マー姉ちゃん第52話のネタバレあらすじ!引っ越しの提案

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」9週目第52話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第51話「貯金がない」では、落とした通帳が家に届き、マチ子にも貯金がないことがバレてしまうストーリーでした。

マー姉ちゃんの第52話「引っ越しの提案」では、磯野家の現状を朝男に相談すると、自分の店の近くの家に引っ越すよう提案されるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年5月31日(木)放送
第9週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第52話のネタバレあらすじ

ここからは、5月31日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第52話のあらすじをまとめたネタバレです。

田河の紹介状のおかげで、仕事を紹介してもらい、どんな仕事も引き受ける磯野マリ子(熊谷真実)
そんなある日、部屋で作業をしていると朝男がやってきた。
朝男は、福岡に行くときに持って行ってもらいたいものがあるとお願いしにきたのだが、逆にマリ子たちは相談があると話を持ち掛けた。
磯野家が火の車状態だと知った朝男は、自分の店の近くの空き家に引っ越すことを提案する。
手頃な貸家で家賃もただみたいなものだというが、一つだけ難点があった。
マリ子たちは、早速その貸家を見に行くと、見晴らしもよく気に入った様子。
そして、大家とも面会し、その難点も聞いた上で、その家に決める。
実は、その貸家では首吊りがあったのだ。
いわゆる事故物件というもんだが、マリ子たちはまったく気にしていなかった。
それから引っ越しを知った大造とウメが慌ててやってきた。
ウメはどこが気に入らなかったのか教えてほしいというが、住み心地がよくて迷惑をかけるばかりだとウソをつくが、納得するはずもない。
マリ子がしかたなく大家が気の毒な年寄りで、自分たちが住むことで慰めになるとウソをつき、二人を納得させた。

 

ここまでが、5月31日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第52話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第53話のあらすじを知りたい方は、第53話『磯野家の新居』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第52話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第52話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第52話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第9週目第52話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。