「マー姉ちゃん」のキャスト一覧と相関図まとめ

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」に登場するキャストの情報をまとめています。

キャスト・出演者情報には、朝ドラ「マー姉ちゃん」のネタバレも含みますので、ご注意ください。

スポンサーリンク
  1. 朝ドラ「マー姉ちゃん」の登場人物相関図
  2. 朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧
  3. 磯野家のキャスト
    1. 熊谷真実/磯野マリ子(いそのまりこ)
    2. 田中裕子/磯野マチ子(いそのまちこ)
    3. 早川里美/磯野ヨウ子(いそのようこ)
    4. 藤田弓子/磯野はる(いそのはる)
  4. 福岡で出会う人々のキャスト
    1. 田畑千代/二木てるみ(ふたぎてるみ)
    2. 村田みゆき/戸田トミ子(とだとみこ)
    3. 益田喜頓/牛尾一平(うしおいっぺい)
    4. 三国一朗/牛尾軍平(うしおぐんぺい)
    5. 高松英郎/校長先生(こうちょうせいんせい)
    6. 園田裕久/村田(むらた)
    7. 大門正明/大和田高男(おおわだたかお)
    8. 前田吟/天海朝男(あまみあさお)
    9. 小沢弘治/石井(いしい)
  5. 東京で出会う人々のキャスト
    1. 田中健/東郷新八郎(とうごうしんぱちろう)
    2. 戸浦六宏/新八郎の父(しんぱちろうのちち)
    3. 三木弘子/東郷貴美(とうごうたかみ)
    4. 愛川欽也/田河水泡(たがわすいほう)
    5. 三田和代/田河順子(たがわじゅんこ)
    6. 渡辺篤史/大宗均(おおむねひとし)
    7. フランキー堺/菊池寛(きくちかん)
    8. 山口崇/三郷智正(みさとともまさ)
    9. 三崎千恵子/智正の母(ともまさのはは)
    10. 河原崎長一郎/酒田大造(さけだたいぞう)
    11. 鈴木光枝/酒田ウメ(さけだうめ)
    12. 日下武史/塚田(つかだ)
    13. 島本須美/喜多川茜(きたがわあかね)
    14. 江戸屋猫八/植辰(うえたつ)
    15. 江戸屋小猫/植辰の息子(うえたつのむすこ)
    16. 小泉博/岩村透一郎(いわむらとういちいろう)
    17. 岩本多代/岩村花江(いわむらはなえ)
    18. 森田順平/結城信彦(ゆうぎのぶひこ)
    19. 大塚国夫/益田雄作(ますだゆうさく)
    20. 福田勝洋/成田三吉(なりたみよし)
    21. 湯沢紀保/島村正史(しまむらまさし)
  6. そのほかの出演者

朝ドラ「マー姉ちゃん」の登場人物相関図

こちらが、朝ドラ「マー姉ちゃん」に登場する人物の相関図です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」の登場人物相関図

 

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧です。

名前をクリックすると、キャスト情報へ移動します。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト(出演者)一覧
出演者モデル関係・役柄
磯野家
磯野マリ子熊谷真実長谷川毬子磯野家の長女
磯野マチ子田中裕子長谷川町子磯野家の次女
磯野ヨウ子早川里美
(少女時代(子役):平塚麿紀)
長谷川洋子磯野家の三女
磯野はる藤田弓子長谷川サタ磯野家三姉妹の実母
福岡で出会う人々
田畑千代
(大和田千代)
二木てるみ磯野家のお手伝いさん
戸田トミ子村田みゆきマリ子の親友
牛尾一平益田喜頓磯野家の福岡時代の隣人
牛尾軍平三国一朗一平の息子
校長先生高松英郎女学校時代の校長先生
村田園田裕久世話人
大和田高男大門正明千代のお見合い相手
天海朝男前田吟魚屋の息子
石井小沢弘治マリ子の絵の師匠
東京で出会う人々
東郷新八郎田中健東学かけ出しの記者
新八郎の父戸浦六宏新八郎の父
東郷貴美三木弘子新八郎の母
田河水泡愛川欽也高見澤仲太郎漫画家
田河順子三田和代高見沢潤子水泡の妻
大宗均渡辺篤史水泡の弟子
菊池寛フランキー堺菊池寛大作家
三郷智正山口崇写真館のおじさん
智正の母三崎千恵子智正の母
酒田大造河原崎長一郎磯野家の隣人
酒田ウメ鈴木光枝酒田大造の母
塚田日下武史陽談社の編集者
喜多川茜島本須美画塾の先輩
植辰江戸屋猫八植木屋さん
植辰の息子江戸屋小猫植辰の息子
岩村透一郎小泉博はるの実兄
岩村花江岩本多代透一郎の妻
結城信彦森田順平マリ子の画塾時代の友人
益田雄作大塚国夫小説家
成田三吉福田勝洋出征していた青年
島村正史湯沢紀保鹿島隆新聞記者
その他出演者
金井大
臼井正明
小沢弘治
津野哲郎
伊藤豪
名川貞郎
古川慎
鶏泥棒佐藤輝
ウラマド姉妹楠木薫
ウラマド姉妹斎藤美和
加津子新井みよ子
道子光丘真理
大五郎村田正雄
節子川野薫
関京子
丸菱炭坑の支所長柳谷寛
三田松五郎
山田考子
成田光子
崎田和子
香川久美子
森幹太
吾桐芳雄
中川明
ラッドバウト・モリン
伊藤正博
三宅裕司
岡田大介
吉田茂樹
沼田瀑
下條アトム
出版社の男内山森彦

磯野家のキャスト

小野家は、磯野はるを家長に、子供3人の4人家族です。

熊谷真実/磯野マリ子(いそのまりこ)

熊谷真実演じる磯野マリ子は、磯野家の長女です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のヒロインで、父亡き後、一家の中心になって明るく家族を支えていきます。

もともとは画家になりたいという夢を持っていましたが、その夢を果たせず、その代わりに、妹マチ子を漫画家として世に送りだすために奮闘します。

磯野マリ子のモデル

磯野マリ子のモデルは、長谷川毬子さんです。

長谷川毬子さんは、漫画家の長谷川町子の姉で、姉妹社の元社長です。

もともとは画家として活躍していましたが、妹の長谷川町子さんと姉妹社を立ち上げ社長となります。

田中裕子/磯野マチ子(いそのまちこ)

田中裕子演じる磯野マチ子は、磯野家の次女です。

磯野マチ子は、マリ子の妹で、小さい時から漫画が大好きな少女でした。

とくに大の「のらくろ」ファンで、女学校時代に田河水泡の弟子なりたいと言い出し、マリ子がマチ子とともに田河先生先生の自宅へいき弟子入りの志願にいきます。

最初は玄関で門前払いをくらいますが、粘り強さから、田河先生先生の弟子となるのです。

そして、戦後に「サザエさん」を描き、それが全く間に人気となり大ヒットとなります。

磯野マチ子のモデル

磯野マチ子のモデルは、女性プロ漫画家の長谷川町子さんです。

長谷川町子さんは、人気漫画「サザエさん」の女性プロ漫画家で、「サザエさん」以外にも「いじわるばあさん」「エプロンおばさん」などを発表しています。

早川里美/磯野ヨウ子(いそのようこ)

早川里美演じる磯野ヨウ子は、磯野家の三女です。

マリ子とマチ子の妹で、年齢が離れているせいもあって、女ばかりの家族の中ではアイドル的な存在です。

気が弱いところがあり、上の二人の姉とは対照的な性格をしています。

少女時代は、子役の平塚磨紀さんが磯野ヨウ子役を演じています。

 

磯野ヨウ子のモデル

磯野ヨウ子のモデルは、漫画『サザエさん』の作者である長谷川町子の妹・長谷川洋子です。

長谷川町子美術館の2代目館長を務めるほど、仲良し三姉妹のように見えますが、のちに上二人の姉とすれ違いが生じ、絶縁状態になります。

早川里美さんのプロフィール

名前早川里美(はやかわさとみ)血液型
生年月日1957年7月17日身長
星座かに座出身地静岡県富士宮市

藤田弓子/磯野はる(いそのはる)

 

この投稿をInstagramで見る

 

野澤しおり(@n_shiori_ta)がシェアした投稿

藤田弓子演じる磯野はるは、磯野家三姉妹の実母です。

マリ子たちの母で、いささか型破りな肝っ玉母さんです。

福岡新聞社主催の美術展に出品した長女・マリ子の絵が金賞をとると、娘たちに東京でもっと専門的な教育を受けさせたいと東京へ上京してしまうほど。

磯野はるのモデル

磯野はるのモデルは、漫画『サザエさん』の作者である長谷川町子の実母・長谷川サタさんです。

 

福岡で出会う人々のキャスト

磯野家が、福岡で出会う人々です。

田畑千代/二木てるみ(ふたぎてるみ)

田畑千代演じる二木てるみは、磯野家のお手伝いさんです。

十三歳の時から磯野家につかえるお手伝いさんで、三姉妹にとってはこわい存在でもあります。

磯野はるが上京すると宣言したときは、自分も行けるものだと思い喜びますが、どうも様子が違うことに気づきます。

すると、はるから見合いを勧められ、福岡に残るようにと言われ、泣き崩れてしまいます。

しかし、見合い相手に一目ぼれして、そのまま結婚を決意し、東京行きを断念することに。

その後、縁あって上京することになり、再び、マリ子たちのそばに住みます。

 

村田みゆき/戸田トミ子(とだとみこ)

村田みゆき演じる戸田トミ子は、マリ子の女学校時代の親友です。

一度はマリ子たち家族が東京へいき、離れ離れになりますが、戦争末期から戦後へかけて、疎開して戻ってきたマリ子たちと再会し、磯野家を助けます。

戸田トミ子本人は、平凡な結婚をしていて、五人の子どもを育てていました。

益田喜頓/牛尾一平(うしおいっぺい)

益田喜頓演じる牛尾一平は、磯野家の福岡時代の隣人です。

息子の一平夫婦と同居しています。

磯野家で夕食を食べていると、突然やってきて、マリ子が展覧会場に出品した「裸婦」が問題になっていて、筑前高女の校長先生が警察に連れていかれたと伝えに来ます。

三国一朗/牛尾軍平(うしおぐんぺい)

三国一朗演じる牛尾軍平は、一平の息子です。

牛尾家は、磯野家の隣人で、マリ子が展覧会場に出品した「裸婦」が良俗に反し、風紀びんらんのおそれありと大問題になっていて、市の有識者が召集をかけられていると教えにきます。

高松英郎/校長先生(こうちょうせいんせい)

高松英郎演じる校長先生は、マリ子の女学校時代の校長先生です。

マリ子が美術展に出品した「裸婦」について、呼び出され、どういう教育をしているのだと罵声を浴びせられるが、絵はあくまで絵であって、本人の人格とは関係ないと一蹴します。

園田裕久/村田(むらた)

園田裕久演じる村田は、磯野家の父の部下だった男です。

磯野家が上京するため、父が遺した会社を整理するために、村田にすべてをお願いします。

ある日、帳簿を持って磯野家にやってきた村田は、会社の帳簿をみせ確認してもらいますが、マリ子とはるはまったく経理のことが分からず、お任せ状態。

上京する磯野家の金繰りを案じ、はるに提言することもありましたが、二人は全く動じず、上京する気満々でした。

また、磯野家でお手伝いをしていた田畑千代の見合い相手を見つける際にも協力し、同じ会社の社員を紹介します。

 

大門正明/大和田高男(おおわだたかお)

大門正明演じる大和田高男は、田畑千代のお見合い相手です。

磯野家の父が遺した会社の社員でもあり、同僚の村田の紹介で千代とお見合いをすることになりました。

結果、千代が大和田に一目ぼれしたことで、二人はめでたく結婚します。

前田吟/天海朝男(あまみあさお)

前田吟演じる天海朝男は、何代もつづく東京の魚屋の息子です。

いつも陽気な笑いを振りまいて、明るい性格の男ですが、初めて登場したのは、磯野家の父一周忌を記念して教会で追悼式を行っていたときのことでした。

はるの兄・岩村透一郎が挨拶している中、朝男がやってきて勝手に挨拶をはじめます。

また、はるが東京行きを宣言した際には、いかに東京が魅力かということを磯野家三姉妹に語り始めるのです。

こうして、上京してきた磯野家ですが、実はその隣人が朝男の家となります。

小沢弘治/石井(いしい)

マー姉ちゃんのキャスト・小沢弘治演じる石井は、マリ子の絵の師匠です。

マリ子が東京へいくことを報告すると、最後に「福岡」を題材にした絵を描くよう課題を与えます。

 

 

東京で出会う人々のキャスト

磯野家が、東京で出会う人々です。

田中健/東郷新八郎(とうごうしんぱちろう)

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中健(@888kentanaka)がシェアした投稿

田中健演じる東郷新八郎は、かけ出しの記者です。

磯野家に訪れる編集者の中から、はるに一番気に入られたのが、この東郷新八郎です。

マリ子と初めて会ったときは、一目ぼれをしてしまいます。

マリ子との婚約にこぎつけるのですが、そんな婚約という時に、召集を受けて出征することになります。

二人は、新八郎の故郷鹿児島で、ささやかな結婚式を挙げ、一週間後には、再び戦線に戻りますが、まもなく戦死してしまいます。

東郷新八郎のモデル

東郷新八郎のモデルは、磯野マリ子のモデル・長谷川毬子さんの夫の東学さんです。

東学さんは、朝日新聞の記者をしており、長谷川毬子さんと結婚しますが、1944年に召集され、インパール作戦で戦死しています。

結婚生活はわずか1週間でしたが、長谷川毬子さんはその後、生涯独身を貫き通しました。

戸浦六宏/新八郎の父(しんぱちろうのちち)

戸浦六宏さんが演じるのは、新八郎の父です。

三木弘子/東郷貴美(とうごうたかみ)

三木弘子演じる東郷貴美は、新八郎の母です。

三木弘子さんのプロフィール

名前三木弘子(みきひろこ)血液型
生年月日1933年9月9日身長
星座おとめ座出身地愛媛県

愛川欽也/田河水泡(たがわすいほう)

愛川欽也演じる田河水泡は、漫画家でマチ子の恩師です。

田河水泡は「のらくろ」の漫画家で、マチ子の師匠ですが、手を取って教えるというような先生ではなく、いっしょに遊んでばかりいるようなおおらかな人です。

田河水泡のモデル

田河水泡のモデルは、代表作『のらくろ』の漫画家・田河水泡さんです。

三田和代/田河順子(たがわじゅんこ)

三田和代演じる田河順子は、田河水泡の妻です。

田河順子のモデル

田河順子のモデルは、田河水泡(高見澤仲太郎)さんの妻・高見沢潤子さんです。

田河水泡さんは、のらくろの作者であり、磯野マチ子のモデル・長谷川町子さんの師匠でもあります。

渡辺篤史/大宗均(おおむねひとし)

渡辺篤史演じる大宗均は、水泡の弟子です。

河氏宅ではマチ子の兄弟子にあたる人物です。

弟子になりたいと入門を乞いにマチ子に同行したマリ子と押し問答して以来、マリ子にひそかな思いを寄せつづけますが、口に出していえない武骨な青年でもあります。

フランキー堺/菊池寛(きくちかん)

フランキー堺演じる菊池寛は、大作家です。

菊池寛のモデル

菊池寛のモデルは、芥川賞、直木賞、菊池寛賞の創設に携わった小説家・菊池寛さんです。

山口崇/三郷智正(みさとともまさ)

山口崇演じる三郷智正は、磯野家の近所に住む写真館のおじさんです。

 

上京したマリ子一家の近所に住む写真館のおじさん。
善良で情にもろいため、結婚にも失敗。
転職を重ね、戦争末期には満州に渡るが敗戦で苦労した末、引き揚げてくる。

三崎千恵子/智正の母(ともまさのはは)

三崎千恵子演じる智正の母は、智正の母です。

河原崎長一郎/酒田大造(さけだたいぞう)

河原崎長一郎演じる酒田大造は、上京した磯野家の隣人です。

上京したマリ子たち一家の最初の隣人。
嫁と姑の間でオロオロするような好人物で、マリ子たちの世話をなにくれとなくみてくれる。

 

 

河原崎長一郎さんのプロフィール

名前河原崎長一郎(かわらさきちょういちろう)血液型
生年月日1939年1月11日身長
星座やぎ座出身地東京府

鈴木光枝/酒田ウメ(さけだうめ)

鈴木光枝演じる酒田ウメは、酒田大造の母です。

老いてますます元気なお婆ちゃん。

漫画の「いじわるばあさん」をほうふつさせるような人物。

 

 

 

鈴木光枝さんのプロフィール

名前鈴木光枝(すずきみつえ)血液型
生年月日1918年7月29日身長
星座しし座出身地東京府東京市神田区

日下武史/塚田(つかだ)

日下武史演じる塚田は、陽談社の編集者です。

島本須美/喜多川茜(きたがわあかね)

島本須美演じる喜多川茜は、マリ子の友人で、画塾の先輩です。

江戸屋猫八/植辰(うえたつ)

江戸屋猫八演じる植辰は、植木屋さんです。

江戸屋小猫/植辰の息子(うえたつのむすこ)

江戸屋小猫演じる植辰の息子は、植辰の息子です。

江戸屋小猫さんのプロフィール

名前江戸屋小猫(えどやこねこ)血液型
生年月日1949年11月30日身長
星座いて座出身地東京都中央区

小泉博/岩村透一郎(いわむらとういちいろう)

小泉博演じる岩村透一郎は、はるの実兄で、マリ子たちの伯父さんです。

はるの夫の一周忌にやってきて法事のときに挨拶をします。

はるのたった一人の兄ですが、東京に住んでいます。

法事終わると、はるが上京する意思があることを聞き、東京に来るのが一番だと勧めます。

岩本多代/岩村花江(いわむらはなえ)

岩本多代演じる岩村花江は、透一郎の妻で、マリ子たちの伯母さんです。

はるの夫の一周忌で福岡に来た際には、一家で上京するというはるに、子供たちは祖母にあずけるので、家を整理するのに、福岡に残って手伝いましょうかと提案します。

しかし、はるはその申し出に感謝しつつ、自分たちで整理をつけたいと断ります。

森田順平/結城信彦(ゆうぎのぶひこ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆TOMO☆(@siamtomo.chan)がシェアした投稿

森田順平演じる結城信彦は、マリ子の画塾時代の友人です。

大塚国夫/益田雄作(ますだゆうさく)

大塚国夫演じる益田雄作は、官能描写に定評のある小説家です。

福田勝洋/成田三吉(なりたみよし)

福田勝洋演じる成田三吉は、出征していた青年です。

福田勝洋さんのプロフィール

名前福田勝洋(ふくだかつひろ)血液型
生年月日1955年4月11日身長
星座おひつじ座出身地山口県光市

湯沢紀保/島村正史(しまむらまさし)

湯沢紀保演じる島村正史は、新聞記者です。

島村正史のモデル

島村正史のモデルは、長谷川洋子さんの夫・鹿島隆で、新聞記者です。

湯沢紀保さんのプロフィール

名前湯沢紀保(ゆさわみちやす)血液型B型
生年月日1954年1月1日身長
星座やぎ座出身地東京都

そのほかの出演者

  • 金井大
  • 臼井正明
  • 小沢弘治
  • 津野哲郎
  • 伊藤豪
  • 名川貞郎
  • 古川慎
  • 佐藤輝(鶏泥棒役)
  • 楠木薫(ウラマド姉妹役)
  • 斎藤美和(ウラマド姉妹役)
  • 新井みよ子(加津子役)
  • 光丘真理(道子役)
  • 村田正雄(大五郎役)
  • 川野薫(節子役)
  • 関京子
  • 柳谷寛(丸菱炭坑の支所長役)
  • 三田松五郎
  • 山田考子
  • 成田光子
  • 崎田和子
  • 香川久美子
  • 森幹太
  • 吾桐芳雄
  • 中川明
  • ラッドバウト・モリン
  • 伊藤正博
  • 三宅裕司
  • 岡田大介
  • 吉田茂樹
  • 沼田瀑
  • 下條アトム
  • 内山森彦(出版社の男役)