マー姉ちゃん第82話のネタバレあらすじ!鹿児島を案内

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」14週目第82話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

マー姉ちゃんの第81話「結婚式」では、マリ子と新八郎の結婚式が執り行われるストーリーでした。

マー姉ちゃんの第82話「鹿児島を案内」では、新八郎が生まれ育った鹿児島をマリ子に案内するストーリーとなっています。

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年7月5日(木)放送
第14週

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2022年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第82話のネタバレあらすじ

ここからは、7月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第82話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

朝、磯野マリ子(熊谷真実)が目を覚ますと、庭から「チェストー!」という大きな声が。
庭を見ると、東郷新八郎(田中健)が凄まじい気迫で木刀を振り上げていた。
それから朝ごはんを急いで作り、朝食を二人でとる。
新八郎は、ごはんを頬張りながら、鹿児島の男は亭主関白で、大きな顔して威張らないと太刀打ちできないというと、マリ子はああやって人を殺さねばあなたが殺されるのねと、そういう戦争なのだと痛感した。
そして、ああいう姿を見ると別人のようで怖かったと新八郎に告げた。
そんなマリ子に新八郎は、西郷隆盛像や桜島など、自分が生まれ育った鹿児島を案内して回る。
新婚旅行のように楽しい時が過ぎ、新八郎はマリ子に改めて必ず戻ってくると約束する。
そして、新八郎はマリ子への思いをのせて歌い始めるのだった。

 

ここまでが、7月5日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第82話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第83話のあらすじを知りたい方は、第83話『新婚生活』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第82話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第82話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第82話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第14週目第82話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。