本日も晴天なり第18話のネタバレあらすじ!声を電波に乗せる

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」3週目第18話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第17話「卒業の日」では、元子たち放送員16期生の卒業の日を迎えるストーリーでした。

本日も晴天なりの第18話「声を電波に乗せる」では、女子放送員として、声を電波に乗せるストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年10月24日(土)放送
第3週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第18話のネタバレあらすじ

ここからは、10月24日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第18話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり18話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

元子(原日出子)が女子放送員として、声を電波に乗せる初めての日がやってきた。本番前のマイクテストで、元子は「本日は晴天なり」と読むべきところを「本日も晴天なり」と読み、それを指摘されて一気に舞い上がってしまう。しかし、両親や兄、近所の人たちが聞いているのだからと度胸を決め、土壇場で落ち着き、第一声を終える。しかし、家に帰ると家族もご近所も、誰も元子の放送を聞けていなかった。ただ一人だけを除いて…。

 

ここまでが、10月24日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第18話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第19話のあらすじを知りたい方は、第19話『大きなミス』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第18話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第18話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

突然の同居生活

光枝が帰ってきた、一平が帰ってきた、千代が帰ってきた、それだけです。いきなり同居を始めたのには驚きました。

今までは、お千代ちゃんとお客さんとして一緒に過ごしていたのかもしれませんが、今はどちらかというと、お千代ちゃんもお客さん側です。

つまり、一平と同じ立場!?

今後、思わぬ展開になるのでしょうか!

味方!?敵だ!

なぜ一緒に行けないのかと問う瑠衣。
雪絵はその問いに答えられず、感じたままを口にするが、その不穏な気配は何だったのか…。
瑠衣のおでこの大きな傷を見て「諦めたから」と、間違いなく敵だ!
そんな感じなんでしょうか?
いや、確かに今までの雪絵の表情を見る限り、きっと優のことが好きなんだろうなということはわかる。
優が靖子に恋していることも、おそらく気づいているはずだ。
だから、康子を敵視して外堀を崩す作戦もいいと思うのですが、そういう作戦で康子をまた陥落させるのでしょうか。
この流れが続くとしたら、瑠衣に事実と異なることを告げて洗脳するという形になるのでしょう。
朝ドラ『カムカムエブリバディ』が昼ドラ化!
私にとっては、いつもワクワクする展開です でも、やっぱり靖子には幸せになってほしいです。

ただの若造

そして、現場で分かったことは、五十嵐はまだ若造、ただの若造だということでした。
まだそこにも至っていない五十嵐を、まるでカツアゲの訓練を受けなければならないかのように見下すようになったのだ。
二人のやりとりは、本当にまだ成長段階にある子供のようだった。
それは、瑠衣とジョーの関係にも通じるところがあります。
そして、日向が五十嵐に「まだ若くて未熟な学生だった」と言うと、五十嵐は「明日の第1スタジオに来い!」と言う。五十嵐も五十嵐だ。
自分が若輩者に過ぎないことを認めればいいのに、舞い上がってそれをアピールしようとするあたり、やはり子供なのだ。

大縄跳びの続き

朝ドラ「おかえりモネ」は、昨日の大縄跳びの続きから始まりました。

みちるから、ちょうちんのお父さんが行方不明になったと知らされ、海に落ちたかもしれないと言った時、その瞬間、”浅野忠信は、そんなに簡単に死ねるタマか “と思いました。と思ってしまいましたw

なぜ、いなくなって海に落ちたということを連想するのかが謎ですが、海の男だからでしょうかね?

まあ、死ぬわけがないと思っていたら、すぐに見つかってしまったので、本当に乗り越えたという感じですからね。

見つかるの早すぎ!?

という未知なるパニックが、長い捜索の末にようやく見つかったというパターンになるはずで、そんなに早く見つかったのなら騒がれることもないはずなのだ。

しかし、また酒を飲むようになったのだから、落ちぶれてしまった可能性もある。

貧血だった

母が倒れた時、まさかこんな展開になるとは! と思ったのですが、なにしろ貧血だったのです。
貧血と疲労は違うと思うのですが、どうなんでしょう?
疲れているから貧血というより、貧血だから疲れるという方が正しいのでしょうか?
私も時々めまいを感じることがありますが、貧血は侮れませんね。
それにしても、貧血で倒れた人に、別の借金を返せというのは、あまりにも酷な話ではないでしょうか?
確かにお金は借りたから返さなきゃいけないけど、体の心配よりお金の心配の方が大事でしょ!?私は心の中で叫んだ。
いや、気持ちはわかる。
誰にでも生活があることは理解しているし、きれいごとでは済まされないことも理解している。
ただ、お金を出すように促してもお金が出るとは限らないので、本当にお金を返してほしいのであれば、もう少し協力的になってもいいのでは? と思うのです。

サンタと団吾ちゃんの過去!

そして、ここで一つ回収!
それは、サンタさんとダンゴちゃんの過去です。
お二人は「妖怪ウォッチ七変化! 隠れ里の決闘」を上映していた映画館で出会ったんですね。
でも、お客さんが二人だけって、おかしくないですか?
まあ、人気がなかったということもあるのでしょうが、それにしても二人だけ?
そして、団吾の名前はこの時すでに団吾だったんですね、サンタは変わらないということがよくわかるシーンでしたw。

今週はどうしたんだろう?

今日も1分以上の振り返り放送!

今週はどうしたんですか?

一日中、行ったり来たり…。

私、そんなに記憶力が悪いわけではないんですよ。

この振り返りは誰のためにあるのか!?

アバンが全て前日のダイジェストという珍しい今週の朝ドラ「おかえりモネ」で、目を引いたのが菅波先生が来る~!?

回想でもないのに菅波さんが登場することに驚き、どこに登場するのか気になってしかたがない。

ミツリはどこへ行く!

算用が親の意見など知ったことかとばかりに席を立つと、ミツリ登場!
美登利のビンタを期待していたのですが、まさかあんな展開になるとは…。
美登里が稔を失ったからか、算哲が稔と重なりましたね。
一方、両親を亡くした算哲は、親の気持ちが分からないから、みゆりが代弁したわけですが、これも全く同じことですね。
誰もが親を思う気持ちは同じです。
その気持ちが算哲に伝わっていればいいなと思います。
ただ、気になるのは、みゆりさんがおとなしすぎることです。
先日、YOUがテレビに出ていましたが、ひどかったですねー。今後、康子さんの身に何かとんでもないことが起こるような気がしてなりません。
今日のほっこりする話は、ミツリがどこに向かっているのかちょっとわからないw

逆でしょ!

アマユの会が開かれていたが、なぜか信子が目を腫らして泣きながら帰ってきた。
いやいや、泣きたいのは信子さんではなく、トモさんです。
あまゆの店主もアレだったが、大の大人が集まって若者の恋愛を心配するのもどうかしている。
もちろん、沖縄の会だから、みんな家族という意識はあるのだろうが、勝手に妄想したり勘違いしたりするのは、迷惑極まりない。
まあ、ラブコメにありがちなシーンではあるが、とりあえず、賢誠は養豚場に戻ったから、当分来なくていい、とだけ伝えておいた。

きっとうまくいく

みーちゃんは、無事を知ると会いに行く。

優斗が「うまくいきそうだよね、あの二人」と言うと、桃音が「うん」と言う、その根拠は!?

それは希望的観測というものだろう。

個人的には全くそうは思わないし、仮にそう思ったとしても、あれだけのことがあったのだから、それは最後の手段だろう!?私は自然の驚異です。

すっごい面白くないですか?

みーちゃんはこの前、りょうちんが自分のことをそれなりに思ってくれていると思うって言ってたけど、私にはそんな気配は全くなかったけど。

ここで二人がくっつくのは無理だと思う。

東京に行って、それぞれ別の道を歩む方がしっくりくる。

そんなことを思いながら、結果を見ていた。

そして、そんなドキドキの中、りょうちんに別れを告げられる!

サンドウィッチマン!

出演者の中に見覚えのある名前があるなと思ったら、いました!サンドウィッチマンです。

役柄が自然すぎて、本当に漁師にしか見えませんでしたね。

せめて、魚人Aと魚人Bって名前にしてよ~~。

りょうちんのためにマグロを釣るのかって話になってましたが、モネさんは本当によく盗み聞きしてますよね?

気分はボッチ

昨日から感じていたのですが、夏木マリさんってそんなにボスっぽくないですよね?
役柄でも森林組合のボスだし、大地主なら周りの住民にも知られてる。
特にあの金髪は?
あの金髪はスーパーサイヤ人のような強さを感じさせるのでしょうかw

身代わりの神様

千代は思いがけず初舞台で初主演を務めることになった。

まさに彦摩呂さんが「代役の神様~~~!」と言いそうなフレーズです。

ねずみ3号から主役への昇格はかなりすごいですが、初舞台ですからねぇ。

漆原陽次郎が腰痛で舞台に参加することになったので、実は2回目なのですが…。

これは代役の神様というより、アクシデントの女王と言った方が適切かもしれない。

“できるかどうかわからないけど” “もちろん、できますよ!” 実はこの時、私はかなり興奮していたのです

ドクター菅波クルー

久しぶりに菅波博士が登場しました!

久しぶりの管外出演ということで、SNS上でも盛り上がっていましたね。

長い間お待たせしてしまいましたが、いよいよ桃音と先生のパートです。

と思ったら、やっぱりみーちゃんがいた。

みーちゃん、着る服を並べて、何を着るんだろうと思っていたら、まさにその通り!という感じでかわいいです。

漆原さんのアップ

最後の漆原さんのアップは、なんだか可愛くてキャーキャー言ってしまいますね。と思ってしまいました。

でも、そういう状況じゃないんですよね。

辞めてくれって言ってるのは、最初から一緒にいる人でしょう?

徳利や珍之助がいないだけで辞めてしまうような人を置いて、ずっと残ってくれた漆原さんを追い出すんですか?

明日が気になる~~~!!!!

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第3週目第18話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!