マー姉ちゃん第24週のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週(116話~120話)のあらすじのネタバレと感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年9月10日(月)~9月15日(金)放送

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第24週のネタバレあらすじ

こちらでは、朝ドラ『マー姉ちゃん』第24週の放送されたストーリーから、ネタバレあらすじをまとめています。

第24週の各話ごとの詳細ネタバレあらすじを知りたい方は、こちらからご確認ください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第24週『』一覧
放送回放送日
第139話「」9月10日(月)
第140話「」9月11日(火)
第141話「」9月12日(水)
第142話「」9月13日(木)
第143話「」9月14日(金)
第144話「」9月15日(土)

込む。

いつしか朝男を頼もしく思いはじめた千代だが、自分は未亡人の身だからーとためらう。

しかし、朝男の熱意にうたれた千代は、結婚を承諾する。

年頃になったヨウ子(早川里美)にも、縁談が次つぎにまい込んだ。

手みやげをもって現われたヨウ子の見合いの相手・島村正史(左・湯沢紀保)。
昭和二十七年秋、ヨウ子は見合いの相手である、新聞記者島村正史(湯沢紀保)と交際を始める。

周囲から似合いのカップルとはやされた二人は、型二十八年の五月、晴れて結婚にゴールイン。

やがて二人は幸せな結婚をする。

今まで住んだ家を離れたくないというヨウ子の希望を入れて、磯野家の一室が新居に定まった。

磯野家に男性が加わったのは、実に二十年ぶりのこと。

時おり、それがもとで騒動が起こるのも、無理からぬことだった。

マリ子、マチ子にとって幸せそうなヨウ子たちの生活は、うれしくもあり、興味津々でもあるというところ。

磯野家には、平和な毎日がつづく。

ここまでが、9月10日~9月15日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第25週のあらすじを知りたい方は、第25週へ読み進めてください。

朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていない次週のネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

マー姉ちゃん24週の感想

放送終了次第、すぐに感想をまとめますので、しばらくお待ちください!

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第24週目のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。