マー姉ちゃん第18週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第18週(86話~90話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年7月30日(月)~8月4日(金)放送

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第18週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『マー姉ちゃん』第18週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第18週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第18週『』一覧
放送回放送日
第103話「」7月30日(月)
第104話「」7月31日(火)
第105話「」8月1日(水)
第106話「」8月2日(木)
第107話「」8月3日(金)
第108話「」8月4日(土)

五月の連載開始と同時に、「サザエさん」は大変な人気。

マチ子は張り切る。

活気にあふれる磯野家に、満州から引き揚げてきた三郷智正(山口崇)が訪ねてきた。

満州で母や妻や子どもをなくした三郷は、もう一度やり直すといって、すぐ北海道に渡る。

マリ子は、いつまでもヤミ屋相手の絵をかきつづけたくはなかった。

ある日の朝刊に「磯野マリ子さん、磯野マチ子さん、仕事を依頼したし、至急連絡を乞う談社・塚田編集長」という広告記事が。

「東京は私たち二人を必要としている!」
二人が気炎をあげると、「そうですとも、めざすは東京です」
母・はる(藤田弓子)は、とっさに決断。

ここまでが、7月30日~8月4日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第18週のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第19週のあらすじを知りたい方は、第19週へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第18週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第18週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マー姉ちゃん18週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第18週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。