マー姉ちゃん第154話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」26週目第154話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月27日(木)放送
第26週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第154話のネタバレあらすじ

ここからは、9月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第154話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、9月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第154話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第155話のあらすじを知りたい方は、第155話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第154話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第154話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第154話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

彼女はお土産におかずを持って帰ってきましたが、きっと何か冷やすものと一緒に持ってきたんですよね?食中毒の原因にはならないと思いますが、夏ですからね。紙袋とかに入っていたから、一部は傷んでいたかもしれないし、それだけが気になった。いやいや、そんなことはないですよ。

民宿といえば、朝ドラの「ちゅらさん」ですよね。

おかえりモネ」の次の「カムカムエブリデイ」は沖縄らしいので、また再放送で見られるかも?もうひとつ回収されたのは、組手の什器ですね。

なんで持ってきたんだろうと思ったら、祭壇になっていました。

あれがなかったら、何か棚のようなものを作ろうと思ったのだろうか。おじいちゃんは「貸してくれ」と言いながら、ノコギリで切っていました。

初盆で、モモンちゃんたちがおばあちゃんを迎える準備をしています。

何か呪文のようなものを唱えていたが、それは地方の儀式である。

火を使って人を迎えるのはよくある儀式ですが、そこの出身ではないのでちょっと新鮮です。

彼はスランプに陥っているようだった。

穏やかに話していたが、内容自体はストレートで、はっきりと “面白くない… “と言っていた。こういう時、ヒロインは失敗するものですが、見事にアドバイスしてくれましたね 鮫島さんは感覚的なデータを使って改善しようとしました。

鮫島さんは感覚データを使って改善しようとしましたが、なかなか思うようなタイムが出ず、「このままでいいのか」と悩んでいたのではないでしょうか。

そんな時、百音のアドバイスがあった。

感覚では結果が出ないので、データでなんとかしようとしていました 結果が出ないのが悔しくて、ついカッとなってしまい、余計に悔しくなってしまった。

しかし、普通なら「ごめんなさい」で済むところを、「ありがとう」と言い返してくれたことで、モネのちょっとした成長を感じることができました。

空回りするパターンでしたが、こんな風に強いところもあるんですね。

彼にはコーチがいるのかいないのかわからない。それともコーチを解雇したのでしょうか?浅岡たちが気象データを使いたいのはわかるが、練習方法などのコーチがいないのではないか。

私はこのスポーツの実態をよく理解していませんが、毎日ペダルを漕ぐことだけが練習ではありませんよね?筋トレなどもしているのだろうが、それを一切記述せず、ただ時間を計っていることに、少し違和感を覚えた。

モネは土産物港に着いた。

お土産を買って帰ろうと思って酒屋に行くと、りょうちんにばったり会った。

酒屋にお土産を買いに行ったのは、りょうちんに会うためだったんだな。ということを言いたかったのだろうが、手に牡蠣を持っている以上、その酒を全部持って帰るわけにはいかないだろう。父親の断酒とお土産を結びつけるのは、ちょっと強引だと思いますよ それにしても、涼ちんは大変だっただろう。

わざわざ酒屋に頭を下げて、水を詰めて渡してくれと頼んだのだから。

りょーちんのシーンは、なんとアバンで3分を超えました。朝ドラの「お蝶庵」で2分は見たことがありますが、まさか3分を超えるとは!?あまりにもゆっくりとした時間の流れでしたが、若い人たちの話が年配の方には不評で、失敗してしまったと聞きました…。母も最初は頑張っていましたが、「もう見ない」と言っていました。わざわざ私の隣に座っているのに、どうして話しかけてくれないの?わざわざ隣に座っているのに、どうしてそんなによそよそしいの?とドキッとしました。

サメのバスに乗った時にチラッと見えたぬいぐるみ。

サメのぬいぐるみを持っている!?と思ったら、サメのぬいぐるみを持っていました!

あまりにも面白いじゃないですか。サメの生態に興味があるのに、ぬいぐるみを渡されるなんて、ちょっと理不尽だと思うんです。昨日、宮田さんがホルンを吹けることを知った菅波さんは、宮田さんに「ステージに来てください」と言って、宮田さんはステージに立ったそうです。

宮田さんは、いつも罪悪感を感じている患者さんだったのでしょうね。私はそんな図々しい頼み方はできないタイプです。でも、Dani Boyはホルンの音に合った音楽を選んでいますよね!?また、今回の出来事は、今後、モモンがサックスに触れるきっかけになる伏線ではないかと期待しています。

モモンは、結婚を前提に気仙沼に戻ることを告白した。

今、二人は再び遠距離恋愛をしていて、入れ替わり立ち替わりしている。

このままでは二人は結ばれずに終わってしまうのではないかと思うようになった。

朝ドラでハッピーエンドにならずに終わることはあまりないと思うのですが、だとしたら、りょうちんと一緒にならないでほしいですね。

そうなったら、みーちゃんがかわいそうで見ていられません。

まず最初に自己紹介をしていただきました。

内田さんは例によってオタクキャラというか、風フェチという立ち位置にいる。

ヲをつけるだけでなぜか

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第26週目第154話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。