本日も晴天なり第23話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」4週目第23話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第22話「」では、ストーリーでした。

本日も晴天なりの第23話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年10月30日(金)放送
第4週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第23話のネタバレあらすじ

ここからは、10月30日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第23話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり23話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

正道は病院に横たわる元子の涙をそっとぬぐってやりながら、彼女を精いっぱい励ますのだった。

「あの子は必ず帰ってくるよ。弟や妹を連れてきっと帰ってくるよ」

若さと気力で健康を取りもどした元子のもとに、日本放送協会で働く恭子(小島りべか)から連絡があった。

妊娠しているのぼる(有安多佳子)のピンチヒッターとして、番組〈婦人の時間〉を手伝ってもらえないかというのだ。

おなかの子をなくした悲しみから立ち直るためにも、元子はもう一度マイクの前に立とうとする。

ここまでが、10月30日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第23話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第24話のあらすじを知りたい方は、第24話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」第23話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第23話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

大阪

そんなサトシですが、まさかの1週間前から大阪で仕事をしていたことが判明!?

大阪で働いてお金を稼いで、東京に来たそうです。さすが、朝ドラ「チムドトン」で唯一のまともな男と言っても過言ではありません。

彼はとてもまともです!

ニーニーの借金のおかげで上京できた人とは大違いですが…。

苦労話を聞いてもピンとこないし、そもそも仕事が楽しいと思ってるんだろうか。

本当に何も知らない信子に、まずは一般常識と呼ばれるものを学ばせた方がいいような気がします。

それは本当に彼女の性格からくるものなのだろうか。

沖縄で相当苦労されたのでしょうが、そんな常識がないのは、ただの田舎者だと片付けていいものではないと思います。

乗らねえぞ!

りょうちんに「一緒に船に乗ろう」と言われたが、真司は「乗らない!」の一点張り。

そう、信二には信二の考えがあったようです。

たしかに昔に戻ることがすべてではないし、真司が漁師になるために必要不可欠なものがなければ、それは自然なことだと思います。

息子としては、立ち直ってほしいから一緒に船に乗ってほしいのでしょうが、彼からすれば自分の考えがあるわけで、それを尊重してほしいのです。

シンジがイチゴを作ることは悪いことではないと思うんです。

戦いの始まり

朝ドラ「お千代ちゃん」は喧嘩から始まった

時代遅れだ!時代遅れだ

なんだよ~、もう一回言ってみろよ~!

という、よくあるパターンで喧嘩が始まりました。

そもそも喧嘩の原因は、「女形はいらない」と言いながら、一平のコミュ力のなさだけが原因だった。

前段の「辞めてもらう」は言葉足らずだったし、後段の「女形はいらない」は言い方の問題だった。

今回の新喜劇では、女役を女性にやってもらうのだから、男役は無理なのか?という相談ばかり。

確かに女役というプライドはあるかもしれませんが、今までの漆原さんを見ていると、よく話を聞いてくれるタイプなんです。

それがわからない一平ちゃんは、まだまだ子どもですね。

久しぶりのアバーン!

久しぶりの世紀末ではなく、久しぶりのアバーン!

アバーンについて言及するユーザーはかなり多く、私もその一人ですw

まだ深刻な状況なのに、今日だけアバンがあるなんて、時間調整をミスったに違いない! W?

モネは人手不足と言われて連れてこられた。

二人とも場の空気を読めないところがあるので、何をしでかすかわからないのがちょっと神経を使いますね。

浅岡さんが機材をどうするのか気になりました。

楽しい話

親子世代で友達が集まって楽しく過ごすシーン。

なんとなくこれから良くなりそうな予感がしますが、シンジが死亡報告をして事態に区切りをつけるかどうかが見ものです。

ゆり子と監督

妥協を許さない映画監督!

百合子さんの「さようなら」のセリフに何度もノーと言っていたのですが、そもそも無声映画でなぜノーと言わなければならないのでしょうか?

声ではなく表情のことを指しているのかもしれないが、妥協しない映画監督のような雰囲気が漂っているように感じた。

瑠衣は見た!

瑠衣は見た。

ロバートが康子を抱きしめているのを!?

ってか、よく昔の住処を覚えているもんだ。

子供が一人で電車に乗るなんて現実的にありえるのか、と問いたいところですが、それ以上に、あんな場面を見せられたら、「入学式に何してるんだ!」と言いたくなるのは仕方ありません。

結局、すべては誤解だったのだ。最初から「アルタがいなくなったから探しに行く」と言えばよかったのに、何も言わないから瑠衣の誤解を生んでしまった。

お金がなくなれば、人間関係もなくなる

朝ドラでは定番の「戦争」の話。

すでに3話目にして、戦争の話とは、かなり急展開ですね。

ノモンハン事件」は、かなりの事件です。

戦争中にパーマネントが禁止されましたが、お菓子作りで何が禁止されるのでしょうか。

でも、やっぱり岡山のパーマネントは朝ドラ「あぐり」しかない!?

ちょうど「あぐり」の時期と重なりますね。

ここにあぐりが登場すれば、大きな話題となるのですが、さすがにそれはなかったですね。

ひょっとして合格した?

サラダを作ったので、いよいよ食べます!

とちょっとドキドキしていたのですが、まさかの合格!

え、発表と違う?これって夢?と思いましたが、夢だけではありません。

次のテストです。

はい、いつものパターンが来ましたー。

何度 “まさか!”と思うことでしょう。ちょっと茶番劇みたいで、こういう流れはあまり好きではありませんでした。

最初から不合格にしてくれた方が安心できたんですけどね。

組踊

そして、もうひとつ回収されたのが組踊です。

何のために持ち帰ったのかと思ったら、祭壇だったんですね。

そうでなかったら、棚を作るとか、そういうことは考えなかったのでしょうか。

おじいさんは「ちょっと貸してくれ~~」と言いながら、ノコギリで切っていました。

返す気がないのは明らかだった。

10日間連続出勤

先週、信子は店主の房子から10時間連続勤務を命じられた。

今なら労働基準法とか結構うるさいので許されないのですが、当時は24時間働けるのか?時代の精神からして当たり前のことだったのだろうか。

まあ、時代ですから10時間連続勤務でもいいのですが、そもそもこの店には定休日がなかったのでしょうか?

年中無休の最先端レストランならいいのですが、おそらく休日をはさんで10時間連続勤務ということですよね?

また、調理と接客の両方を担当されているとのことですが、一流レストランはそういうものなのでしょうか?

これからはブラック企業として肝に銘じようと思います。

あと、これは毎日のことだろうけど、髪型は本当にどうにかした方がいい。

髪を気にしている人が多いのか、コメント欄はまさにそれ一色。

チドリン

カタキンで早々に笑いが取れましたが、カタキンの後、いきなり「チドリン」!?

今回は飛ばしすぎじゃないですか!?

千鳥にもクセがあったけど、千鳥林にもクセがある!

この二人の関係が気になって仕方ない・・・。

千鳥さんのことを「ちどりん」と呼ぶこの人は、もしかしたらただの人じゃないのかもしれないと思わずにはいられません。、、、、、

2回目のカタキン出しで、こいつはただの変態だと判断しました。

ニューフェイス

朝ドラ「おっさんずラブ」第8話で、またまたニューフェイスが登場。

なんと、この人! クセになる!?

そして、みんなが突っ込んだあの言葉、”しゃべれないの!?”

このガイドさん、面白いですよね。

調べてみると、ガイドさんではなく、鶴亀座の支配人さんだったのです

演じていたのは、演出家でもあるボブ・マーサムさん。

今後の公演に期待しましょうw

セレクション

稽古を頼まれた珍乃助は「やらない」と言う。

そして、主役を降板することを発表したのです!

先週、万太郎が亡くなり、いよいよ世代交代の時期がやってきました。

主役に抜擢された千代は、不器用で棒読みな受け答えで、昔に逆戻り。

しまいには、岡っ引きで食事をしている千之助を捕まえて、「どたぬき」とはどういう意味か?と聞いた。

書き手はその場の流れで書くことが多いと思うので、ああいう質問の意味はなかなかピンときません。

あと、飲んだあとの「ごーごー」って、エド・はるみさんですか?

千代はそろそろ引き際だと思い、チビチビと寂しそうに飲むのですが、辛いものに絡んで台無しにします。

これが朝ドラ「おっさんずラブ」だ! と言わんばかりのオープニングでしたw

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第4週目第23話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!