役者」という表現を例えに出していたことにも驚きました

まさかあんなに千代を褒めるとは、明日はきっと雪が降るのでしょうねw

仙之助のクローズアップ

今日はまず、千之助のクローズアップから!

珍しさもあってか、珍之介はみんなに話しかけて、話を盛り上げていました。

母に捨てられたという真実を知ったメンバーたち。

一平は嫌なことを封印して記憶を改ざんしていましたが、千代の対応の早さはさすが……。

しかし、関西の女というイメージからか、やられたらやり返す。

気性の荒さという点では、二人はよく似ていた。

新しい木の机

デンデンさんに新しい木の机はいかがですか?モネたちが提案する。

そして、でんでんの疑問をすべて説明する逍遥さん。

政府の動向、地産地消、補助金と生々しすぎる。

補助金は確かに強いけど、入札の最後に大きくドンデン返しはないでしょう?

雰囲気的にはワンチャンスベンチャーみたいになってきましたね。

日曜日の雨

祭りの日、なんだか雲行きが怪しくなってきた。

昨日は晴れの予報だったのに、いきなり雨の予報です。

予報が真逆になるなんてことがあるのだろうか。

百音が活躍するために、都合よく天気が悪くなっている感じはあまりないですね。

百音は地元の人間だが、周囲からはよそ者扱いされている。

周囲からは「よそ者がかき回している」と思われているかもしれませんが、今回もすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎないか?

世の中そんなに甘くないと思うのですが……」。

宇田川さん

そして、今日は宇田川さんの声を聞くことができましたね。

クレジットにも載っていなかったので、かなりシークレットなキャラクターということですね。

これだけ引っ張られると、なんだかしょぼく見えてしまわないかちょっと心配です。

泣ける!

そして、4年目にしてようやく!

岡安に着いた時、みんなが出てきた瞬間に泣きそうになりました、、、。

岡安のみんなは相変わらずでよかったです!

しかし、いいことばかりではありません。

岡安も財政難で、今後、悪い展開が待っているかもしれません。

しかし、昭和初期は芝居茶屋に限らず不景気な時代でしたから、どこも不景気ですが、何とかしてほしいものです!(笑)。

永瀬廉さん(写真)

そして、今回の「おかえりモネ」で注目されているのが永瀬廉さんです。

ジャニーズではKing & Princeのメンバーとして活躍しています。

正直、私はジャニーズファンではないので、そこまで期待していないのですが、いい男は養分になれるので、出演を楽しみにしていたんですよねぇ。

そんな永瀬廉がいつ登場するのか、かなり注目されていましたが、今日は写真で登場しましたよ。

さて、本物はいつ登場するのでしょうかw

セールスウーマン!

瑠衣は早速、完成品を小暮に手渡す。

仕上がりがいい!」。値段もいい!

しかも毎月の契約が取れた!

瑠衣さんは、実は優秀な営業ウーマンなのでは!

男と女で分けるとジャンダーみたいなのが出てくるかもしれませんが、優秀なのは間違いないです。

毎月の契約で安定したお金が入ってくるのですから、かなりの大口顧客です。

仕事さえしっかりやって、切られなければ、確実に儲かる。

クリーニングの全国展開も夢ではないので、日本全国制覇を目指します(無理か!)。

伏線の回収

今回、2つの伏線を回収しましたね。

一つ目は、なんといっても四つ葉のクローバーです。

千代が初めて家事をした時に謎だったアレ!?

四つ葉のクローバーを探した目的は何だったのか?山村さんが幸せになるためでしょう?

そんなに大事なものなら、自分で探したらどうなんだ、と思いました。でも、それだけで機嫌が良くなるのなら、相当な乙女なんでしょうね。

もうひとつの伏線は、彼女の部屋が毎日散らかっていて、何度も着替えをしていること。

これも、夜中に一人で練習している現場を目撃して、その理由がわかりました。

今ならその理由がわかるのですが、暑いんですよねー。という時にいちいち着替える必要があるのだろうか。

確かに練習していると汗をかきますが、それだけ頑張っているアピールなのでしょうか?

もし、雑用係がいなかったら、この家はどうなっていたんだろう、、、、。

以上が、朝ドラ「ひらり」第7週目第37話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。

朝ドラファンの皆さんのコメント!