『マー姉ちゃん』田河順子役は三田和代!モデルは田河水泡の奥さん!?

NHK朝ドラ「マー姉ちゃん」で、田河順子役を演じるのは、三田和代さんです。

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・三田和代さんに関する情報をまとめています。

  • 三田和代さんが演じる田河順子の役柄
  • 田河順子のモデル
  • 三田和代さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

三田和代演じる田河順子の役柄は?

マー姉ちゃんのキャスト・三田和代演じる田河順子は、水泡の妻です。

田河順子のモデルは?

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト・三田和代さん演じる田河順子のモデルは、漫画家・田河水泡(高見澤仲太郎)さんの妻・高見沢潤子さんです。

田河水泡さんは、のらくろの作者であり、磯野マチ子のモデル・長谷川町子さんの師匠でもあります。

三田和代さんのプロフィール

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・三田和代さんのプロフィールを紹介します。

名前三田和代(みたかずよ)血液型
生年月日1942年11月20日身長
星座さそり座出身地大阪府大阪市

田河順子役を演じる三田和代さんは、1942年11月20日生まれの大阪府出身で、俳優座15期生、元劇団四季所属、現在は矢島聰子事務所に所属している女優です。

実父は、「コピーの三田」で知られる三田工業(現京セラドキュメントソリューション)の創業者である三田繁雄さんで、兄が同社の社長を引き継ぎ、弟は作家で大学教授と、裕福な家庭で育った人物であるとされています。

関西学院大学を中退後は、俳優座養成所に入所し、第15期生として演技を学びました。

その後、1966年に、劇団四季に入団し、同年、日生劇場「アンドロマーク」で主演を務め、舞台デビューを果たしました。

他にも、「なよたけ」、「オンディーヌ」などの舞台作品にヒロイン役として出演し、同劇団の看板女優として、演技の幅を広げていきました。

岸田森さんのアドバイスもあり、より舞台をメインに据えた演技活動に取り組んでいましたが、所属する劇団四季が、舞台からミュージカル主体に変容していったこともあり、1984年に、劇団四季を退団しています。

この時40歳を過ぎた時期でもあったため、かなり勇気がいる決断だったと述懐しています。

この後、フリーとして舞台を中心に、テレビ、映画と幅広く出演を重ね、いずれも高い評価を得ていったとされています。

舞台では、井上ひさし監督作品に「紙屋町さくらホテル」をはじめ10件以上の出演歴を誇る女優さんです。

このように舞台に関しては、「私がやりたいのは、言葉の演劇」だとして、一番大事にしていることもあり出演作品も多数となっています。

一方で、「映像の仕事も実は好き」とコメントしているように、ドラマと映画への出演歴も多い女優さんでもあります。

映画では、1977年「歌麿 夢と知りせば」、1985年「タンポポ」、1990年「あげまん」、同年「少女時代」、2002年「およう」、2018年「SUNNY 強い気持ち、強い愛」、ドラマでは、1975年「おはようさん」、1985年「必殺仕事人」、同年「赤かぶ検事奮戦記」、「刑事物語‘85」、2001年「陰陽師」、2004年「古畑任三郎」、2020年には、NHK連続テレビ小説「エール」に出演と、映像作品でも幅広く現在まで活躍している女優です。

演劇に対する評価としては、1991年の菊田一夫賞をはじめ、1998年と2001年に読売演劇大賞最優秀女優賞を2度獲得しており、演技の実力の高さは折り紙付きと言えるでしょう。

さらに、2015年には、旭日小綬章を受賞しており、名実ともに名女優と称される女優の1人となりました。今後も高齢に負けず、さらなる活躍に期待できる人物の1人です。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「マー姉ちゃん」が放送された1979年当時の三田和代さんの年齢は、36才です。

あれから42年経っていますので、三田和代さんの現在の年齢は、78才(2021年現在)になります。

彼氏は?結婚してる?

三田和代さんに、現在彼氏がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、相棒で有名な水谷豊さんの兄貴分的な存在であったとされる俳優、岸田森さんと、彼が亡くなる1982年まで同棲していたとされています。

岸田森さんは、1964年に文学座の同期であった樹木希林さんと結婚していますが、4年後の1968年に離婚しています。

その後、バーのマダムと再婚しますが、こちらも離婚してしまいます。

その後、三田さんと、1977年の映画「歌麿 夢と知りせば」で、夫婦役として共演したことがきっかけで、親密になっていったとされています。

最終的には、同棲に落ち着いており、結婚しなかった理由としては、同棲していることがお互いにとってベストだったとしていますが、岸田森さんが亡くなった後は、自らを「未亡人」と呼んでいることから、結婚という枠に捉われない自然な形が同棲だったと言えそうです。

所属事務所は?

三田和代さんの所属事務所は、矢島聰子事務所で、熊川 哲也さんや東儀 秀樹さん、鳥居かほりさんなどが在籍しています。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、マー姉ちゃんのキャスト・三田和代さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「マー姉ちゃん」田河順子
朝ドラ「エール」権藤八重
女人平家安良井
必殺仕事人V・激闘編 第2話「大仕事! 大名殺し」久坂美濃
火曜ミステリー劇場 / 冬の京都幽霊事件 ミステリー研女子大生のドキドキ名推理!日下かしこ
ぜったい多数
流れ雲
樅ノ木は残った
運命峠
丹下左膳
おはようさん
七人の刑事 第35話「妻の身代金」
いのちの譜 今川節その生涯
刑事物語’85 第13話「いじめの果て」
赤かぶ検事奮戦記IV 第1話「夫婦間レイプ裁判」
にごりえ
陰陽師 第6話 「鬼小町
古畑任三郎 すべて閣下の仕業
刑事の現場 第2話「48時間の壁」
映画
歌麿 夢と知りせばお奈津
タンポポ走る男の妻
あげまん雛子
およう佐々木市代
SUNNY 強い気持ち・強い愛阿部奈美の祖母
少年時代
舞台
頭痛肩こり樋口一葉樋口多喜
アンドロマック
なよたけ
オンディーヌ
わが青春の北壁
汚れた手
カッコーの巣をこえて
エレファント・マン
欲望という名の電車
カサノバ’85 2世紀を旅した男
にごり江
國語元年
ナイト、マザー
最後の畜生
イェルマ
ドレッサー
マクベス
ブロードウェイ・バウンド
小林一茶

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
磯野家
磯野マリ子熊谷真実長谷川毬子磯野家の長女
磯野マチ子田中裕子長谷川町子磯野家の次女
磯野ヨウ子早川里美
(少女時代:平塚麿紀)
長谷川洋子磯野家の三女
磯野はる藤田弓子長谷川サタ磯野家三姉妹の実母
福岡で出会う人々
田畑千代
(大和田千代)
二木てるみ磯野家のお手伝いさん
戸田トミ子村田みゆきマリ子の親友
牛尾一平益田喜頓磯野家の福岡時代の隣人
牛尾軍平三国一朗一平の息子
校長先生高松英郎女学校時代の校長先生
村田園田裕久世話人
大和田高男大門正明千代のお見合い相手
天海朝男前田吟魚屋の息子
石井小沢弘治マリ子の絵の師匠
東京で出会う人々
東郷新八郎田中健東学かけ出しの記者
新八郎の父戸浦六宏新八郎の父
東郷貴美三木弘子新八郎の母
田河水泡愛川欽也高見澤仲太郎漫画家
田河順子三田和代高見沢潤子水泡の妻
大宗均渡辺篤史水泡の弟子
菊池寛フランキー堺菊池寛大作家
三郷智正山口崇写真館のおじさん
智正の母三崎千恵子智正の母
酒田大造河原崎長一郎磯野家の隣人
酒田ウメ鈴木光枝酒田大造の母
塚田日下武史陽談社の編集者
喜多川茜島本須美画塾の先輩
植辰江戸屋猫八植木屋さん
植辰の息子江戸屋小猫植辰の息子
岩村透一郎小泉博はるの実兄
岩村花江岩本多代透一郎の妻
結城信彦森田順平マリ子の画塾時代の友人
益田雄作大塚国夫小説家
成田三吉福田勝洋出征していた青年
島村正史湯沢紀保鹿島隆新聞記者