マー姉ちゃん第53話のネタバレあらすじ!磯野家の新居

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」9週目第53話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第52話「引っ越しの提案」では、磯野家の現状を朝男に相談すると、自分の店の近くの家に引っ越すよう提案されるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第53話「磯野家の新居」では、磯野家の新居が、世田谷新町に決まるストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月1日(金)放送
第9週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第53話のネタバレあらすじ

ここからは、6月1日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第53話のあらすじをまとめたネタバレです。

世田谷新町に磯野家の新居が決まった。
朝男やウメたちが引っ越しの手伝いにやってきた。
そこへ、大家のウララ(楠田薫)とマドカ(斎藤美和)もお土産を持ってやってくる。
ウメと磯野はる(藤田弓子)も交じって4人で話をしていると、いわくつきの家だと知って、ウメが、驚く。
さらに驚いたのは、それをマリ子たちは、承知の上で、引っ越したということだ。
ウメたちが帰った後、磯野マリ子(熊谷真実)は智正と話をしていた。
智正は、引っ越し祝いと蓄音機の代金を渡す。
マリ子が遠慮するそぶりを見せるが、すぐ売れるからといって、マリ子に手渡した。
そして、当分は挿絵を続けることになるが、いつか必ずチャンスがきて立派な絵を描くことができると励ました。

 

 

ここまでが、6月1日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第53話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第54話のあらすじを知りたい方は、第54話『新進女流挿絵家』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第53話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第53話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第53話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第9週目第53話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。