本日も晴天なり第33話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「本日も晴天なり」6週目第33話のあらすじのネタバレや、本日も晴天なりと原作の比較、感想をまとめています。

本日も晴天なりの第32話「」では、ストーリーでした。

本日も晴天なりの第33話「」では、ストーリーとなっています。

朝ドラ『本日も晴天なり』
1981年11月11日(水)放送
第6週サブタイトル『』

本日も晴天なりの最終回までのあらすじ≫

朝ドラを見逃した方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、1話から最終話まですべて観られます。(過去作品も見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『本日も晴天なり』第33話のネタバレあらすじ

ここからは、11月11日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第33話のあらすじをまとめたネタバレです。

本日も晴天なり33話のあらすじを要点にまとめると、こんな感じのストーリーとなっています。

ここまでが、11月11日に放送された朝ドラ「本日も晴天なり」第33話のあらすじのネタバレです。

本日も晴天なり第34話のあらすじを知りたい方は、第34話『』へ読み進めてください。

朝ドラ「本日も晴天なり」ファンの皆さんのコメント≫

朝ドラ「本日も晴天なり」第33話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「本日も晴天なり」第33話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

VIP席

そして、大山総裁の登場です。

VIP席に座ったのだが、なぜか違和感しかない。

会場も疲れたようにあくびをし、そろそろ雷が落ちるかと思いきや、仙之助が!?

千之助の舞台でニヤニヤしていた大山社長も気になったが、アドリブに夢中であった。

お気持ちはわかります

義男は自分の過去を話したね。

自分が一人で死んでいる時に手を差し伸べてくれる人がいれば、たとえ相手が悪人であっても、その人にとっては恩人なんです。

もし、誰かが手を差し伸べてくれなかったら、死んでいたかもしれない。

千代が幼い頃から岡安の人たちと接してきたように、義男がヤクザたちと過ごし、家族以上の絆を感じていてもおかしくはないだろう。

その恩義と愛情があるからこそ、あの人たちと手を切れと言われても、そう簡単にはいかないのだろうと想像できる。

ある意味、千代は過酷な環境で頑張ってきた分、他の子供たちと似ていますが、優しい人たちに囲まれていて、そこだけは義男と違って救われた環境だったのでしょう。

そもそも、あんなに仲の良い兄弟を引き離した照雄が一番悪い! という点では、誰もが納得するところです

あのクソ親父が少しでも子供のことを思ってくれていれば、こんな悲しい結末にはならなかったのに…。

早すぎる開発

今日は久しぶりに鮫島さんが登場しましたね。

日本代表の選考でしたが、迷うことなく選ばれました!

速すぎない展開!

朝ドラ「おかえりモネ」の86話は、みんなの成長を感じる回だったので、あくまでサブストーリー的な扱いなのでしょうw

日曜日の雨

祭りの日、なんだか雲行きが怪しくなってきた。

昨日は晴れの予報だったのに、いきなり雨の予報です。

予報が真逆になるなんてことがあるのだろうか。

百音が活躍するために、都合よく天気が悪くなっている感じはあまりないですね。

百音は地元の人間だが、周囲からはよそ者扱いされている。

周囲からは「よそ者がかき回している」と思われているかもしれませんが、今回もすぐに信頼を得ています。

試練の山が小さすぎないか?

世の中そんなに甘くないと思うのですが……」。

子供を作ろう!

子供作れ!!!フラグが立った!!!!?

久しぶりに喫茶店に行った二人。

そこでマスターに「子供を作れ」と言われた。

息子を一人で行かせたことに後悔があったのかもしれませんが、これは完全にフラグですね!

たった1ヶ月の幸せな結婚生活だったということですが、1ヶ月で子供を産むというのはかなりの確率ですよね?

もしくはかなりの数をこなしたか・・・。

ちょっとキツい言い方になってしまいましたが、早く子供が欲しいです!

千の退場!

ちんのすけはセリフを忘れ、アドリブもできない。

そして、万太郎の役者が終わっている件。

これは完全にフラグです。

おそらく明後日には、ちんのすけが退場する流れになると思います。

正直、千之助は結構な年齢だと思うので、新しい役者さんが入ったことで、世代交代が進むのではないでしょうか。

片桐シアター

今日は冒頭から下地先生が登場!

いやはや、今日はどんな片桐劇場を見せてくれるのか、期待していたのですが、虔十の態度は本当にえげつないですね。

後述しますが、優子ちゃんがいない!ってのもちょっとおかしいですよね?

まあ、この親子については後述するとして、普通に歩いているのに、複雑なアザってどういうこと?

というか、複雑性打撲って言葉あるんですか?

複雑骨折は聞いたことあるけど、複雑打撲は初めて聞いたわ。

で、結局は歌子さんに軍配が上がるんですよねー。

歌子に歌わせて告発しないなんて誰でも想像できることだから省略するが、複雑骨折ってなんだ! 普通に歩いてるやん! SNSで突っ込んで片桐劇場を堪能しました。

田中さん!

先週は田中ウィークでしたが、生きてましたよ!

田中さんの死はもうナレーションもないだろうと思っていたのですが、再登場ということで、まだまだ続くようです。

どちらかというと、モネよりも菅波の方が医療に苦しむというあらすじに使われそうな気がしますが……。

瑠衣は見た!

瑠衣は見た。

ロバートが康子を抱きしめているのを!?

ってか、よく昔の住処を覚えているもんだ。

子供が一人で電車に乗るなんて現実的にありえるのか、と問いたいところですが、それ以上に、あんな場面を見せられたら、「入学式に何してるんだ!」と言いたくなるのは仕方ありません。

結局、すべては誤解だったのだ。最初から「アルタがいなくなったから探しに行く」と言えばよかったのに、何も言わないから瑠衣の誤解を生んでしまった。

湯婆婆は詰んでいる

あと、夏木マリさんの声を聞くと、どうしても湯婆婆を超えられないんです。

歳のせいかもしれませんが、湯婆婆色が強すぎるんです。!!!!

まあ、彼女だからしょうがないけど、もうちょっと濃いとさやかちゃんに見えるかもね。

今週はどうしたんだろう?

今日も1分以上の振り返り放送!

今週はどうしたんですか?

一日中、行ったり来たり…。

私、そんなに記憶力が悪いわけではないんですよ。

この振り返りは誰のためにあるのか!?

アバンが全て前日のダイジェストという珍しい今週の朝ドラ「おかえりモネ」で、目を引いたのが菅波先生が来る~!?

回想でもないのに菅波さんが登場することに驚き、どこに登場するのか気になってしかたがない。

歌子さん、聴いてますか?

やっぱり歌子はサトシが好きなんだね。

そりゃあ、あの人なら好きになるに決まってるじゃない。

運動会のフォローも、今回の賢誠のフォローも、彼女はやんばるの良心なのだ。

しかし、歌子は時々、筋の通らないことを言う。

子供の頃もそうだったが、「あんたは信子が好きなんでしょう」と言われても、私だって聞く耳は持たない。私でも聞きませんよ。

あまりにも唐突で、ドキドキしちゃうんですよね~。

このまま三角関係になってしまうのでしょうか?

たくさんの黒いコート

ナレーターは黒衣の桂吉弥と紹介されていましたが、黒衣の人多すぎじゃないですか?

もしかしたら、この中に主要人物となる人が混じっているのではないかと思って見ていたのですが、誰なのかわかりませんでしたw。

あと、あの人たちは一般的には「くろこ」と呼ばれていますが、文楽や歌舞伎の世界では「くろこ」ではなく「くろご」と呼ぶのが正しく、「くろご」とも読まれるそうです。

稔の回想ではない!

そして、瑠衣の父・稔が登場!

クレジットに回想がなかったので、まさか生き返ったのか! と想像していたのですが、まさかの父・稔の姿が幻のように見えて嬉しかったです。

写真でしか見たことがなく、父に会ったことがない瑠衣にとっては、あのシーンだけで父の温かさを感じ取ったに違いない。

そんなこともあって、彼は母を探すことを決意する。

これは面白い展開になってきましたね~。

来週、再来週が待ち遠しいですね。

レジェンドマスター

クレジットに「レジェンドマスター」発見!

なんだろう?レジェンドマスターって何?

超大物が出てくる予感がしたのですが、登場すると本当に仙人!?

伊藤さんの師匠ということは、相当な腕前ということですよね?

ちょっと仕事をしているシーンがあったのですが、凡人の僕にはどうしてそんなにすごいのか理解できませんでした。

以上が、朝ドラ「本日も晴天なり」第6週目第33話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。

朝ドラファンの皆さんのコメント!