マー姉ちゃん第109話のネタバレあらすじ!漫画の連載

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」19週目第109話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第108話「磯野家の建て直し」では、マリ子が磯野家をどう立て直していくか悩むストーリーでした。

マー姉ちゃんの第109話「漫画の連載」では、小田がマチ子に夕刊に載せる漫画の連載をお願いするストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月6日(月)放送
第19週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第109話のネタバレあらすじ

ここからは、8月6日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第109話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

昭和21年4月。
ヨウ子は、順調に回復し、ついに退院することができた。
退院してから数日後の朝。
磯野マチ子(田中裕子)がでかけようとすると、ヨウ子も一緒に行くといい、一緒に散歩がてらでかけることに。
それから時間が過ぎ、二人が家に戻ってくるとなぜか憤慨していた。
話を聞くと、畑のために馬糞を拾いに行ったら、誰かがすでに拾っていたというのだ。
実は、マチ子が朝早くでかけていたのは、毎日馬糞を拾いに行っていたのだ。
翌日は、マチ子は他の人にとられまいといつもより早く起きてでかけ、見事馬糞をゲットして戻ってきた。
しかし、その翌日はまた取られてしまい、次こそはと翌日朝起きしてとりにいく始末。
そんなことがあって一週間ほどしたある日のこと。
磯野家に、西部日本新聞の小田と石井が訪ねてくる。
小田は、夕刊フクオカという会社を作るので、その夕刊に載せる漫画の連載をお願いしてきたのだ。
すると、マチ子は、登場人物のキャラクターなど全て自分に一任させてもらえないかとお願いした。
二人がもちろんだと答えると、もう一つ条件として作品に修正する場合は、事前に連絡がほしいといい、それを承諾する。
こうして、マチ子は新たな漫画を描くこととなった。

 

ここまでが、8月6日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第109話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第110話のあらすじを知りたい方は、第110話『主人公』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第109話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第109話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第109話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第19週目第109話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。