『マー姉ちゃん』田河水泡役は愛川欽也!モデルはのらくろ作者の田河水泡!?

NHK朝ドラ「マー姉ちゃん」で、田河水泡役を演じるのは、愛川欽也さんです。

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・愛川欽也さんに関する情報をまとめています。

  • 愛川欽也さんが演じる田河水泡の役柄
  • 田河水泡のモデル
  • 愛川欽也さんのプロフィール(名前・生年月日・星座・血液型・出身地)
  • 出演したドラマ・映画・舞台などの情報
スポンサーリンク

愛川欽也演じる田河水泡の役柄は?


マー姉ちゃんのキャスト・愛川欽也演じる田河水泡は、漫画家でマチ子の恩師です。

田河水泡は、「のらくろ」の漫画家で、マチ子の師匠ですが、手を取って教えるというような先生ではなく、いっしょに遊んでばかりいるようなおおらかな人です。

田河水泡のモデルは?

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト・愛川欽也さん演じる田河水泡のモデルは、漫画家の田河水泡さんです。

田河水泡さんの代表作といえば、なんといっても国民的に人気の『のらくろ』です。

また、磯野マチ子のモデル・長谷川町子さんの師匠でもあります。

愛川欽也さんのプロフィール

こちらでは、マー姉ちゃんのキャスト・愛川欽也さんのプロフィールを紹介します。

名前愛川欽也(あいかわきんや)血液型A型
生年月日1934年6月25日身長168cm
星座かに座出身地東京府東京市豊島区巣鴨

田河水泡役を演じる愛川欽也さんは、1934年6月25日生まれ(2015年4月15日没)の東京都出身で、俳優座、劇団三期会、愛川企画室に所属、かつて俳優、声優、ラジオパーソナリティなど多方面で活躍した“キンキン”の愛称で親しまれた人物です。

1954年、埼玉県の浦和高校在学中に演劇に興味を持ったとされており、同校を中退し、劇団「俳優座」の養成所に、3期生として入団しました。

同劇団で、演劇の楽しさを知り、より演劇にのめり込むようになっていったとされています。

一方、下積み時代は長く、なかなか芽が出ず苦しんでいたそうですが、高校を中退したこともあり、「オレは芝居が好きだから、この道で生きていく」と、この頃に既に決めており、厳しい練習にも、決してめげることはなかったとされています。

司会業や俳優で有名ですが、当初は、声優活動から派生していったとされています。1962年、アメリカのテレビドラマ「ルート66」で主役のマーティン・ミルナーの吹き替えや、「いなかっぺ大将」でのニャンコ先生役などを務め、まず声優として実績を積み上げていきました。

この後、ブレイクのきっかけとなったのは、1971年から放送された深夜ラジオ番組「パックインミュージック」で、メインMCを務め、明るいキャラクターで一躍人気を集めます。

その後、1974年から1986年の長期間、深夜番組「11PM」で俳優の大泉巨泉さんと一緒に司会者を務め、圧倒的な人気と知名度で有名な司会者となっていきました。

司会業では、さらに、1981年「なるほど!ザ・ワールド」、1995年「出没!アド街ック天国」の司会者を2014年、79歳まで務め、名司会者として活動し続けました。ちなみに、アド街ック天国の司会は、「世界最高齢の情報番組司会者」としてギネス記録に認定されています。

一方、俳優としても精力的に活躍している珍しい人物でもあります。

代表作としては、1975年から出演した東映のドル箱作品である「トラック野郎」シリーズ、ドラマ「西村京太郎トラベルミステリー」シリーズにて、1981年から2012年までの長期間もの間、実に30年以上に渡って演じ続けた亀井定夫役、1979年のNHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」、1982年、NHK大河ドラマ初出演となった「峠の群像」、1998年から2008年までの出演となった「渡る世間は鬼ばかり」での神林役と、こちらも実に多彩な役柄を演じ切りました。

また、演技への情熱は強く、2000年には、自ら「劇団キンキン塾」を起ち上げ、舞台の企画、演出、脚本など全て自分で手掛け、2001年に初公演を果たしている程です。

当時の年齢と現在の年齢は?

朝ドラ「マー姉ちゃん」が放送された1979年当時の愛川欽也さんの年齢は、45才です。

あれから42年経っていますので、愛川欽也さんがご健在であれば、87才(2021年現在)でした。

彼女は?結婚してる?

愛川欽也さんに、現在彼女がいるのか?結婚はしているのか?について調べたところ、劇団俳優座に所属していた時期に、結婚しており、1958年に長男、1960年に長女を出産していました。

しかし、1972年に音楽番組「きんきんケロンパ歌謡祭」でDJを務めたことがきっかけで、うつみ宮土理さんと急接近し、徐々に心境に変化があったとされています。

さらに、司会を務めていた番組「シャボン玉こんにちは」に、うつみさんがレギュラー出演を果たしたことで、さらに2人の仲は親密になっていったとされています。

このため、1978年に前妻と離婚し、その翌日にうつみさんと再婚しています。

この不倫略奪婚とも言える愛憎劇に関して、2人とも、当時の俳優座の仲間たちから猛批判を浴びたり、世間から猛バッシングを受けたりします。

しかし、愛川さんの全財産は前妻と子供に預けており、けじめをつけた離婚であったことや、時間の経過とともに、徐々に周囲に受け入れられていったことで、芸能界でも「おしどり夫婦」と称されるようになっていきました。

しかし、2003年と2007年に、愛川さんに愛人疑惑が報じられ、うつみさんの気苦労は絶えなかったともされています。

愛川さんが亡くなった際には、「最高に幸せでした。」とコメントしていることから、2人にしか分からないものがあったと言える結婚生活であったと言えそうです。

近年では、2009年にキンキン塾の活動拠点として、小劇場「キンケロシアター」を東京都目黒区にオープンさせており、同劇団にて映画を上映するなど、亡くなる直前まで、演劇活動に注力し続けた珍しい人物となっています。

所属事務所は?

愛川欽也さんの所属事務所は、愛川企画室で、うつみ宮土理さんが在籍していました。

これまでの出演ドラマ・映画情報

こちらは、マー姉ちゃんのキャスト・愛川欽也さんが、これまで出演したドラマや映画の情報です。

作品名役名概要
ドラマ
朝ドラ「マー姉ちゃん」田河水泡
朝ドラ「ほんまもん」浅井勝義泡
大河ドラマ「花神」嘉蔵
大河ドラマ「峠の群像」飛脚屋伝平
大河ドラマ「元禄繚乱」大石頼母助
名探偵・金田一耕助金田一耕助
西村京太郎トラベルミステリー亀井定夫
美人殺しシリーズ相田古志郎
実年素人探偵とおんな秘書の名推理浅村志摩男
時効を待つ女八ツ橋明彦
夜の街殺人事件桑名草介
火の粉梶間勲
家政婦は見た!花山栄
おやじの台所徳大寺亮吉
セーラー服反逆同盟 第1話「悪の巣、黒鳥学園!」第2話「熱き!4人の誓い」特別出演
水曜グランドロマン 私の心はパパのもの小沼陽平
街 男と女のミステリー牛尾正直
ル・マンへ熱き涙を安西亮一
月曜ドラマスペシャル一色京太郎事件ノート村越誠治
はみだし刑事情熱系徳丸謙二郎警視正
映画
春男の翔んだ空白石先生
喜劇役者たち 九八とゲイブル芸利九八
二百三高地卯吉
野菊の墓戸村新吉
北斎漫画歌麿
大日本帝国小川金作
地平線大森
ロケーション金蔵
私の心はパパのもの小沼陽平
いつかA列車に乗って志賀
同窓會松元勝洋
この胸いっぱいの愛を青木保
トラック野郎シリーズやもめのジョナサン(松下金造)
キンキンのルンペン大将
龍飛岬
極道の妻たち 決着
CM・広告
松下電器産業
キンケイ食品
ミノルタ
プロミス
メリタ
ポピー
松田食品
ミツカン(土佐酢)
創健社
大正製薬
小林製薬
ライオン
埼玉新聞
積善社・飛鳥

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧

こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト一覧です。

朝ドラ「マー姉ちゃん」のキャスト(出演者)一覧
役名出演者モデル関係・役柄
磯野家
磯野マリ子熊谷真実長谷川毬子磯野家の長女
磯野マチ子田中裕子長谷川町子磯野家の次女
磯野ヨウ子早川里美
(少女時代:平塚麿紀)
長谷川洋子磯野家の三女
磯野はる藤田弓子長谷川サタ磯野家三姉妹の実母
福岡で出会う人々
田畑千代
(大和田千代)
二木てるみ磯野家のお手伝いさん
戸田トミ子村田みゆきマリ子の親友
牛尾一平益田喜頓磯野家の福岡時代の隣人
牛尾軍平三国一朗一平の息子
校長先生高松英郎女学校時代の校長先生
村田園田裕久世話人
大和田高男大門正明千代のお見合い相手
天海朝男前田吟魚屋の息子
石井小沢弘治マリ子の絵の師匠
東京で出会う人々
東郷新八郎田中健東学かけ出しの記者
新八郎の父戸浦六宏新八郎の父
東郷貴美三木弘子新八郎の母
田河水泡愛川欽也高見澤仲太郎漫画家
田河順子三田和代高見沢潤子水泡の妻
大宗均渡辺篤史水泡の弟子
菊池寛フランキー堺菊池寛大作家
三郷智正山口崇写真館のおじさん
智正の母三崎千恵子智正の母
酒田大造河原崎長一郎磯野家の隣人
酒田ウメ鈴木光枝酒田大造の母
塚田日下武史陽談社の編集者
喜多川茜島本須美画塾の先輩
植辰江戸屋猫八植木屋さん
植辰の息子江戸屋小猫植辰の息子
岩村透一郎小泉博はるの実兄
岩村花江岩本多代透一郎の妻
結城信彦森田順平マリ子の画塾時代の友人
益田雄作大塚国夫小説家
成田三吉福田勝洋出征していた青年
島村正史湯沢紀保鹿島隆新聞記者