マー姉ちゃん第155話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」26週目第155話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月28日(金)放送
第26週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第155話のネタバレあらすじ

ここからは、9月28日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、9月28日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第156話のあらすじを知りたい方は、第156話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第155話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

菅波さん(声)菅波さんは、先週の放送の最後に登場しました。

今週も登場するかと思いきや、初日に声だけ登場しました。先週からどうでもいい回想に時間をかけすぎているのは見慣れていますが、本当に時間をかけすぎています。

そんなに時間をかけるなら、もっと菅波先生を見せてくださいよ。確かに「頑張れ」のメールは来ましたが、試験当日に長文の手紙を送ってきた人と同じ人からのメールとは思えないほど短いものでした…。まあ、菅波先生らしいといえばらしいのですが、モネはもう少し期待していただけに、落ち込んでいるように見えました。

彼女は自分が恋をしていることに気付き始めているのかなと思いました。彼女は恋をしていることに気づき始めているのかなと思ったのですが、まだその域には達していないようですね。

早く二人が結ばれるのを見たいですね。子供ができるような展開にはならないと思いますが、できたらちょっと燃えるかもwスーツ翌朝、ついにスーツを着てOL風に出勤!?次の日の朝、ようやくスーツを着てOL風に出勤しました。セキュリティの高い、なかなかかっこいい会社でした。

従業員が数人の小さな会社だと思っていたのですが、従業員の多さに驚きました。

クレジットには社員の姿がなかったので、紹介されただけで今後は関わらないのではないでしょうか。

個人的には、船の話と天気の話がとても気になります 結局、モネは先週までヘルパーとして働いていた報道部に配属された。

そして、彼女は小雨とアンブレラドルフィンの専属パペットに選ばれたのだ! 社長は、気象予報士としての腕前よりも、イルカの販売に力を入れているようだったので、森林組合が木材を使うように、イルカの販売方法を考えてくれないかと思った。モネはようやく東京に到着した。

彼女は泊まるところを見つけられずに森林組合を辞めてしまったようだ。

そして、彼は仕事を見つけられないまま森林組合を辞めた。

おじいちゃんの紹介で宿を見つけ、森林組合をやめる直前に東京に行くことを伝えたのではないでしょうか?彼は本当に何も考えずに無茶をしたのだろうか?シェアハウスと下宿は、銭湯とシェアハウスが半々でした。

会社だけでは話が膨らまないので、シェアハウスの住人と何かが起こるパターンでしょうか。まるで、ちゅらさんみたいですね(笑)。ちゅらさんは住人同士が結婚するなど、面白い展開が多かったのですが、今後はスピンオフの話も入れてくるのかなと楽しみにしています 信じられない展開!?会社の様子を見に行ったら、テレビ局に潜入してしまった。

ドラマや漫画ではよくあるパターンだが、現実にこんなことが可能なのだろうか。仮に4人体制の契約であっても、それは有資格者の頭数に過ぎない。

クライアントから見れば、大した戦力にはならないし、ましてやアルバイトではない。

気象予報士の仕事をまだ知らないので何とも言えませんが、4人いることの必要性は今後明らかになってくるでしょう。

人数が増えれば、意見の対立もあるだろうし、これまでのほのぼのとした雰囲気から一変するかもしれません。

りょうちんが頼りにしているのは、妹のモネちゃんだけ。

ついにみーちゃんが八つ当たりを始めますが、小学生に八つ当たりしているようなものですね。

みーちゃんがりょうちんを好きなのはわかるんだけど、りょうちんの気持ちを理解するのは自分じゃないといけないということで、ちょっと無理をしているんじゃないかと思うんです。

遠くから見ていても、視聴者でも彼女の気持ちはわかりますし、2人だけで話すシーンもそんなに多くないので、情報量はあまり変わりませんよね?それに、彼女が率先して彼を解放していたわけではなく、彼が話しかけてくるのを待っていただけなんです。

それなのに、モモンに八つ当たりするのは、ちょっと見当違いだったのではないでしょうか?正直なところ、少し間違っていると思いました。

その点、すーちゃんはとても大人でした。

自分の本音を話してくれるのは百音だけだということを知っていて、それを知り尽くしているからこそ、冗談を言って笑い続けていた。

最初の頃は、ノーテンキな女の子だと思っていて、上京してきたことをスルーしていたことを謝りました。お前はダメな奴だと思っていたことを謝ります。モモンが出かけた後、菅波先生がやってきた。

モモンが出て行った後、菅波先生が来ました。

二人を別れさせようとしたのか、それとも男を追いかけている妹を陥れようとしたのか…。これは本当に許せません。!!!! どんなに嫌な思いをしても、これはやってはいけないことなんです。”ボン・ボートってなんだ?”と思いました。鐘楼の浮き輪のようなものです。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第26週目第155話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。