本日も晴天なり第20話のネタバレあらすじ!夜間焼夷弾攻撃

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」4週目第20話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第19話「大きなミス」では、元子が生放送中に大きなミスをするストーリーでした。

本日も晴天なりの第20話「夜間焼夷弾攻撃」では、東京が初の夜間焼夷弾攻撃を受けるストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年10月27日(火)放送
第4週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第20話のネタバレあらすじ

ここからは、10月27日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第20話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり20話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

 

元子(原日出子)は、空襲で下宿を焼かれた同期ののぼる(有安多佳子)に、仙台放送局に行ってしまったトモ子の代わりに叔父の洋三(上條恒彦)のカフェ・モンパリに下宿するよう勧める。寂しがっていた叔母の絹子(茅島成美)も喜んでのぼるを迎え入れた。ほっとしたのもつかの間、翌日の11月29日の真夜中から、東京は初の夜間焼夷弾攻撃を受ける。宗俊(津川雅彦)たちは消火に駆け回り、金太郎(木の実ナナ)を救い出すが…

 

 

 

一年後の終戦など知るよしもない元子たちは、華やいだ雰囲気の中で毎日研修にあけくれた。

さて、研修が終わりそれぞれの職場に配属されると、元子たちは、国内放送はもちろん、海外向けニュースも担当し、時には取材活動にまでかり出され、毎日が激務の連続となった。

彼女たちはさまざまな困難に直面しながらも、決して明るさを失わなかった。

そこには生き生きと働く青春模様があった。

やがて終戦……。

戦争が終ったのぼると肩を抱き合った元子の目からは、とめどなく涙が・・・・

 

アメリカ軍が進駐してくることへの不安と、男性アナウンサーたちが復員してくるという現実の中で、彼女たちのほとんどが職場を去っていく。

一年という短期間に、青春のありったけをぶつけた元女性アナウンサーたちは、戦後へのそれぞれのきびしい再スタートを、失職という地点から始めなければならなかった。

その後元子は結婚し、こどもを育て家庭を守りながら、自分の世界をつねに失わず、やがてルポライターとしての道を歩んでいく。

 

 

太平洋戦争末期の昭和二十年三月十日未明。

東京はB29三三〇機によるすさまじい大空襲にみまわれた。

どこもかしこも焼け野原になった東京で、元子(原日出子)の住む人形町は、かろうじて焼け残った。

全員が無事だった元子一家は、町内の救援活動におおわらわである。

勤務先の放送局にもどった元子は、先輩の放送員・黒川由美の死を知り、大きなショックを受ける。

人形町でも、芸者・金太郎(木の実ナナ)の行方がついにわからなかった。

親しい人たちの突然の死に直面し、悲しみのどん底にいる元子を、兄の先輩で陸軍中尉の正道(鹿賀丈史)はしっかりと抱きしめるのだった。

戦局はますます悪化し、日本の敗色は日に日に濃くなっていった。

終戦前日の八月十四日。

終戦による反乱軍の放送局占拠を危惧した放送員室長・立花(渥美国泰)は、元子ら十六期生を集めて訓示した。

 

女子放送員たちは、まさに激動の歴史の真っただ中にいたのだ。

そして終戦。

放送局には進駐軍がやってきた。

そして、戦地からも男子職員が少しずつ復員してきた。

女性アナウンサーに対してはことのほかやさしい進駐軍に、業を煮やした沢野(森田順平)は、ある日アナウンス室でふんまんをぶちまける。

「戦争が終って、もう役目はすんだのだから、生活の心配のない女の子はさっさとやめるべきだったんだ」

それを聞いてカッと頭に血がのぼった元子は、「そこまで言われて残るわけにはいきません、私はやめます」とたんかを切る。

 

そして元子と同じ気持の十六期生東京組の九名は、全員で立花に辞表を提出する。

放送協会を退職した元子は、古着屋として第二の人生を歩み出すのだった。

 

 

昭和20年秋…。

元子(原日出子)と正道(鹿賀丈史)の仲を周囲が早合点し、二人の知らぬ間に話はあらぬ方向へ進んでしまった。

しかし、そのうわさがきっかけとなってお互いの気持を知った二人は、めでたく結婚のはこびとなった。

こうして、元子にとっても日本にとっても激動の年、昭和20年が暮れていった。

年が改まるとすぐに、正道は出版事業で、元子は生活必需品の交換業で忙しい毎日が始まった。

ある日、兄・正大の戦死の報が届いた。

突然の悲報にトシ江(宮本信子)は泣き伏し、宗俊(津川雅彦)は歯をくいしばって悲しみに耐える。

しかし、そんな桂木家にも明るい話題があった。

元子がみごもったのである。

それから四か月後、正大とフィリピンで同じ部隊にいたという草加(冷泉公裕)が、正大のまいご札を持ってあらわれた。

それから四か月後、正大とフィリピンで同じ部隊にいたという草加(冷泉公裕)が、正大のまいご札を持ってあらわれた。

出征のとき、宗俊が手渡したものである。

正大の生存に一筋の望みを託していた元子たちだったが、悲しみも新たに、正大の葬式がしめやかにおこなわれた。

ある日、正道の出版事業を手伝うことになった草加が、紙の代金を持ったまま行方不明になった。

ここまでが、10月27日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第20話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第21話のあらすじを知りたい方は、第21話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第20話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第20話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

不吉な予感

千代は、練習の帰りにコードが切れてしまったため、「不吉」を口にする。

すると、さっそく不運が訪れた!

こんなに早く旗を回収するのは初めてだ。

今週は輝夫の死が確定している週なので、これから3日間、どんな問題を起こすのかハラハラドキドキです。

認められました

このまま何の動きもなく千手観音の終点に到着するのかと思いきや、千鳥の出現でいきなり流れが変わりましたね。

千手観音の幕が開いたときはどうなることかと思いましたが、千鳥の登場でこれはいけると思いました。女の勘でしたね。

珍之助は周りのことなど気にしない性格で、人を笑わせるためには人を傷つけても構わないと思っているようですが、観客を笑わせなければならないと思うのなら、少しは観客への配慮があってもいいのではないでしょうか?

だって、お客さんを笑わせるためにやっているんでしょう?

相手をどうにかしたいという思いがあるのであれば、それを知っておくといいのかなと思いました。

最終試験

期末試験の勉強が、ただの試験ってどういうこと!
試験には緊張感があり、合格にはその緊張感に打ち勝つ価値があるw
まあ、単純にそこが面白くもなんともないんですけどねー。で、グッズを作れということで、次のステージです。
木でできたグッズというと、椅子などの家具や小物類になるのですが、おそらく企画を考えてほしいということなのでしょう。
自分で作れということであれば、それは職人芸になるので、どんな企画が来るのか楽しみです

天然相手

大乾燥室が出てきたとき、火葬場の釜かと思ったのは私だけでしょうか?

湿気を取らないと割れるというのは初めて知りました。

木材を乾燥させると・・・。10日~2週間もかかるんですか・・・。それは大変な作業ですね・・・。

自然乾燥はかなり難しいようで、天候にも左右されるのでしょうかね?

林業だけでなく、農業など自然を相手にする産業は大変なんだなぁとしみじみ感じました。

突然の小田さん!

瑠衣と丈一郎は、ついに回転焼きの店「大月」をオープンさせる。
しかし、京都の人々に全く見向きもされず、出鼻をくじかれることになる。
チラシを配ろうとする丈一郎に、「両手がふさがっている」と言われる。
そして、織田信長さん!
京都人は知らないものは食べません! 確かに、京都に詳しくないですからね?。
この流れから、今日は回転焼きのお店が苦戦するかと思いきや、ベリーのおかげでお店が繁盛するという、これまたスピード感のある展開になりましたね。

打ち止め

千鳥一座の客足が遠のくのも無理はない!

一番前で見ていた2人は、めっちゃ寝てましたしね。

後ろの方でも、まどろんでいる人がいました。この人たちは本当に芝居が見たくて見に来ているのだろうか?

確かに校長先生の話だったら眠くなるのもわかるけど、せっかくお金を払って見に来たんでしょう?

お金を払って、眠くなるということは、相当面白くないということです。

三楽劇場の座元は、さすがに客数の減少に限界を感じ、長年のパトロンでありながら、「もう我慢の限界だ」と宣言した。

そこまで我慢した三楽座の座元は偉いと思うのは私だけでしょうか。

VIP席

そして、大山総裁の登場です。

VIP席に座ったのだが、なぜか違和感しかない。

会場も疲れたようにあくびをし、そろそろ雷が落ちるかと思いきや、仙之助が!?

千之助の舞台でニヤニヤしていた大山社長も気になったが、アドリブに夢中であった。

これが雑種の寝言

千代を励ましに来たメンバーも和気あいあい。
それが終わった後は、添い寝のシーンでした。w!って感じでした。
なんでこんなに離れて寝れるんだろう?
現実的に考えれば、同じ方向で寝るのが普通なのでしょうが、ドラマではそういうシーンが多いらしいです。

ダサい

内田は、昨日も今日も、なぜかキーパーソンです。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、内田ははっきり言う人です。

たしかにダサいと感じたが、100%裏表のない鮫島氏もなかなかいいセンスをしていた。

重機

すごい重機ですね。

重機で木を持ち上げて、そのまま枝払いや伐採の作業をする便利なアイテムです。

実は私もこの機械のようなものを見たことがあるのですが、本当に一人でできてしまうのですから驚きです。

昔は人が全部やっていたわけですから、かなりの進歩です。

また、皆さんは木を切ったことがありますか?

私はたまたまそうする機会があったのですが、全然切れないんですよー。

切っているのですが、ノコギリを何度も引っ張ったり押したりして、進まなかったんです

木を切るのは本当に大変なんです!

ということを知ってもらいたいですw

ハイライト

朝ドラ「おっさんずラブ」の特徴といえば、昨日のハイライトから始まることでしょう!?

昨日のラストシーンは、照男が借金で夜逃げしたと聞いて終わりましたが、今日は小沢さんが倒れたシーンから始まりましたね。

昨日見ていない人にとっては、ハイライトは嬉しいのですが、個人的にはこの時間を使ってもっと新しい物語を流した方が楽しめると思うのですが、、、。

でも、今日は短くてアバンギャルドな感じだったので、それで十分かなぁと思います。

エクシード!

そして完治は満州でだいぶ評価を落としたが、ここでまた株を上げた!?
いつか一平ちゃんを超えるぞ!!!!
あの表情は最高でしたね~!
千代が出て行ってからは、かつて二人の家だった場所に一人で住んでいます。
おそらく完治が「一人で大丈夫」と言ったから住んでいるのでしょうが、正直、一人で置いておくのはちょっとおかしいですよね?
そこまで子供じゃなくても、相手の痛みがわかるから絶対に裏切らないと言って、一緒に住んでいたのに、いつの間にか家を出て行ってしまった。、、、、
完治からすると、あの言葉はどうだったのだろう!?でも、完治はもう大人だから、理解できたんだろうな。

オープニングは2回のみ!

ついに、朝ドラ「おかえりモネ」が本日最終回を迎えました!

お疲れ様でした。

結局、今週のオープニングは2回だけでしたね!

最後の3回は、途中で音楽が流れたので、今となっては、そういう終わり方だったんだなぁと感じています。

2000円

そもそも借金は2000円だが、その価値はどの程度なのだろうか。

個人的には、シズが肩代わりしてくれる線もあるのではないかと睨んでいたのだが、今回はシズがきっぱりと断ったので、その線はあっさりなくなった。

まあ、確かに千代さんにとっては不都合でしょうが、女将として何かしてあげられると思った矢先、福富の菊で何か企んでいたんでしょうねえ。

さて、どんなことを企んでいるのか、ちょっと楽しみです

ちなみに私の想像では、道頓堀に仲間でヤクザを集めて、ボコボコにするんじゃないかと思っています。

きっとそんなことはないだろうけど、そんなあらすじで笑わせてくれても、朝ドラの「お朝やん」になるんじゃないかと、ちょっと期待しています…。

私の研究

ミーとじいちゃんは言い争いをしていた。

こういうときって、年齢というか経験がものを言うんですよね。

案の定、おじいちゃんの言うことが正しくて、ミーちゃんは大慌て。

結局、おじいちゃんの方が正しかったのですが、おじいちゃんの気持ちも、みーちゃんの気持ちもわかるだけに、ちょっと切ない…。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第4週目第20話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!