本日も晴天なり第16話のネタバレあらすじ!白米

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」3週目第16話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第15話「仕事の厳しさ」では、放送委員として仕事の厳しさを痛感するストーリーでした。

本日も晴天なりの第16話「白米」では、芸者の金太郎が白米を持って桂木家にやってくるストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年10月22日(木)放送
第3週

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第16話のネタバレあらすじ

ここからは、10月22日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第16話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり16話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

様々な物資が足りなくなる中、芸者の金太郎(木の実ナナ)が白米を持って桂木家に来た。兵器工場の慰問に行って芸を見せ、祝儀代わりにもらったという。末っ子の順平(吉田紀人)に腹いっぱいギンシャリを食べさせたくて、と言う金太郎にトシ江(宮本信子)は涙ぐみ頭を下げる。宗俊(津川雅彦)は、金太郎を守るべき自分が、米をもらって食っている情けなさを嘆く。元子(原日出子)は、父と金太郎の微妙な関係を作文に書くが…。

 

 

 

 

 

ここまでが、10月22日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第16話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第17話のあらすじを知りたい方は、第17話『卒業の日』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第16話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第16話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

乞食軍団

お久しぶりでございます! 小次郎率いる乞食軍団!

番傘の家族が光江を捜すために野に放った!

大矢さんと乞食軍団の最強タッグからすると、すぐに見つかりそうです。

ヤクザ

今日はヤクザが登場しましたね。

このヤクザは誰でしょうか?という顔をしていましたw

でも、おじいちゃん、正装すると、ハードボイルドみたいでカッコイイけど、ヤクザ感が半端ないですねー。

それに、あんなに優しい口調で挨拶するなんて、ヤクザの常套手段じゃないですか。

菅波さんがファイティングポーズを警戒する気持ちもわかります。

二の腕!

他の人のところに戻ろうとする桃音の腕を掴む亮。

うおぉぉぉ!!!!ここから告白タイム開始 って思ったけど、なんか間接的というか遠回しというか、気づけよみたいな感じでした。

わかってるんだろうけど。

いやいやいや。

という感じなんですが、それをはっきりさせたかったんです!!(笑)。

がパワーワードとしてトレンドになったが、あの無神経な百音符の返し方すら知らない

個人的な見解ですが、あんなにキスして抱きしめてくれるまでがワンセットで「わかってるよね?と思うより、願いたい感じです。

まぁ~朝ドラでは、最高レベルがキスなので、実現しないのでしょうが、亮がそこまで求めてきたら、ドキドキしそうですが…。

仙吉が死んだ!

そして最後に、数年後なのか分かりませんが、優と瑠衣が黒服に!!!!

あの登場の仕方は、誰かが死んだということで、千吉の可能性が高いです。

今回は情報が多すぎてついていけませんが、明日にはもっとわかると思います。

あっけなく死亡

千代が照男に「もう寝なさい」と言うと、照男はいつもの調子で「大丈夫です」と答えた。

しかし、その夜、彼はあっけなく逝ってしまった。

さすがに、亡くなるときの照男は静かで、ちょっとがっかりした。

あんこう確定!

はい、予想通り、今日、靖子が確定しました?。

さて、実はここ数日、平川アニキが安子説と安子じゃない説で論争していて、私もずっと安子説の予告をしていたのです。

確定と言いながら、心の中では「もしかしたらそうかもしれない」と思っていたんです。ない説はないのか?とドキドキしていましたよ。

でも、さすがに今日の内容からすると、靖子さん以外には考えられません。

予告で日本語を話し始めたし、あと3話しかないから、別人を思いつくには時間がなさすぎる。

康子が確定してホッとしています。

ミツオの叫び

3つの命の中に3つの命が叫んでいるんです!

かっこいい言葉ですが、3期生が言うと思わず笑ってしまいますね。

学費のことまで考えているところが、なんだか感心してしまいました。

だって、私がそうだったから。

高い学費を払って、学校では遊んでばかりいましたから。

親には本当に申し訳ないことをしたと思っています。

典型的なダメ亭主

今日はジョーのダメっぷりをたっぷりお伝えする回でした。

朝ドラでは典型的なダメ夫が登場しますが、ジョーの場合はクソ親父というより、本当に何をやってもダメなんです。

クソ親父といえば、朝ドラ「お父やん」の照男が圧倒的に有名ですが、性格も正反対です。

ダメ親父というより、ポンコツ親父かな?。

祝福されるために生まれてきた

地球祭当日にやってきたトウコ。

自分が彼の祝福を受けて生まれてきたことを伝えたいという。

謝れば、祝福されたことになるのか?

一平と同じく、独りよがりの謝罪ほど虚しいものはない。

電話

荷物を受け取った百音から電話がかかってくる。

今日は電話で終わりそうな一日だったが、その日の一杯目は日本酒だった。

好きだからいいんだけど、無難にビールとかから始めたほうがよかったのでは?

誕生日に日本酒を贈る父親は、僕にとっては神様なんだろうけど、モネにとっては迷惑な話だったんだろうな。

コヨキチ

そうだったんですか!

こよ吉」ってなんだ?

いや、わかりますよ。

小夜子と吉右衛門の息子だから「小夜吉」なんでしょ?

男の子につける名前じゃないと思うんだけど。

男女の問題でこんなこと言うと怒られそうだけど、名前が安直すぎると思う。

頭のいいサヨコさんなら、もっと意味のある名前を考えてくれると思いますが、もし次男が生まれたらどんな名前をつけるのか、気になりました。

関西のノリ

朝ドラ「お朝やん」は、冒頭から斬新なスタートを切ったが、大阪放送局制作ということもあり、大阪のノリについていけない人も少なからずいたようだ。

中には「普通の話から始めてほしかった」「関西のノリについていけない」と嘆く人もいたが、賛否両論があるということは、それだけこのドラマが注目されているということだろう。

まだ始まったばかりなので、これからどのように物語が進んでいくのか楽しみです!」。

ただ、スタートダッシュで全速力なのはいいのですが、空回りしないように願っています。

子供たちに迷惑をかけた

靖子は瑠衣と一緒に大阪に逃げた。

なんとか家を確保した二人だったが、生計を立てるために、芋から作った飴を売ることにした。

なかなかうまくいかず、苦境に立たされるのだが、こういうリアリズムがいい。

朝ドラ「おかえりモネ」の場合は、わりとなんでも簡単に解決していたので、もう問題は解決したのか?という感じでしたが、靖子の場合は、「そう簡単にはいかないだろう」と思いながら見ていました。

そして、印象に残ったのは、うまくいかなかったからこそ、子どもへの不満を爆発させたところです。

そんなの「あるある」じゃないですか!?

もうちょっと待てよ」と思うのですが、子どもは気にしていません。

とてもリアルで共感できるシーンでした。

初任給

まさか!

これでは、今までずっと給料をもらわずに生活し、働いてきたことになります。

その間、アクセサリーやいろいろなものを買うのにお金が必要だったはずですが、貯金を切り崩す必要があったのでしょうか?

さらに、初めて給料をもらった日に、食費や家賃をいくら払えばいいのか?それは最初に決めておかなければならないことです。

順番が違うような気もしますが、3万円はちょっと現実的でしたw。

看護師

今日、もう一つ分かったことがあります。

それは、春子には看護婦になる夢があったということです。

実の母親も看護師だったので、その影響は大きいのですが、勉強ができないため、最初からあきらめモードだったそうです。

もしかしたら、千代が頑張れと励ますシーンがあるかもしれませんが、看護師としての春子が見れないのは残念です

残り3話なので、そういった今後のストーリーは流さないのでしょうかね?

最後の最後で期待を裏切って流してほしいな~~。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第3週目第16話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!