『マー姉ちゃん』酒田大造役は河原崎長一郎!河原崎長十郎の長男だった!?

NHK朝ドラ「マー姉ちゃん」で、酒田大造役を演じるのは、河原崎長一郎さんです。

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・河原崎長一郎さんに関する情報をまとめています。

  • 河原崎長一郎さんが演じる酒田大造の役柄
  • 酒田大造のモデル
  • 河原崎長一郎さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

河原崎長一郎演じる酒田大造の役柄は?

マー姉ちゃんのキャスト・河原崎長一郎演じる酒田大造は、上京した磯野家の隣人です。

上京したマリ子たち一家の最初の隣人。
嫁と姑の間でオロオロするような好人物で、マリ子たちの世話をなにくれとなくみてくれる。

酒田大造のモデルは?

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト・河原崎長一郎さん演じる酒田大造のモデルは、今のところ見当たりません。朝ドラ「マー姉ちゃん」のオリジナルキャラクターの可能性が高いです。

河原崎長一郎さんのプロフィール

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・河原崎長一郎さんのプロフィールを紹介します。

名前河原崎長一郎(かわらさきちょういちろう)血液型
生年月日1939年1月11日身長
星座やぎ座出身地東京府

酒田大造役を演じる河原崎長一郎さんは、1939年1月11日生まれ(2003年9月19日没)、演技派の名脇役として活躍した俳優です。

劇団前進座の創設者である河原崎長十郎の長男として、幼い頃から舞台に立ち、長きに渡り、芸能の第一線で活躍してきました。

早稲田大学在学中に映画デビューを果たし、1963年の映画「五番町夕霧楼」で、佐久間良子さんが演じた遊郭で働く主人公と心を通わせる僧役を演じ切ります。

この役柄の演技で高い評価を得ると、映画「宮本武蔵」、「幕末残酷物語」、「神々の深き欲望」、「復習するは我にあり」といった名作に立て続けに出演し、演技力をさらに磨いていきました。

他にも、ドラマでは、1967年の大河「三姉妹」、1969年「天と地と」、1978年「黄金の日々」、1995年「八代将軍吉宗」と生涯に渡って国民的な大河ドラマに出演しています。他にも、「銭形平次シリーズ」、「鬼平犯科帳シリーズ」、日曜ドラマ「浅見光彦シリーズ」、「月曜ドラマスペシャル」、「土曜ワイド劇場」、「火曜サスペンス劇場」、「大岡越前シリーズ」、「はぐれ刑事純情派シリーズ」など、時代劇からサスペンスモノまで、非常に幅広い出演歴を誇る名優です。

他にも、1984年「母と呼ばれて」、同年「日本の面影」など、年を経るにつれ、人間像を克明に描いた難しい役柄を演じていきました。

また、1979年、40歳の頃には、NHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」にて、上京した磯野家の隣人である酒田大造役を演じています。

以降、「日本の良き優しい父親像」として、数々のホームドラマでも活躍していきました。特に、山田太一さん脚本の「浴称地図」、「早春スケッチブック」など、多くのテレビドラマにも出演し、誠実な父親役として親しまれてきました。

また、映画では、1963年「武士残酷物語」、同年「十三人の刺客」、同年「真田風雲録」、1964年「忍者狩り」、同年「十兵衛暗殺剣」、同年「幕末残酷物語」、1965年「いれずみ判官」、1974年「卑弥呼」、1974年「赤ちょうちん」など、数多くの映画にも出演しています。その後も、1975年「青春の門」、1979年「神様のくれた赤ん坊」、1980年「太陽の子」、1981年「典子は、今」、1983年「オキナワの少年」、1985年「夢千代日記」、1986年「人間の約束」、1987年「吉原炎上」、1988年「マリリンに会いたい」、1990年「少年時代」、1991年「八月の狂騒曲」、1993年「子連れ狼 その小さき手に」、1994年「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」、1995年「写楽」、1996年「お日柄も良く、ご愁傷様」、1997年「瀬戸内ムーンライト セレナーデ」と、亡くなる直前まで精力的に演劇活動に注力していたことで知られている非常に根気強い人物でもありました。

特に、山田太一さん脚本の「浴称地図」、「早春スケッチブック」など、多くのテレビドラマにも出演し、誠実な父親役として親しまれてきました。

 

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「マー姉ちゃん」が放送された1979年当時の河原崎長一郎さんの年齢は、40才です。

あれから42年経っていますので、河原崎長一郎さんがご存命であれば、82才(2021年現在)でした。

彼女は?結婚してた?

河原崎長一郎さんに、現在彼女がいたのか?結婚はしていたのか?について調べたところ、女優の伊藤栄子さんと結婚しており、おしどり夫婦として知られていました。

また、弟の河原崎次郎さん、建三さんも俳優として活躍しており、親族関係のほとんどの人たちが、芸能関係で活躍しているという大変珍しい家柄でもあります。

1990年代後半から、脳梗塞を発症してしまったこともあり、療養生活を送ると、2003年、糖尿病の持病もあり、急性心不全のため亡くなってしまいます。

しかし、その死に際し、同じく俳優の千葉真一さんは、「素晴らしい俳優さんだと思った。

彼の分もきっちりとした映画を伝えていきたい。」とコメントしており、その活躍ぶりに触発された俳優さんも数多くいたものと推測できます。

今後も、その穏やかなイメージと演技力は、後世に伝えられていくと言える珍しい人物の1人となっています。

所属事務所は?

河原崎長一郎さんの所属事務所は、独立企画でした。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、マー姉ちゃんのキャスト・河原崎長一郎さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「マー姉ちゃん」酒田大造
大河ドラマ「三姉妹」神保小十郎
大河ドラマ「天と地と」諏訪頼隆
大河ドラマ「黄金の日日」宗義智
大河ドラマ「八代将軍吉宗」小川笙船
銭形平次 第1シリーズ 第7話「呪いのわら人形」佐野屋
鬼平犯科帳 第4シリーズ 第4話「正月四日の客」亀の小五郎
土曜ワイド劇場 / 駅弁探偵殺人事件 第1作「婚前カップルとヌードギャルの北陸グルメ旅」小笠原常務
花の咲く家 第3部「旅立ち」土門幸平 ※主演
妹よ松井忠志
月曜ドラマスペシャル / 浅見光彦シリーズ 第2作「天城峠殺人事件」武上社長
母と呼ばれて門脇一夫
日本の面影外山正一
事件記者チャボ! 第20話「チャボの危険がいっぱい…!」小山
風にむかってマイウェイ木下PTA会長
卒業-GRADUATION-渡辺勝利
[湖に立つ女]夏樹静子の原作 桜田淳子が主演 (1986年11月12日、TBS)旅館の主人
六本木ダンディーおみやさん 第4話「死体がバラの花に埋もれていた殺人事件」南部
カネボウヒューマンスペシャル / ダイアリー-車いすの青春日記-尾形哲二
世にも奇妙な物語 / ユリコちゃんおとうさん(ユリコちゃんの父)
映画
忍者秘帖 梟の城雲太郎
五番町夕霧楼櫟田正順
武士道残酷物語村の若者
十三人の刺客牧野妥女
真田風雲録穴山小助
大殺陣別所隼人
忍者狩り天野弥次郎
十兵衛暗殺剣城所早苗
幕末残酷物語沖田総司
いれずみ判官与吉
冷飯とおさんとちゃん平松吉之助
隠密侍危機一発矢吹亥四郎
あかね雲二木勇
神々の深き欲望太亀太郎
私が棄てた女吉岡努
裸の十九才大西
喜劇・女は男のふるさとヨ照夫(てるちゃん)
婉という女野中欽六
卑弥呼ミマキ
赤ちょうちん牟田修

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
磯野家
磯野マリ子熊谷真実長谷川毬子磯野家の長女
磯野マチ子田中裕子長谷川町子磯野家の次女
磯野ヨウ子早川里美
(少女時代:平塚麿紀)
長谷川洋子磯野家の三女
磯野はる藤田弓子長谷川サタ磯野家三姉妹の実母
福岡で出会う人々
田畑千代
(大和田千代)
二木てるみ磯野家のお手伝いさん
戸田トミ子村田みゆきマリ子の親友
牛尾一平益田喜頓磯野家の福岡時代の隣人
牛尾軍平三国一朗一平の息子
校長先生高松英郎女学校時代の校長先生
村田園田裕久世話人
大和田高男大門正明千代のお見合い相手
天海朝男前田吟魚屋の息子
石井小沢弘治マリ子の絵の師匠
東京で出会う人々
東郷新八郎田中健東学かけ出しの記者
新八郎の父戸浦六宏新八郎の父
東郷貴美三木弘子新八郎の母
田河水泡愛川欽也高見澤仲太郎漫画家
田河順子三田和代高見沢潤子水泡の妻
大宗均渡辺篤史水泡の弟子
菊池寛フランキー堺菊池寛大作家
三郷智正山口崇写真館のおじさん
智正の母三崎千恵子智正の母
酒田大造河原崎長一郎磯野家の隣人
酒田ウメ鈴木光枝酒田大造の母
塚田日下武史陽談社の編集者
喜多川茜島本須美画塾の先輩
植辰江戸屋猫八植木屋さん
植辰の息子江戸屋小猫植辰の息子
岩村透一郎小泉博はるの実兄
岩村花江岩本多代透一郎の妻
結城信彦森田順平マリ子の画塾時代の友人
益田雄作大塚国夫小説家
成田三吉福田勝洋出征していた青年
島村正史湯沢紀保鹿島隆新聞記者