マー姉ちゃん第68話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」12週目第68話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年6月19日(火)放送
第12週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第68話のネタバレあらすじ

ここからは、6月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第68話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

 

ここまでが、6月19日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第68話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第69話のあらすじを知りたい方は、第69話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第68話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第68話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第68話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

昨日の朝ドラ「おかえりモネ」は縄跳びの続きから始まりましたが、その時、浅野忠信はこんなに簡単に死んでしまうのかと思っていました。なぜ父親の失踪を海に落ちることと結びつけるのかわからないが、海の男だからだろうか。まあ、死ぬはずがないと思っていたら、すぐに見つかってしまったのです。あれだけ早く見つかっていれば、あんなに騒がれることもなかったでしょう。しかし、また酒を飲むようになっていたので、倒れている可能性もあった。

これまでの治療がすべてパーになってしまうようなパターンでした。w アルコール依存症は簡単には治らないと言われますが、根本的な原因はアルコール依存症というよりも、過去を乗り越えられないことにあると思います。

もう一人の債務者であるシンジも、一時は乗り込もうとしていたことが判明した。

しかし、彼には別の借金があったため、融資の審査が通らなかった。

彼はそれを孝治に八つ当たりしたのだが、それは正しいことではない。

銀行が融資を認めないのは当然の行為であり、それがなければ、絶対に通ると思っていた浩二は、どんなに頑張っても無理だと瞬時に判断していただろう。

もし、最初から隠していなければ、それを考慮して頑張って通っていたかもしれない。ちょっと共感できなくなった瞬間でした。

そこが違うんですよねー。そして、そんな真剣勝負の中、一人だけ状況を読めていない男がいた。

菅波先生、縄跳びにこだわりすぎじゃないですか?非常に場違いな電話をかけて、すぐにどうでもいい情報を伝えなければならないという気迫で電話をかけてくるんですよ!?そんな菅波さんもいいじゃないですか、まだ生きているんだから!」。先週は、菅波先生が患者さんの命を奪ったという昔話で終わりました。

今日はその続きですが、患者さんは死ななかったのでは!?あの流れからすると、完全に患者を死なせるパターンですよね?

もし患者さんが亡くなっていたら、「こんなトラウマがあったんだね!」と共感できたかもしれません。もし患者さんが亡くなっていたら、私も共感できたかもしれませんが、本人が元気に暮らしているようなので、まあいいかと。そんなに落ち込みますか?

中村登場 久しぶりに中村先生登場! 浅岡さんはさすがに仕事ができる人ですね~。医者が必要なことを事前に知っていて、実際に来てから詳細を聞いて、あの状況では断らなかっただろうという感じがします。

それに加えて、中村先生のクレジットが表示された時点で、最後には菅波先生を推すことになるだろうというパターンもすでにわかっていた。百聞は一見にしかず、浅岡もそうなると思っていたのかもしれない。そのため、朝岡は、「このままではいけない」と思ったのだろう。何をどうすればいいのかわからないですよね。

あの後、家に帰ったのか、それともどこかで休憩したのか、すごく気になりますね 私はそれをどうするか迷っています。私は、そのようなことはありませんでしたが、そのようなことはありませんでした。

私はそれを作るために何をすべきかわかりませんが、私はそれが良いアイデアだと思います。

正直、私はジャニーズファンではないので、そこまで期待はしていないのですが、いい男は栄養になるので、彼の登場を楽しみにしていましたね。そんな永瀬廉さんがいつ登場するのか、世間ではかなり注目されていましたが、今日はただの写真でしたね 昨日から感じていたのですが、夏木マリさんは思っていたよりも全然威張っていませんでした。役割としては森林組合のボスであり、大地主として周辺住民にも知られています。

特にあの金髪?その金髪がスーパーサイヤ人のような強さを感じさせるのかどうかはわかりませんが、さやかは桃園あすなろに木のことを教えています。

灰羽さんがあすなろの話をしていたのですが、私は初めて聞きました とか “朝からヒノキになろう!” そして、あすなろ!?そして、ヒノキの北限は福島で、登米には生えていないこと。その話はとても勉強になりました。でもその話は、悩んでいる桃音に、急がなくてもいいよ、ゆっくりでいいよ、と伝えるためのものだった。

私は、その話を聞いて、「そうか、そうなのか」と納得しました。っていうか、仕事中に電話しないでよ!って感じです。自分に何かあったときに後悔するパターンですよね。

例えば、親の死に目に会えないこと…..

彼はスランプに陥っているようだった。選考会まであまり時間がなかったので、焦っていたようです。

 

 

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第12週目第68話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。