マー姉ちゃん第155話のネタバレあらすじ!貴美が安堵

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」26週目第155話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第154話「昔の話」では、マリ子が正子をあやすため、子守歌のように昔の話の聞かせるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第155話「貴美が安堵」では、鹿児島から訪ねてきた貴美が、何一つ後悔していないマリ子を見て、安堵するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月28日(金)放送
第26週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第155話のネタバレあらすじ

ここからは、9月28日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

ある日、ヨウ子が子供を出産したと聞き、鹿児島から磯野家までかけつけた貴美。
正子と対面すると、自身の孫のようにかわいがる。
貴美とは、遠縁ではあるが、マリ子の手紙に正子を抱きながら毎晩のように新八郎と話をしていると書かれており、いてもたってもいられなくやってきたと話す。
貴美は、未亡人のままのマリ子を心配するが、新八郎の帰りを待つことから始めった姉妹出版の仕事が、マリ子をたくましい女性へと成長させていたと確信した。
そして、磯野マリ子(熊谷真実)から新八郎と結婚したことを何一つ後悔していないという言葉を聞き、貴美は安堵して鹿児島へ帰っていった。
そのことを朝男に話すと、マリ子は一つの区切りをつけたという。
朝男からどんな区切りなのか問われると、自分の生き方に自信を持ったと胸の内を話した。
それから2年の月日が流れる。
ヨウ子が二人目を身ごもっており、無事出産する。
こうして磯野家に新たな家族が誕生したのだ。

 

ここまでが、9月28日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第156話のあらすじを知りたい方は、第156話『記念写真』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第155話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第155話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第26週目第155話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。