マー姉ちゃん第127話のネタバレあらすじ!

こちらでは、朝ドラ「マー姉ちゃん」22週目第127話のあらすじのネタバレや、マー姉ちゃんと原作の比較、感想をまとめています。

 

朝ドラ『マー姉ちゃん』
1979年8月27日(月)放送
第22週サブタイトル『』

マー姉ちゃんの最終回までのあらすじ≫

朝ドラ作品を見たい方は、「朝ドラ(U-NEXT)」の無料体験を利用すれば、観られます。(過去公開作品見放題)本ページの情報は2021年4月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
スポンサーリンク

朝ドラ『マー姉ちゃん』第127話のネタバレあらすじ

ここからは、8月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第127話のあらすじをまとめたネタバレです。

 

 

ここまでが、8月27日に放送された朝ドラ「マー姉ちゃん」第127話のあらすじのネタバレです。

マー姉ちゃん第128話のあらすじを知りたい方は、第128話『』へ読み進めてください。

朝ドラ『マー姉ちゃん』第127話の予告感想

朝ドラ「マー姉ちゃん」第127話の感想まとめ


こちらは、朝ドラ「マー姉ちゃん」第127話の感想まとめです。

ドラマを観た私の個人的な感想かつ独り言ですので、スルーしていただいても結構ですw

また、感想の中にはまだ放送されていないネタバレも含まれている場合もありますので、ご注意ください。

 

頭ボサボサ 今日は頭ボサボサの涼ちんでスタート。

真面目な朝だったんですね。いやいや、勉強してくださいよー。実家に戻ってからほとんど勉強していないように見えるのは私だけでしょうか?二人の会話からわかったのは、りょうちんはとても繊細だということ。

敏感すぎるがゆえに、漁師さんのガサツさが気になる。海を嫌いになれないというWさんの言葉も悲しく伝わってきました。

あとりちん、茶髪じゃなかったっけ?いつの間にか黒髪になっている!?人生ゲーム今日も勉強中のモネの部屋でゲームをする幼なじみたち。

そこ、おかしくないですか!?国家試験を受けようとしている人の邪魔をあえてするなんて、どんな神経してるんだろう?いや、りょうちんの未来の私たちの話は泣けてきたけど、3回目の受験で合格するようにするなら、もっと努力している姿を見せないといけないよね。他の人も頑張っているはずだし、最後の部分だけでも合格しているはずだから。勉強の必死さが伝わってこないのが残念でした。

誤解されたモネ島を出ようとしたモネは、シンジを見つけて誤解してしまう。

まあ、あの事件の後だから仕方がないが、それにしても及川親子は似ているよな。

海に恨みはありません! 海に恨みはないんだけど、どこに悲しみをぶつけていいかわからないんだよね。

子は未来を見て、親は過去に縛られている。

りょうちんのためにも、シンジには早く立ち直ってほしい。

新しい木の机モネたちはデンデンさんに新しい木の机を提案します。モネたちが提案する。

そして、でんでんさんの疑問を松陽さんがすべて説明する。

政府の地産地消、補助金という流れは生々しすぎる。確かに補助金は強力だが、最終入札で大逆転しないか?まるでベンチャー企業がセカンドチャンスを狙っているようだ。重機で木を持ち上げて、枝を取り除いたり切ったりする便利なアイテムです。

実際にこの機械のようなものを見たことがありますが、一人で全てをこなすことができるのはすごいことです。

昔は人がやっていたことですから、かなり改善されています。

また、皆さんは木を切ったことがありますか?たまたま機会があってやってみたんですが、全然切れないんですよ。切ることはできても、ノコギリを何度も引いたり押したりしても、なかなか進まないんですよ。木を切るのは本当に難しいということを知ってほしいのです 山の中のお天気熊さんが、「あっちは天気が崩れるから、今日はやめてくれない?そんなに変わるのかと思っていました。

迷っています。

そうなんです。!!!! 私も本当に考えました。

これだけ地形が変われば、天気も変わりますよね!?それはわかるけど、あの晴れた日は?見ましたか?めちゃくちゃ晴れてましたよね。

あんなに晴れているのに、どうして雨が降るの?その光景には納得できない…。モネは、次の絵本から天気のことを学び始めた。

次はモネが絵本から天気のことを学び始めたが、すぐに絵本を買ったことがばれてしまった。”なぜ?”の次元が高すぎるんですよね。

菅波さんも深刻な顔をしていた。

そして、雨が降る原理がわかったところで、!!!!。やる気満々なんだろうけど、相変わらず安定したハイライトを見せてくれますね~。言っておきますが、これは皮肉です。~~~~~ ハイライトが当たり前になったのは気に入らないけど、これからもこれが当たり前になるなら何も言わないよ! 毎回、文句を言ってしまいそうですが。

でも、今日はいつになく短かったので、そこまで文句は言いませんが、満足はしていません。そんなに文句は言いませんが、納得はしていません。東京の人口は1300万人です。

納得はしていますよ。

それが、菅波さんが納得していない理由なのです それは先生が言ったことだけど、ちょっと面倒くさい人だなと思った。彼は、ありえない偶然に、私をうならせればよかったのです しかも、菅波先生は、近くに住んでいるのに4ヶ月もすれ違っていたことに納得していなかった。

過去に2回もすれ違っていたことを知ったら、さらに納得がいかないだろうが、ある意味では知らせてあげたいと思う。

しかし、菅波先生は夜勤明けに現れたことが判明した。

考えてみれば当たり前のことだが、彼もまた夜勤の医師として働いていたのだ~。今となっては、二人が付き合う確率が飛躍的に高まったことは誰の目にも明らかだ。

二人の時間をどうやって作るか悩んで医者になることを決めたのかどうかはわかりませんが、うまくタイミングを合わせられたのは良かったのではないでしょうか。また、今日は宇田川さんの声を聞くことができました! クレジットにも出ていなかったので、これはもうM

 

以上が、朝ドラ「マー姉ちゃん」第22週目第127話のあらすじのネタバレと感想まとめでした。。